BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「二軒小屋ロッヂ」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

サービスレベルがケタ違い

南アルプス南部にある山小屋の多くを管理する東海フォレストが、小屋の宿泊客だけを対象に、畑薙第一ダムから運行する送迎バスで林道を走ること約1時間30分、ようやく到着した終点の目の前に建つ。周囲に広がる深い森になじむ、木の風合いを生かした落ち着いた外観。日常では味わいにくい、澄んだ空気や静かな時間を満喫できる。一般車は通行禁止で、小屋に宿泊しないと、ほぼ1日が林道歩きでつぶれる。

本館と新館の2棟からなり、新館にはツインルームが4室。本館には通年営業、6人まで宿泊可能な相部屋のドミトリールームがある。2段ベッドで、食事も自炊となるほか、男女の区分も設けられないが、素泊まり8000円で利用できる。すぐそばの登山小屋なら素泊まり4500円、テント泊まりはひとり600円。1泊2食付き以外での宿泊の場合は、送迎バスを利用することはできない。代わりに椹島ロッヂまで送迎バスを利用、ここから林道を約3時間30分歩く。

本館向かいのコテージは快適な空間。その分料金も高くなる。

食堂の窓を開けた所が、芝生の広がるテントサイトに面したテラス。木製のリクライニングチェアが並んでいて、リラックスするのに格好の場所だ。

2階まで吹き抜けの開放感に溢れた食堂。大きな窓から差し込む陽光で、日中は照明なしでも十分に明るい。片隅には暖炉も備えている。

ピカピカの洗面所。木の温もりが気持ちをリラックスさせ、つい鏡の前に長居してしまう。

「二軒小屋ロッヂ(にけんごやろっぢ)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:あり
個室:あり
自炊室:あり
乾燥室:あり
お風呂:あり
生ビール:あり

営業期間

4月下旬〜11月上旬

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

38人

標高

1,500m

宿泊料金

1泊2食:12,000円~
お弁当:1,000円

連絡先

0547-46-4717
https://www.t-forest.com/alpsinfo/climber/lodgeinfo/

アクセス

椹島から3時間30分、荒川岳(悪沢岳)から5時間20分

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load