BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「広河原山荘」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

前泊でゆっくり山を楽しんでみては

北岳への登山口でもあり、北沢峠へのシャトルバスも発着する、南アルプス北部エリア随一の交通の要衝である広河原に建つ。帰りのバスまでの時間をつぶすのにも格好の場所だ。バス停前にはインフォメーションセンターが開設され、情報収集にも便利な小屋だ。

クルマでアプローチできる最終地点で、食材などの調達も比較的簡単だからか、とくに食事には気を使っている。地産地消を心がけ、ほうとうや鳥モツなどの郷土料理も提供されることがある。これらの山梨県ならではの郷土料理は、立ち寄りでも味わうことができる。下山後にはバスの時間まで多少の余裕があるのが普通。調整のために、昼食や休憩に立ち寄ってみるのもいいだろう。

甲府からは長時間バスに揺られることになるので、ここで1泊、疲れをとって、翌早朝から北岳を目指せば、ゆっくり山を楽しめるだろう。

2階にある大部屋。通路を取り囲むように広がっている。

広河原というだけあって、広々としたテント場が近くにある。ここには、100張ほどが設営可能。ひとり500円。できるだけスペースを有効に利用するために、譲り合おう。

迫力のある、丸太を利用したテーブルが並ぶ食堂は1 階にある。食後にはそのまま談話室になる。

コイン式の温水シャワーも完備している。とくに縦走から下山してきた後には、うれしいサービスだ。

「広河原山荘(ひろがわらさんそう)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:あり
個室:あり
自炊室:あり
乾燥室:なし
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

6月中旬〜11月上旬

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

80人

標高

1,530m

宿泊料金

1泊2食:8,200円
素泊まり:5,200円
お弁当:1,000円

連絡先

055-283-2889

アクセス

広河原登山口、北岳から4時間30分

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load