BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「白根御池小屋」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

充実した設備で快適に過ごせる

1泊2日行程ではかなり忙しくなってしまう北岳登山。ゆっくりと山を楽しみたいなら、2泊3日を予定するといい。その際、どちらかの1泊に利用するのに好適な地に建っているのがこの小屋だ。北岳への登山者の多くは早朝から出発していて、小屋はつかの間の休憩時間のようだ。連泊ならこれからのピストンもいいだろう。

登山口の広河原から約3時間、山頂までは約4時間の場所にあり、時間的に余裕のある山歩きができる。時間を気にしなくてもいいということは気分的にも楽で、より安全に山を楽しめることにつながる。

雪崩によって倒壊した後、10年ほど前に再建された建物には、大型のソーラーパネルが設置されているほか、明るくきれいなフローリングの部屋や充実した品揃えの売店など、時代のニーズにあった快適な設備が整っている。水も豊富で、水洗トイレや飲料用の水道も完備。シーズンには混雑するが、気持ちよく対応してくれる。

1階の大部屋はきれいなフローリング。寝具なしでもいけそう。

明るい食堂。太陽光による自家発電装置を取り入れていて、環境にも配慮する姿勢に好感がもてる。テーブルが大きいのもポイントが高い。

玄関のすぐそばに設けられた乾燥室。ストーブが焚かれていて、濡れたものもよく乾く。登山者にとってはありがたい設備だ。

マンガや雑誌が大量に置かれている本棚。降りこめられても、これだけあれば、退屈しないで済むだろう。

「白根御池小屋(しらねおいけごや)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:あり
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

6月中旬〜11月上旬

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:あり

収容人数

120人

標高

2,230m

宿泊料金

1泊2食:8,300円
素泊まり:5,300円
お弁当:1,100円

連絡先

090-3201-7683
https://www.facebook.com/pages/category/Lodge/%E5%8C%97%E5%B2%B3-%E7%99%BD%E6%A0%B9%E5%BE%A1%E6%B1%A0%E5%B0%8F%E5%B1%8B-1915700708650257/

アクセス

広河原から3時間、北岳から2時間50分

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load