BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「蛭ヶ岳山荘」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

丹沢随一の展望台

丹沢の最高峰、蛭ヶ岳の山頂に建つ小屋。主脈縦走に位置しているため1年を通して利用者が多い。丹沢のほぼ中央にあたる蛭ヶ岳だけに、いずれの登山口からでも歩かなければならない距離は長く、所要時間も増える。こうした立地にあるからこそ、いっそう小屋の存在は頼りになる。

山頂そのものに建つだけに、展望のよさは折り紙つき。一見の価値は十分にある。好展望で知られる塔ノ岳をしのぐ絶景に、だれもが息をのむだろう。さらにおすすめなのが、首都圏一帯が眼下に広がる夜景の美しさ。宿泊者だけが楽しめる、まさに眼福といえる。

一方、不便なのは水の確保。水場は遠く、天水頼み。自炊なら必要量を必ず携行。また、少しの水でも無駄にしないこと。

丹沢エリアの多くの小屋と同様、予約がなければ無人のことも多い。消灯時間が20時なので、予約の電話は早い時間に。

眩いばかりの光が差し込む館内。積雪期でも窓のそばはポカポカ。

丹沢のほとんどが見えるのではないかと思えるほどの展望が得られる。また、富士山や江ノ島、箱根、伊豆方面が眺められる。お茶でも飲みながらゆっくり堪能したい。

きれいに手入れされた部屋。ここも日当たりに恵まれていて、気持ちがいい。

「蛭ヶ岳山荘(ひるがたけさんそう)」の基本情報

設備

テント場:なし
水場:なし
個室:なし
自炊室:あり
乾燥室:なし
お風呂:なし
生ビール:なし

営業期間

通年

電話・電波

ドコモ:不安定
au:通話困難な場合が多い
ソフトバンク:通話困難な場合が多い
公衆電話:なし

収容人数

81人

標高

1,670m

宿泊料金

1泊2食:7,000円
素泊まり:5,000円
お弁当:400円

連絡先

090-2252-3203
http://kitatan.com/hirutop.html

アクセス

西丹沢自然教室から6時間40分、塔ノ岳から3時間30分

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load