BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「行者小屋」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

豊富な水に恵まれている

赤岳山頂直下に位置する小屋。美濃戸口の登山口から沢沿いの南沢コースを進み約2時間。赤岳や横岳、阿弥陀岳への登山拠点となる。

山頂直下に建っていて、阿弥陀岳や中岳、赤岳などのほか硫黄岳までの稜線が眺められる。山を借景した小屋はどっしりとした造りで、日当たりもいい。1階の大広間でも食事をしながらでも日光浴ができ、気持ちいい。2階にある部屋から男性的な山容の八ヶ岳を望め、晴天の夜なら星雲を眺めたい。

小屋の前にはテーブルとベンチが置かれており、パイプから湧水が溢れ出している。この水は調理場でも活躍していることだろう。肉や折々の野菜を使った手作り料理で、ボリュームもたっぷり。おでんやカレーをお目当てに下山後に立ち寄る人も多いとか。

小屋に日没前に着けないことが明らかになった場合は、その時点で必ず連絡すること。

館内施設

個室

ゴザ敷きでプライベートを確保でき、ゆっくり過ごせる。

大部屋

一定の間隔で間仕切りされており、肌寒くなるとコタツを入れてくれる。なお個室は1室当たり4,000円増し。

売店

「ラーメンハウス」と呼び親しまれる売店。ラーメンや手作りおでん、カレーを販売。軽食は16時、飲み物は20時前まで販売。

食堂

畳敷きで、夕朝食後は談話スペースになる。ストーブも置いてあり畳に足を伸ばしてくつろぐ人も多いという。

「行者小屋(ぎょうじゃごや)」の基本情報

設備

テン場:あり
水場:あり
個室:あり
自炊室:あり
乾燥室:あり
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

4月上旬〜1月中旬

電話・電波

ドコモ:通話困難な場合が多い
au:通話困難な場合が多い
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

100人

標高

2,400m

宿泊料金

1泊2食:9,000円
素泊まり:6,000円
お弁当:800円

連絡先

090-4740-3808
https://userweb.alles.or.jp/akadake/

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load