BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「ころぼっくるひゅって」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

霧ヶ峰地区草分けの小屋

車山肩バス停からすぐ。車山肩から蝶々深山(ちょうちょうみやま)、物見台、八島ヶ原湿原を経て車山肩へ戻る約4時間の探勝に格好だが、ニッコウキスゲが咲き乱れるハイシーズン中の週末はハイキング客でかなり混む。

創業は昭和31(1956)年。切り盛りする2代目の手塚貴峰(たかね)さんは生まれも育ちも霧ヶ峰。この地域のことを知り尽くし、スノーレスキューのエキスパートでもある。探勝トレイルについて尋ねるのもいい。

玄関を入ると薪ストーブを囲むようにテーブルが設けられ、壁の丸太も艶を帯びて落ち着ける。専用井戸があるお陰で春から秋までシャワーや風呂を利用できるが、来訪客が多い夏は水の使用量も増加し、渇水することもある。客室は3室、パリッとしたシーツと羽毛布団でぐっすり。家庭的な料理も楽しみだ。春から秋まで昼間に限りカフェがオープンする。

森に囲まれた山荘でティータイムを過ごしてみては。

カフェルーム。テーブルなども艶を帯びて歳月を感じさせる。スイス軍の毛布で作った受注生産オリジナルバックも好評。

地下水を用いて入れたサイフォン仕立てのコーヒーをケーキとともに味わいたい。容器を持参し地下水を分けてもらう人もいる。

部屋は大部屋が基本で、繁忙期は相部屋。空いているシーズンは全館貸切で宿泊し、ハイキングをするリピーターも多いそうだ。

「ころぼっくるひゅって(ころぼっくるひゅって)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:なし
お風呂:あり
生ビール:なし

営業期間

通年

電話・電波

ドコモ:良好
au:通話困難な場合が多い
ソフトバンク:通話困難な場合が多い
公衆電話:なし

収容人数

12人

標高

1,820m

宿泊料金

1泊2食:8,800円
素泊まり:6,500円
お弁当:500円

連絡先

0266-58-0573
https://koro-kirigamine.hardrain.rocks/

アクセス

車山肩バス停からすぐ、車山山頂から40分。

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load