BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「大平山荘」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

話題はいつしか仙丈ヶ岳一色に

北沢峠でバスを下り、長野県側に少し進む。標識を目印に、美しい原生林の中をわずかに下った所に建つのが、この小屋だ。樹林に囲まれた北沢峠周辺の山小屋にあって、最も展望に恵まれているとされ、天気がよければ、北アルプスの穂高連峰も美しく望めるという。

創業は昭和37(1962)年。仙丈ヶ岳への最短ルートになる重幸新道の起点にあたるため、宿泊客の多くが目指すのは、その仙丈ヶ岳。食事の際、隣り合ったどうしでも、同じ目標をもつ仲間意識が生まれ、きっと話がはずむだろう。

2食付きで宿泊すると、朝食の提供は6時過ぎになる。朝早く出発して山頂を目指すのならば、予約の際に伝えておけば、朝食を弁当に代えてくれる気配りがうれしい。キャンセルの際は、宿泊予定の前日までに必ず連絡をすること。

館内施設

部屋は大部屋のみ。中央の通路にはストーブが置かれている。

水場には小屋まで引いてきた湧水が溢れていているが渇水期は涸れることもある。通過者も無料で使えるが節水を心掛けよう。

別棟に洋式水洗トイレを備えているが節水は肝に命じたい。宿泊者以外は有料になり、一回ごとに100円。

オリジナルのバンダナは周辺で見られる草花や山々をモチーフにしている。そのほか熊ベルやバッジ、百名山バンダナがある。

「大平山荘(おおだいらさんそう)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:あり
個室:なし
自炊室:なし
乾燥室:なし
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

7月上旬~10月下旬

電話・電波

ドコモ:不安定
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

80人

標高

1,960m

宿泊料金

1泊2食:8,500円
素泊まり:5,500円
お弁当:600円

アクセス

北沢峠から15分
仙丈ヶ岳から3時間

連絡先

0265-78-3761
http://ohdaira.sakura.ne.jp/

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load