BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

朝日連峰 東北が誇る大地

うねうねとどこまでも続く巨大な山塊。そこには伝説を持つ池があり、名水も湧き出している。東北の山のよさを濃縮し、山形と新潟の県境に静かに横たわるのが朝日連峰だ。僕はひさしぶりにその地に足を踏み入れ、緑の森から紅葉の峰へと歩き始めた。

文◉高橋庄太郎 Text by Shotaro Takahashi
写真◉加戸昭太郎 Photo by Shotaro Kato
取材期間:2016年10月12日~14日
出典◉PEAKS 2017年10月号 No.95

遥かなる峰々と伝説の池。

歩き始めは、泡滝ダムがある大鳥登山口。ここまでのタクシー移動が長かった。

タキタロウ……。朝日連峰に眠る大鳥池(つまり、O池)には、そんな名前が付けられた「怪魚」が生息するといわれ、体長は2~3mにもなり、イワナの一種とも、イトウの一種とも噂される。

「大鳥池」ではなく、「大鳥湖」登山道と表示された道標。冷水沢の吊り橋前に立っていた。

だが、魚影を見た人はいても、捕獲された記録はほとんどなく、あったとしても真偽は定かではない。
近年では2014年に魚群探知機を使った調査が行われ、水深30mほどの場所で数匹の巨大な魚の姿が確認されたらしい。

雨のためにいくらか増水したかのようにも見える小さな滝。単調な登山道では気分転換になる風景だ。

少年時代は釣りにハマっていた僕としては、心ときめく話だ。同じように『釣りキチ三平』の影響を受けている同世代の男性には共感してくれる人も多いに違いない。

雨が強くなり、レインウエアを着込む。なかなか天気が好転しないのが気がかりだった。

だがいまの僕は思うのだ。
そんな怪魚、いるわけないよね!? 大鳥池はたしかに山中の池としては大きいけれど、面積はたった0・4㎢しかないんだから。

太いブナの横を進む。僕のバックパックカバーとウエアの色は、まるで紅葉のようだ。

巨大な魚種が遺伝子を継続できるような自然環境ではないよ。
残念ながら、僕にはもう純真な気持ちが残っていない。だけど一方で、生息しているわけがないとはわかっていても、タキタロウという言葉を聞くと、朝日連峰に行き、大鳥池の畔で眠りたくなるのも事実なのだ。

大鳥池までは標高1,000m 以下。10月半ばになっても、あまり紅葉は進んでいない。

実際にタキタロウがいなくても、朝日連峰はタキタロウ伝説が生まれるほどの深山であり、それだけの静けさと神秘さが秘められているのだから。

コースの途中には何本かの沢が流れ込んでいて、飲み水には苦労しない。この天気ではあまり喉も乾かないが……。

大鳥登山口を出発したのは、昨年10月のある日。紅葉の時期だったのは、たまたまだ。いや、東北を代表する大山塊だけに、混雑しそうな夏を避けつつ、景色がいい時期を考えると、秋真っ盛りのタイミングになったのである。

次第に雨はやみ、周囲はしっとりとした雰囲気に。こんな薄いガスのなかも悪くないと思えてくる。

レインウエアを着るべきかどうか迷うような小雨のなかを歩いていく。東北の山、それも日本海側を代表する景色ともいうべきブナの林がきれいだ。朝日連峰の大半を占める山形県の隣に位置する宮城県出身の僕にもなじみがあり、じつに落ち着いた気分になれる。

タキタロウ山荘ともいわれる大鳥小屋。管理人はいないが、立派な建物だ。

しかし、「大鳥湖登山道」という道標を見たときにはおもしろくなって、妙に気分が浮き立った。
どうして「池」ではなく「湖」になっているんだろう?
現在の地名というものは、昔から現地で使われていた通称が主体となっている。

小屋のなかにはマンガ『釣りキチ三平』が。どれも収録されているのは同じエピソードで、中央のコミックの表紙に書かれている「O池」とは、もちろんこの大鳥池のことだ。

「池」や「湖」が付く水面も同様だが、一方では一般的に水深5~10mよりも深いものは「湖」といわれ、それよりも浅いものを「池」や「沼」ということもある。そういう意味では、最深で68mの大鳥池は立派な湖だ。

だれもいないテント場でのんびりと調理。

そう考えた人が、「大鳥湖」としてしまったのかもしれない。
でも、やはり大鳥池は大鳥池だ。そのほとりに建つ大鳥小屋に到着したときには水面にガスがかかり、神秘性はますます高まっていた。

夕食は野菜とウインナーを具にしたパスタとスープ。

体長3mの巨大魚はともかく、80㎝ほどのイワナ系の魚は実際に捕獲されており、1mくらいの魚体ならばいまでもそこらを泳いでいてもおかしくない。
大鳥小屋近くの広場は、朝日連峰で現在唯一のテント場である。
この日は小屋だけではなくテント場にもほかの登山者はおらず、あまりにも静かだ。

大鳥小屋から稜線へ登っていくと、大鳥池が目に飛び込んでくる。思わず、不思議な魚影はないかと探してしまう。

クマも多い土地柄なので、動物の足音がしないかと耳を澄ましてみるが、たまに聞こえるのは遠くの水面でなにかが跳ねた「ポチャ」という軽い音のみ。あれはイワナなのか、ハヤなのか?

2日目は視界がクリアになり、大鳥池の全貌も見えてきた。僕はトレッキングポールを釣り竿に見立てて、ひと振り。かつての釣り少年なら、みんなこうしてしまうはず。

この時期は禁漁だが、次にくるときは春か夏にして、釣り竿でも持っていこうかな。
予報では次第に好転していくといわれていた天気はなかなか回復しない。2日目は小雨こそ上がったものの、いまだうっすらと雲がかかっている。

ブナの葉はまだまだ緑。このあたりが黄色く染まるのはいつになるのか。

大鳥池をクリアに見られたのはうれしかったが、せっかく稜線まで上がっても、あまりピンとは来ない空模様だ。とはいえ、紅葉はそれなりに美しい。カエデやツツジの類やナナカマドなどの葉が赤みを増し、冬になる前の山を盛り立てている。

薄曇りながらも雨はなし。しかしTシャツ1枚で秋本番の山にたたずんでいると、さすがに体が冷えてくる。

しかし、この昨年の紅葉はイマイチだったらしい。今年はきっと、よりすばらしいのだろうな……。

わかっていても、なぜかワクワク。もうすぐ、あの「池」へ。

赤、オレンジ、黄に加え、ハイマツや笹の緑も交じった稜線。朝日連峰がいかに多様な植物で覆われているのかがわかる。

この稜線で僕が心奪われたのは、じつは紅葉よりも霧氷。以東岳に近づくにつれて、葉の落ちた小枝やハイマツの細かな葉にはびっしりと氷が張り付いていたのだ。不思議なことに、その氷はどことなく紫がかったように見え、山ではあまり見られないような色合い。

人影少ない山。この日に出会ったのは、わずかにひとりだった。

そして、わずかながらでも日光が当たると溶けて崩れ落ちてしまう。
儚い美しさなのであった。以東岳の山頂付近で最後に見える大鳥池に別れを告げ、僕は大朝日岳に連なる稜線に足を踏み込んだ。すっきりと晴れていれば、どこまでも山々が連なる東北の大地の雄大さを実感させる、類まれなコースである。

以東岳に近付くと、風景が激変。周囲の木々が霧氷をまとい、西斜面は真っ白だった。

しかし、この日はそれほどの好条件ではない。ある程度の縦走感は楽しめたが、途中からは再び小雨が降り始め、若干気落ちしながら歩いていたことは否めない。

以東岳の山頂。日本200 名山に数えられる山だが、ガスであまり眺望は楽しめなかった。

最後には逃げ込むようにして竜門小屋に到着。この日は行動中に会ったのはひとりのみで、小屋に泊まるのも僕以外にはいないだろう。そこでいちばん落ち着ける場所に荷物を広げ、小屋にあったバーナーの下敷きの上で火をつける。

緑と茶に白が混じったカーペットのような稜線。これまたいかにも東北の山らしい雄大さだ。

炙った干しイモがなんともうまい。
少しだけ持ってきた日本酒を加温し、寝袋に足を突っ込んだまま、ダラダラと時をすごす。

再び小雨が降り始めたが、本降りにならないうちに竜門小屋へ到着。

僕は山中でのテント泊を愛している。食事や睡眠の時間が自分の思いどおりになり、生活スペースの使い方などで、他人に気を使う必要があまりないのがいい。だが、だれもいないこんな状況であれば、山小屋でもテント泊と自由さは変わらない。

この日の小屋にはほかの登山者はなし。僕はバーナーで好物の干しイモを炙り、気楽に寛いだ。

今回は大鳥小屋のキャンプ地での1泊のためにわざわざソロ用のテントを持ってきたが、このような人影が少ない秋の平日であれば、たまにはテントを持参せず、無人小屋生活を楽しんでもよかったかもしれない。

夕方には太陽の光も戻り、こんな風景が眼前に。少し天気が悪いほうが、むしろ風景はドラマティックである。

夕方には西の空が明るくなった。
雲のあいだに夕日が見え隠れしている。拾った電波で天気予報を確認すると、明日は昼前から晴れてくるという。その時間ができるだけ早いことを祈りながら、静かな山小屋の中で寝袋に横たわった。

野菜入りのキーマカレーにネギスープ、そして軽く炒めたベーコンというちょっと豪華な夕食。

さて、最終日。この日の行動時間は休憩を含めると10時間近くになるため、晴れるのを待たずに山小屋を出ていく。

西朝日岳を右肩に見ながら、大朝日岳を目指す。今回の山旅も、そろそろ佳境だ。

不安定な天気でも夕日は美しい。明日は晴れるといいのだが……。

残念ながら、この日の朝もガスで真っ白。霧氷でうっすらと白くなった登山道を黙々と進んだ。

ガスの濃度はかなりキツく、前方の視界はきかない。僕は以前、朝日連峰に匹敵する大縦走路をもつ東北の雄、飯豊連峰をひとりで歩いているときに、このようなホワイトアウトで道に迷ったことを思い出し、嫌な気持ちでいっぱいになる。

西朝日岳の山頂に到着。僕はそのまま1時間以上、この場所で天候の回復を待っていたのであった。

だがなんとか西朝日岳にたどりつき、山頂でひと息ついた。
とうとう「朝日」の名が付く山までやってきたぞ。

そして、とうとう現れた青空! 遠くには大朝日岳がそびえているのがわかる。僕の粘り勝ちだ。

日本百名山では「朝日岳」と称されているが、そのようなシンプルな名称の山はなく、実際には大朝日岳、小朝日岳、西朝日岳、袖朝日岳といった峰々の集合体が「朝日岳」である。

気温は一気に上昇し、気分も軽い。この季節に風吹き抜ける稜線をTシャツで歩けるとは、なんとも贅沢な気がする。

だからこそ、朝日「連峰」といわれるわけであり、一般的には昨日通ってきた以東岳や大鳥池、より南部の祝瓶山なども含まれている。だが「朝日」という名前の山は、やはり山域のなかでも特別な感じがしてしまう。

名水で知られる「金玉水」。近くにはもうひとつの名水「銀玉水」もある。

ここから、ほかの「朝日」を見てみたい。現在の時間は8時だが、いつになったら晴れてくるのか?
行動食をつまみながら、10分待ってみる。その後に、また10分。

山頂直下の大朝日小屋。多くの登山者が通過していった。

さらにまた10分……。体が冷え切り、そろそろ動き始めないと下山時刻もヤバくなりそうだと、リミットを9時に設定する。
すると、ほぼ9時ぴったりに頭上に小さな青空が出現!

大朝日岳山頂には立派な山頂標。ここからは月山や蔵王などが見通せた。

それは次第に大きくなり、そして一気に目の前がクリアになった。
思いのほか遠いところに、朝日連峰の主峰、大朝日岳がそびえている。こんな青空と眺望を僕は長いこと待っていたのだ。

大朝日岳が次第に遠ざかっていく。これから好天は続きそうで、今日が下山日だと思うと悔しい。

さすが東北の山! 後ろ髪を引かれながら降りていく、暖色の道。

大鳥池がある朝日連峰北部よりも、こちらの南部のほうが紅葉は良好。

意気揚々、大朝日岳を目指していく。その途中では「金玉水」の水場で喉を潤した。高校時代に初めてやってきたときは、仲間の山岳部員とともに「きんぎょくすい」ではなく「きん〇〇すい」と言ってはしゃいでいた思い出の地だ。

ハウチワカエデと思われる赤みを帯びた葉。これからもっと色づくはずだ。

これしきのことで大笑いしていたのだから、当時は僕も若かった。
それにしても、名水で名高いはずの金玉水、いまはなにやら雑味が感じられ、それほどうまく感じない。昔もこの味だったかな。

鳥原小屋付近の湿原。ここは緑鮮やかな夏もいい。

その後、やっと大朝日岳の山頂に立った。最高地点だが、大朝日小屋前に荷物を置いて身軽に山頂往復しているからか、とくに感慨はない。さっさと先に進もう。

紅葉を映し込み、池塘の水面はほのかに明るい。

小朝日岳へ向かうと、大朝日岳山頂では失われていた縦走感がよみがえってくる。これでいい。僕は大型パックを背負ったまま、前方にある小朝日岳を見上げた。
晴れた空に温かな色合いの紅葉。

沢を渡れば、もうすぐ今回のゴールに到着する。

この景色、今回の山行でいちばんだ……。最終日の朝日連峰は、僕を心から歓迎してくれたのだった。

>>ルートガイドはこちらから

朝日連峰 東北が誇る大地 ルートガイド

朝日連峰 東北が誇る大地 ルートガイド

2020年10月14日

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load