BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【THE NORTH FACE】今季注目すべきアクティブインシュレーション”FLベントリックスジャケット & L3 50/50 ダウンフーディ”

保温性を維持しながら、高い通気性によって汗冷えやオーバーヒートを防ぐアクティブインシュレーション。今季、ザ・ノース・フェイスから登場するのは、メイン素材にダウンや防水透湿素材を採用した2モデル。従来のアクティブインシュレーションのイメージを超えるユニークな新製品だ。

防水透湿素材を使った化繊中綿と通気性をもつダウンという斬新さ。

「アクティブインシュレーション」とは、通気するインシュレーション(中綿入り)ウエアのこと。あえて「通気する」と言葉を足しているのは、基本的に中綿ウエアは通気させない構造だからだ。中綿に溜め込んだ熱をできるだけ逃がさないよう保温力を高めているわけだ。そのため、汗をかくような状況は苦手。たとえ寒い日だったとしても、中綿ウエアを着たまま山道を登り続ければ汗をかき、ウエア内は蒸れて濡れる。

そこで生まれたのが「通気する」中綿ウエア。適切な保温力がありながら、通気の働きでオーバーヒートを防ぐ。この保温と通気の高度なバランスが行動中の快適な温度帯をキープする鍵だ。

さて前置きが長くなったが、ザ・ノース・フェイスの新作アクティブインシュレーションである。今回紹介する2モデルは、いずれも従来のアクティブインシュレーション製品のイメージを超えるユニークな意欲作といっていい。

まずはツートンカラーの「L350/50ダウンフーディ」。これは通気性に優れたダウンウエアという過去に例のない一着である。「ダウンを使ったアクティブインシュレーションは、いままで存在しなかったのでは?」と言うのは、ザ・ノース・フェイスの商品企画担当、小澤由紀子さん。

ザ・ノース・フェイスの商品企画担当、小澤由紀子さん。自身、長期トレッキングやバックカントリースキー好きのアクティビストだ

「ダウンは生地から羽毛が抜けないようコーティングした表地や裏地を使うので、多少の空気は抜けても通気しにくいものになります。だからこそ熱を溜め込んでくれるのですけどね。またダウンは濡れに弱いので汗をかく行動には不向きです。なので、基本的にバックパックに携行して、テントサイトや山小屋で保温着として着るわけです。けれども、軽くてコンパクトになり、保温力に優れたダウンを歩くときにも使えないか。そう考えて開発したのがこの『50/50』という新しいシステムです」

ポイントはダウンをチューブ状のバッフルに収め、並べて配置したこと。表地とは縫い目で線接触しているだけなので、表地の通気性はほぼ活かされている。この構造によって、行動中はダウンチューブ同士の間から換気し、止まっているときはその隙間も熱を溜めるデッドスペースになる。非常にユニークな構造である。

「私たちも実際のフィールドでさまざまに試してみたのですが、動いているときは風の抜け感を体感でき、止まると、じんわりとしたダウンの保温力を感じられる。寒い季節のハイキングならアウターとして、またはミドルレイヤーとして通気性を活かすなら、フューチャーライトのシェル、防風性と防水性ならゴアテックスのシェルと、着合わせも多彩です」

Photo by Sho Fujimaki

一方「FLベントリックスジャケット」は、すでに定評あるふたつの独自開発素材を活かした通気性中綿ジャケットである。表地は高い通気性を誇る防水透湿素材のフューチャーライト、中綿はストレッチ中綿の可動位置にスリットを入れてさらに通気性を高めたベントリックスを採用している。

「表地が防水透湿素材のフューチャーライトなのでメインとしてはアウターですが、状況によっては、よりプロテクション性の高いゴアテックスシェルを重ね着してもいい。表地は比較的薄手で中綿量も抑えてあるので、動きにモタつき感もありません。また、湿気や濡れに強く、これをアイスクライミングで愛用しているザ・ノース・フェイスアスリートもいます。ダウンと違って汚れたら何度でも洗えばいいし、初心者からエキスパートまで迷いなく着ていただける一着に仕上がっています」

Photo by Makoto Kuroda

実際に袖を通してみると着心地は非常に軽やかで、表地も中綿もストレッチ素材ということもあり、動きにストレスがない。もちろん、ダウンのように着た瞬間からじんわりとした暖かさに包まれるわけではないが、じつはそこがまたいい点。そう、アクティブインシュレーションとは、暖かな防寒着というよりは、暑くもなく寒くもならない快適な行動着と考えると理解しやすいだろう。

これまでのアクティブインシュレーションの多くは、優れた通気性というメリットを損なわないよう表地の防水性は犠牲にされてきた。だが、通気するフューチャーライトを採用することで、アウターとしても楽々使えるアクティブインシュレーションが実現した。フューチャーライトの通気性中綿入りジャケットであり、ベントリックスの防水透湿シェルともいうこともできる一着である。

アウターとしても幅広く機能する化繊中綿フーディ

FLベントリックスジャケット

ザ・ノース・フェイスが独自開発したふたつの通気性素材を活かしたアクティブインシュレーションフーディ。保温性とストレッチ性に優れるスリット入り化繊中綿ベントリックスに、通気するストレッチ防水透湿素材フューチャーライトの表地を採用。中綿も表地も通気性に優れるため、行動中は適切な保温力を維持しながらウエア内のムレを解消してくれる。濡れや湿気に強く、降雪に負けない防水性があるため、冬場のクライミングや長期縦走のアウターとして、あるいはミドルレイヤーとしても。つねに快適で頼りになる一着

  • 価格:¥35,000
  • サイズ:S ~ XL
  • カラー:サミットゴールド、 フレアオレンジ、ブラック
  • 重量:475g(L)

 

ドローコードで調整可能なヘルメット対応フード。シェルのフードほど作り込まれてはいないが、必要十分の機能性。
表生地は独自の防水透湿性素材フューチャーライト。しなやかで、やわらかな着心地を約束する。
フロントには着雪や氷結に強さを発揮するビスロンファスナー採用。開け閉めもスムーズだ。
フューチャーライトの最薄クラスである20デニール生地採用で、一段とよくストレッチする。
化繊中綿はダウンと違って羽毛抜けがないため、裏地に通気を促すパンチングを施すことが可能になった

保温力と通気感を 両立させた ダウンジャケット

L3 50/50ダウンフーディ

チューブ状のダウンバッフルを独立して並べることで、表地に十分な通気スペースを確保した「50/50」テクノロジーを採用。表地は薄手の20デニールナイロンで、ダウンは膨張性の高い800フィルパワーの撥水ダウンのため、コンパクトに収納することもできる。寒くて晴れた日のハイキングには単体で、降雪なら同じく通気性のあるフューチャーライトのシェル、吹雪なら防風性の高いゴアテックスのシェルとのレイヤリングがおすすめ。暖かなダウンなのに通気性があるというこれまでにない着用感を実感できるはずだ

  • 価格:¥48,000
  • サイズ:XS ~ L(USAサイズ)
  • カラー:フレアオレンジ×ブラック、 サミットゴールド×ブラック
  • 重量:475g(M)
800フィルパワーの撥水ダウンが詰まったチューブ状バッフルが、表地からぶら下がるように縫い目で線接触している。これが保温力と通気性を両立させる「50/50」テクノロジーの秘訣。チューブとチューブの間は表地のみで十分な通気が確保されている。
可動箇所のヒジの周囲は裏側から補強済み。
身頃内側には冬用グローブが収納できる大型ポケットを装備。
裾はドローコードで調整可能で、コードが裾から飛び出さない仕様。
ヒジはゆったり目で可動はスムーズ。色の切り返しは素材の違いではない。

問:ザ・ノース・フェイス マウンテン TEL.03 -5466 -9278 www.goldwin.co.jp/tnf

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load