BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ティートンブロス、TBジャケット&TBパンツ|進化を止めないジャパニーズブランドの傑作。

変わり続けてこそ、TBジャケット&TBパンツ

アイコニックなモデルはどのブランドにも存在するが、TBジャケットとTBパンツは象徴的というより、もはやティートンブロスそのもののように見える。ブランドの思想をそのままカタチにしたかのようなウエアだ。

バックカントリースキー・スノーボード(BC)のためのシェル。求めるのは動きやすく、雪と風から身を守りながら、同時にウエア内の熱気を効率よく逃す性能。キーワードは「通気性」だ。

BCとは、すなわち雪山登山である。とくに日本では、ほとんどの滑り手はまず自らの足で登ることから始める。登りでは真冬でも汗をかく。そうしたなかで快適性を保つために選んだ素材が、ポーラテックのネオシェルだった。ティートンブロスは、日本でいち早くこの素材を採用した。

初登場から11年のあいだに、製品は少しずつ進化を遂げた。生地自体もポーラテックと対話を重ねながら改良を続けている。サプレックスナイロンの基布とニットの裏地を組み合わせた現行の生地はしなやかで抜けが良く、しかも頑丈。じつはこれ、ティートンブロスのみが使用を許されたエクスクルーシブである。さらに今季は超音波圧着のモデルも加わった。

「変わったところ」に目を向ければ、そこにはつねに素材や技術の進化があるが、アップデートの原動力は「もっとこうなればいいのに」というフィールドからの要求だ。2009年に生まれた最初の一着と最新モデルはまるで別物だが、こうして進化し続けるからこそ、ティートンブロスはティートンブロスであり続けている。

ティートンブロス/TBジャケット

  • 価格:¥55,000
  • サイズ:S 〜XL
  • カラー:ブロンズ、他5色
  • 素材:ポーラテック・ネオシェル
  • 重量:645g(M)

TBパンツ

  • 価格:¥54,000
  • サイズ:S 〜XL
  • カラー:ブロンズ、他4色
  • 素材:ポーラテック・ネオシェル
  • 重量:735g(M)

通気性があり蒸れにくくさらにしなやかで動きやすい

通気性を備えて抜けがいいという特徴に加え、ネオシェルの大きな魅力がしなやかで動きやすいこと。ソフトシェルのような質感だ

効果的に蒸れを逃す大型のベンチレーション

フロントの斜めのファスナーはベ ンチレーション。バックパックのハーネスとも干渉せず、大きく開くので換気効果も絶大だ

濡らしたくないグローブやゴーグルを収納

インナーメッシュポケットは、昨シーズンのアップデートで容量を拡大。グローブやゴーグルも無理なく収まるサイズになった

グローブを収めやすく冷気の侵入は許さない袖口

大きな特徴のひとつが広く開く袖口。内側にグローブを収めるときもノーストレスだ。巻き込むように締めて冷気の侵入を防ぐ

下半身の熱を逃すふともものベンチレーション

ふとももにもベンチレーションを装備。斜めに取り付けたファスナーは操作しやすく、歩きながらでも簡単に開閉できる

メッシュパネルで背中に熱を溜めない

着脱可能なビブの背中側にはメッシュパネルを使用。バックパックを背負うと熱がこもりやすいので、 あるとないとでは大きく違う

問:ティートンブロス www.teton-bros.com

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load