BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【BLUE ICE】まさに機能美!強靭で使いやすいアイスアックス

ブランド名どおり、青白い氷雪の世界を得意とするブランドが、ブルーアイス。 その精緻なモノづくりによって、クライマーから一般登山者まで人気を集めている。

ブルーバード

使う人の体格や用途に応じて45、49、54、60㎝の長さから選べるアルミシャフトのアイスアックス(ピッケル)。重量は363g(45㎝)と軽量で、しかも握ったときの重量バランスもすばらしく、長時間使っても疲れにくい。鍛造ステンレス鋼の鋭いピックやスパイクは硬い雪面に食い込み、緩やかな曲線を描くシャフトは急峻な氷雪に対応して雪山での安全性を確実に高める。ブランド名を象徴するかのようなカラーリングも美しい。

  • 価格:¥20,800
  • サイズ:45、49、54、60cm
  • 重量:363g(45cm)

購入はこちらから!

握りの位置を変えられるポンメルも付属。操作が簡単なレバー式で、位置は自在にスライドし、上下へ移動することができる

ヘッドは強靭極まる鍛造製で、スパイクはステンレス素材。表面はきれいに加工されており、サビにも強く、長い間使用することができる

専用のプロテクターが付属し、使用しないときはヘッドやスパイクをカバーすることができる。こういう部分でも安全性に配慮している

コーカスハーネス

必要十分なシンプル構造で、コンパクトに収納可能。

ポリエチレン主体の強靭なベルトを使った軽量ハーネス。バックルはグローブをしたままでも操作しやすい形状で、過酷な環境でもスムーズに使える。また、オープンレッグループのため、クランポンやスキーを着けたまま着脱可能だ。リーズナブルな価格もうれしい。

  • 価格:¥8,800
  • サイズ:S ~ L
  • 重量:148g(M)

購入はこちらから!

広げると、じつにシンプル。そのために収納時に折り畳めば、非常にコンパクトになる

リーチ12ℓ

スピード感を重視するなら、こんな軽量・小型モデル。

トレイルランニング用を思わせるデザインながら、アイスアックスや登攀用具をしっかりと運べるアルパインパック。必要な強度を保ちつつも超薄手の素材が使われ、重量はたった371gだ。ショルダーハーネスのポケットは大きく、行動食もたっぷりキープできる

  • 価格:¥18,800
  • 容量:12ℓ
  • 重量:371g

購入はこちらから!

ベストのような形状のショルダーハーネスには、左右に大きなポケットがついている

ヤギ35ℓ

荷物の出し入れがスムーズなパネルローディング式。

コンプレッションストラップを利用して、スキーやスノーボードを取り付けやすい35ℓのバックパック。両サイドのファスナーは一方がポケット、もう一方が荷室へのアクセス口となり、とても使い勝手がいい。背面は平面的なパネルで、雪が付着しにくい仕様だ

  • 価格:¥22,800
  • 容量:35ℓ
  • 重量:1,145g

購入はこちらから!

左のショルダーハーネスにはダイヤゴナルでスキーを固定するためのストラップを内蔵

ワーソッグ45ℓ

汎用性が高いデザインで、ヘルメットホルダーも付属。

雪や岩といったハードな環境下で使いやすいシンプルなバックパック。雨蓋の留め具を背面側に配置することで、荷物を取り出す際も背面に雪が付かないよう荷物を取り出せる。サイドのコンプレッションストラップは取り外しでき、好きな位置へ付け替えが可能だ

  • 価格:¥23,800
  • 容量:45ℓ
  • サイズ:S、M
  • 重量:994g(S)

購入はこちらから!

荷室を閉じるフラップ(雨蓋)の裏はポケッ トも。フックもあり、大事なものを収納可能

問:ケンコー社 TEL.06-6374-2788 www.kenkosya.com

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load