BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

マウンテンウィメンズウエアカタログ2020 〜 シェル・ミドルレイヤー編〜

女性用ウエアの割合は、全展開モデル数に対して3割ほどから、男性モデルとほぼ同数の5割というメーカーも存在する。この数字の多さから、女性ならではの体型に合わせた登山用ウエアを選ぶことが、いかに重要かがよくわかるだろう。

文◉池田 圭 Text by Kei Ikeda
写真◉廣瀬友香、落合明人、網野貴香 Photo by Tomoharu Hirose, Akito Ochiai, Yoshika Amino
出典◉PEAKS 2020年11月号 No.132

女性ならではの機能とデザインが大集合!

一般的に脂肪の多い女性のほうが男性より体が冷えやすく、寒さを感じやすいといわれる。しかし、これは一概に女性が暖かい服を着ればいいという意味ではない。

山岸さんによれば、男女差以上に、個人の体型や体質の差で寒さの感じ方は異なるそう。つまり、だれにでも当てはまる正解のレイヤリングはなく、「女性だからこれを着るのが正解」という模範解答的なウエアも存在しないのだ。

では、女性のウエア選びはなにから始めればいいか。まずは出発前に山の状況をよく想像しながら、レイヤリングを選ぶことが大切だ。それでも山で寒さを感じるようならば、下山後に原因がどこにあったかを考えてみよう。

ウエアが濡れて汗冷えしたのか、風に当たって体感温度が低下したのか、はたまたウエアの保温力自体が不足していたのか。それ次第で、買い足すべきウエアが見えてくる。

「山に足を運び、自分のなかで基準や比較対象を作ること、経験を積み上げることこそが最適なウエアを見つけるための近道です。山で感じた自分の感覚を大切に、ウエア選びに生かしてください」

ハードシェル

「男性用と女性用モデルの違いが顕著に出やすいカテゴリー」

ウエアのなかでも、耐久性を持たせたハードシェルに使われる素材は伸縮性に乏しいものが多いため、体に忠実にフィットするカッティングや造りが求められる。つまり、男性用と女性用でパターンやサイズの違いが顕著に出やすいカテゴリーなのだ。

なかでも、運動量の多いアクティビティで活躍するテクニカルなタイプは、女性向けに設計されたモデルを選ぶべき。女性ラインといっても体型の差、レイヤリングによるフィット感の違いもあるので、お店で着比べてフィット感を確認しつつ選ぶといいだろう。

アークテリクス/アルファ AR ジャケット ウィメンズ

幅広いコンディションに対応する汎用性の高い定番モデルが、素材を見直してアップデート。中間着の上に着てももたつかないスッキリとしたシルエットと動きやすいカッティングが人気。

  • 価格:¥64,000
  • サイズ:XS~XL
  • カラー:パラドックス、他2色
  • 重量:340g(S)
  • 問:アークテリクス
今期から次世代のゴアテックスプロを採用し、高い耐久性と透湿性を両立させている。

ザ・ノース・フェイス/マウンテンジャケット

登場以来改良を重ね続けてきた、秋冬の山岳シーンでオールラウンドに活躍する大定番。150Dの表地に軽量で強度の高い裏地を組み合わせ、強度としなやかさを両立させている。

  • 価格:¥50,000
  • サイズ:S~XL
  • カラー:ピークパープル、他3色
  • 重量:735g(M)
  • 問:ゴールドウイン
ボリュームのある中間着も無理なく組み合わせられる、ゆったりとしたシルエットも特徴。

ティートンブロス/WS TBジャケット

ハードシェルとは思えないしなやかな着心地が売りの同社の代表作。今期はディテールの見直しを図り、着用感と動きやすさがアップ。他にはないアースカラー系の色がおすすめ。

  • 価格:¥54,000
  • サイズ:S~L
  • カラー:ネイビー、他4色
  • 重量:575g(M)
  • 問:ティートンブロス
優れた吸湿性としなやさを持つニットバッカーを使用した、独自開発のネオシェルを採用。

アークテリクス/ベータ AR パンツ ウィメンズ

立体裁断による動きやすさに定評のあるこちらのモデルも、次世代のゴアテックスプロを採用してリニューアル。さらに耐久性と透湿性を高め、ハードな環境でも使いやすくなった。

  • 価格:¥54,000
  • サイズ:XS~XL
  • カラー:ブラック
  • 重量:450g(S)
  • 問:アークテリクス
生地自体は伸縮しないが、立体的な設計なので激しい動きのなかでも突っ張り感は皆無。

ソフトシェル

「中間着やベースレイヤーとの組み合わせを考慮して選ぶこと」

ラブ/キネティックプラスジャケットW’s

伸縮性と防風性に優れた軽量防水シェル。小雨程度ならそのまま着用できるので、コンディションの変化が激しい冬場の行動着にぴったりだ。柔らかくしなやかな着用感もポイント。

  • 価格:¥26,000
  • サイズ:UK8、10、12
  • カラー:アマゾン、他5色
  • 重量:270g
  • 問:ランドアール
独自開発した伸縮性の高いプロフレックス×吸汗速乾性に優れるニット裏地の組み合わせ。

アークテリクス/ガンマ MX フーディ ウィメンズ

あらゆる性能のバランスが抜群に良い高機能シェル。動きやすく、透湿性にも優れているため、運動量やコンディションが変化しやすい冬のアクティビティでこそ力を発揮する。

  • 価格:¥36,000
  • サイズ:XS~XL
  • カラー:ラプソディ、他3色
  • 重量:480g
  • 問:アークテリクス
ヘルメットに対応する大型のフードを装備。視界を遮ることのない絶妙なカッティング。

ザ・ノース・フェイス/アイアンマスクパンツ

優れた防水透湿性と伸縮性を兼ね備えるタフな造りの1本。人間工学に基づいた立体裁断により、クライミング時の大胆な足上げなど、大きなムーブにもストレスなく対応する。

  • 価格:¥38,000
  • サイズ:WS、WM、S~XL
  • カラー:ブラック
  • 重量:570g(WM)
  • 問:ゴールドウイン
裾にはしっかりとしたアイゼンガード付き。両サイドに配したベンチレーションも効果的。

ミドルレイヤー

「使用シーンを想定し、保温力と汗抜けのバランスで選ぶ」

生地の種類や中綿の量、シルエットの違いに至るまで、中間着の選択肢は幅広い。どのような場面で着用するかによって必要な要素が変わるので、使用シーンを具体的にイメージして選ぶのが望ましい。

行動着やミドラーとしてならば、体にフィットする女性用モデルがマスト。保温着としてならば、男女兼用モデルをゆったり着てもいいだろう。寒がりだからと着すぎてしまう女性がいるが、それが汗冷えの原因になることもある。

自分の体質に合わせて、保温力と汗抜けのバランスを考慮した一枚を選びたい。

ティートンブロス/Ws ブレスランナー

撥水加工を施し、通気性にも優れるストレッチナイロンの内部に中綿をマッピング。運動時のオーバーヒートを防ぎつつ、適度な保温性を保ってくれるので寒冷期の行動着に最適な一着。

  • 価格:¥24,000
  • サイズ:S~L
  • カラー:ブラウン、他1色
  • 重量:195g(M)
  • 問:ティートンブロス
必要なパートにだけ動的保温性能に優れた中綿・ポーラテックアルファを配置している。

アークテリクス/アトム AR フーディ ウィメンズ

濡れに強く、保温性と透湿性を併せ持つ独自開発の化繊中綿・コアロフト採用モデル。防風性と撥水性に優れるシェル素材を用いており、中間着としてだけでなく、単体でも着用できる。

  • 価格:¥32,000
  • サイズ:XS~XL
  • カラー:エリプス、他3色
  • 重量:410g
  • 問:アークテリクス
ロフトを維持する太い繊維と保温力をもたらす細かい繊維の混紡中綿・コアロフトを採用。

ラブ/マイクロライトアルパインジャケットW’s

同社の大定番モデルが、カッティングなどを見直してフルモデルチェンジ。女性の体型に沿うすっきりとしたシルエットなので、インナーとしてもすっきり着られる。

  • 価格:¥24,000
  • サイズ:UK8、10、12
  • カラー:スティール、他1色
  • 重量:413g
  • 問:ランドアール
表地に耐久撥水加工を施したパーテックスカンタム、中綿は撥水ダウンと濡れに強い仕様。

ナンガ/マウンテンロッジダウンパンツ

10Dの薄手で軽量なリサイクルナイロンを表地に用いて軽量に仕上げたモデル。膝周りには伸縮性と強度のある生地を使い分けており、膝をついて作業をしても破けにくい造りだ。

  • 価格:¥21,000
  • サイズ:WS~WL
  • カラー:ネイビー、他2色
  • 重量:約274g
  • 問:ナンガ
冷気の侵入を防ぐ伸縮性のある裾口。リブは裾の内側に配されているので端まで暖かい。

ナンガ/マウンテンロッジダウンジャケット

200g強の軽さながら、ダウンブランドならではの高品質羽毛を封入し、ふんわりとした着心地と高い保温性が魅力。内ポケットに収納できるポケッタブル仕様。

  • 価格:¥30,000
  • サイズ:WS~WL
  • カラー:ブラック、他2色
  • 重量:約236g
  • 問:ナンガ
幅が大きく、羽毛の広がりを最大限に生かすパターンを使用。抜群の保温効果を実現する。

モンベル/アルパインダウンパーカW’s

同社がシュラフ開発で培ったボックス構造を生かし、軽やかな着心地と高い保温力を持たせた。中綿は超高品質な800FPのダウンを採用し、安心感のあるボリュームが魅力。

  • 価格:¥17,500
  • サイズ:S~L
  • カラー:ダークフューシャ、他2色
  • 重量:約372g
  • 問:モンベル
表地には雪の付着を防ぐ撥水加工を施してあり、厳冬期登山の防寒着としても活躍する。

ミレー/ブリーザーダウンジャケットW

軽量で高い断熱性のある撥水ダウンを、適度な伸縮性と通気性があって動きやすい独自素材でラッピング。表地は繊維自体に強力な撥水加工が施されており、行動着としても有用な次世代型インシュレーションだ。

  • 価格:¥36,000
  • サイズ:XS~L
  • カラー:ハニーマスタード、他1色
  • 重量:405g(S)
  • 問:ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン
高い通気性に加え、大型ベンチレーションも備え、ウエア内の蒸れを最小限に抑えてくれる。

パタゴニア/W’s R1 エア・フルジップ・フーディ

通気性と速乾性を兼ね備えたテクニカルフリース。寒冷な状況下の激しい運動に必要な特徴を備え、かさばらずにレイヤリングにも最適。直営店・ウェブでは11月以降順次発売。

  • 価格:¥20,000
  • サイズ:XXS~XL
  • カラー:リジェングリーン、他2色
  • 重量:309g
  • 問:パタゴニア日本支社
ジグザグパターンで織り上げられた生地は、吸湿発散性と速乾性、通気性にも優れている。

モンベル/ライトアルパインダウンパーカW’s

保温性と重量のバランスに優れた大定番モデル。コールドスポットが減るようにキルト構造の見直しを図ったことで、さらに保温力がアップ。生地は帯電防止加工と撥水加工済み。

  • 価格:¥16,600
  • サイズ:XS~XL
  • カラー:オパールグレー、他3色
  • 平均重量:321g
  • 問:モンベル
エレメントや縫い目が表に出ないコンシールファスナーを採用し、冷気の侵入を防ぐ。

モンベル/クリマエアジャケットW’s

繊維を粗めに編み上げることで、かさばらず、軽やかな着心地を実現。フィット感が高く、蒸れにくい構造なので、中間着としても抜群のパフォーマンスを発揮する。サイズ展開も豊富。

  • 価格:¥8,000
  • サイズ:XS~XL
  • カラー:ガーネット、他3色
  • 重量:331g
  • 問:モンベル
毛足の長いポリエステル繊維のフリース地が、暖かい空気を蓄えて高い保温性を生み出す。

フーディニ/ウィメンズ モノエアフーディ

中綿と空気の層を含む特殊なカプセル構造が断熱性を生む新たな生地を使った、フリースに代わる新世代型ミドラー。軽い伸縮性があり、耐久性と透湿性にも優れるので行動着にも便利。

  • 価格:¥26,000
  • サイズ:XXS~XL
  • カラー:ダルシットピンク、他4色
  • 重量:506g(M)
  • 問:フルマークス
ポーラテック社のパワーエアは、繊維の抜け落ちを最小限にとどめ、環境にも優しい。

〈教えてくれたのは〉さかいやスポーツ・モンベルルーム/山岸裕子さん

女性用ウエア売り場を担当。女性ならではの悩みや相談はなんでもどうぞ。山でのんびりご飯を食べる山登りが大好きなので、山グルメ系のギア選びやレシピ相談もお任せあれ。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load