BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ビッグアグネス】コッパースプールの日本仕様が2021年秋に先行発売

米国のアウトドア雑誌『BACKPACKER MAGAZINE』が選ぶ、その年の優秀なギアに贈られる“エディターズチョイス”を、過去13回も獲得したトップブランド「ビッグアグネス」。創業20周年を迎える今年、日本仕様の限定テントをリリースする。「軽さ」「快適さ」を提供するリミテッドモデルを見逃すな!

ビッグアグネスの20周年イヤーを見逃すな!

ハブを起点に3方向へ延びる特異なポール構造。いまにも破れそうなスケスケの生地。そして1㎏を下回る驚異の軽さ。画期的な超軽量テント「フライクリーク」を生み出したことで知られるアメリカのトップブランド「ビッグアグネス」。

コロラド州スチームボードで産声をあげた同社は、いまでは北米ナンバーワンのブランドとの呼び声も高い。それは、アメリカを代表するアウトドア雑誌『バックパッカーマガジン』が調査した読者アンケートで、テントやスリーピングマットなど、各部門で軒並み1位か2位の評価を得る実力が裏付ける。

これほどまでに支持を集める魅力とはいったいなんなのか? それはコンセプトに掲げる「軽さ」と「快適さ」を両立する商品群にある。フライクリークと双璧をなす人気テント「コッパースプール」が好例だ。2人用で、重量はわずか1298g。側壁が立ち上る構造で、室内の広さはドーム型テントの比にならない。

そんな代表モデルが、創業20周年を迎える今年の秋に、日本仕様にアップデートして登場する。大きな変更点は、雨や湿気が多い日本の気候に対応する、メッシュパネルをなくしたインナーテント。

フライシートの内側に発生した結露などの浸入が気にならない、快適な夜を約束してくれる。
プレミアムイヤーを機に、ビッグアグネスの魅力的なアイテムを再チェックしよう!

コッパースプール HVUL2 EX

本国の人気No.1テント。特殊なフレーム構造で側壁はほぼ垂直に立ち上がり、天井も広い。インナーテントのメッシュパネルをゼロにした日本仕様は「EX」の商品名が目印だ。

  • 価格:¥73,700
  • 最小重量:1,298g
  • 収容人数:2 人

フライのダブルファスナーを開くと、タープのような生地が出現。トレッキングポールなどで立ち上げれば、雨を凌げる前室になる。

入口パネルはメッシュとナイロンの二重構造。これも日本仕様EXモデルの特長だ。夏のキャンプでも涼しい風を取り込める。

両サイドにあるフライの入口を巻き上げるのが、国内代理店のブランド担当者のお気に入り。「開放感が半端ないです」。

フライクリーク HVUL2 EX ソリューションダイ

今秋から生地が環境に配慮したものに変更される。大きな違いは生地の着色方法。ソリューションダイという技術を使い、製造におけるエネルギー消費を約80%削減した。

  • 価格:¥58,300
  • 最小重量:903g
  • 収容人数:2 人

通常、生地は布の状態で染められるが、ソリューションダイは生地になる前、原料の段階から着色。使用するエネルギーや水を大幅に削減できる。

フライクリーク カーボンダイニーマ2

フライシートとボトムに、軽量かつ高強度の「ダイニーマコンポジットファブリック」を採用。半自立式ダブルウォールの2人用テントで、652gという驚異的な重量を叩き出した。

  • 価格:¥132,000
  • 最小重量:652g
  • 収容人数:2 人

テントポールが完全に透けて見えるほど薄い生地が「ダイニーマコンポジットファブリック」。同一重量比でスチールの15倍もの強度を誇る。

ブラックテイル2

こちらは、バイクツーリングやソロキャンプなど、平地向けの快適テント。内部空間が広い構造はほかのモデルと変わらず、多少の重量増で実現した値ごろ感が魅力。

  • 価格:¥30,800
  • 最小重量:2,241kg
  • 収容人数:2 人

テントとともにおすすめしたいアイテム

インシュレーテッドAXLエアーマミー

保温材「プリマロフト」を封入した3シーズンマット。底冷えを防ぎつつ、内側8㎝/両脇9.5㎝の極太チューブで、地面の凹凸を感じずに快眠できる。空気を送り込むポンプ付き。

  • 価格:¥28,380
  • サイズ:51×183cm
  • 厚み:内側8cm、両脇9.5cm
  • 収納サイズ:8×17cm
  • 重量:369g

詳細はこちらから

ツイスターケインマット

サトウキビを原料にした、石油燃料に依存しない環境に優しいEVAフォームを業界初採用。全身サイズで397gと軽量だが、厚みは1.3㎝もあるのでクッション性は十分。

  • 価格:¥7,590
  • サイズ:51×183cm
  • 厚み:1.3cm
  • 収納サイズ:51×18cm
  • 重量:397g

スカイライン ULスツール

休憩を快適にしてくれる、重量わずか539gの軽量コンパクトチェア。広い座面で座り心地は良好。キャンプシーン以外に、登山にも連れ出したい。筒状の収納ケース付き。

  • 価格:¥11,880
  • サイズ:高さ38×幅53cm
  • 収納サイズ:9×30cm
  • 重量:539g

詳細はこちらから

20周年記念企画やキャンペーンも実施予定!

ビッグアグネス公式インスタグラムアカウントから、同社が展開するさまざまな商品、使用シーンなどがチェックできる。今年は20周年キャンペーンも実施予定。フォローして最新情報をチェックしよう!フォローはこちらから
企画協力◉ケンコー社 TEL.06-6374-2788 https://kenkosya.com

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load