BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ミレー】ドライ機能を感じるピックアップギア4選。パワーオブドライをキーワードに快適性を追求

自然のなかで行動するわれわれ登山者の天敵は、水。つまり、汗と雨だ。そこに目をつけて“アルティメイトドライパフォーマンス”をコンセプトにアイテムを開発するミレー。H₂Oとうまく付き合うことが、2021年の山登りのキーワードとなる。

2021年の開発セオリーは、H₂Oと仲良く付き合うこと。

ヨーロッパアルプスはもとより、世界中の山岳地帯で培われたノウハウや、ユーザーからの要望をウエアやギアに落とし込む老舗総合ブランド、ミレー。

その熱き視線は、いま水滴に注がれている。体を冷やす汗と雨は、登山者にとって最大の天敵といえる。それはいまも昔も変わらない。

H₂Oとの戦い=登山用品の進化といっても過言ではないだろう。
ミレーは今年も“アルティメイトドライパフォーマンス”をコンセプトに「パワーオブドライ」というメッセージを込めた商品を展開している。

そのひとつが、透湿性を極限まで高めた独自素材「ドライエッジティフォン50000」を採用したアウターウエアだ。防水性だけでなくムレ、汗、雨……H₂Oの流れを注視したものづくりは、高温多湿の日本でマッチする。

繊維そのものに撥水加工を施した革新的な素材「ブリーザー」の登場もビッグトピックだ。面としての生地ではなく、撥水された線としての繊維が立体的に織り合うことで雨を弾く。

また、汗を外へ押し出すメッシュアンダーウエアのドライナミックメッシュも、「パワーオブドライ」を牽引する代表作として、通年手放せないアイテムとなった。

ミレーが目指すところは、水との戦いではない。人間が欠かすことのできない水と、仲良くする付き合い方を、モノをとおして提案しているのである。

ティフォン50000ストレッチジャケット

独自開発の極薄メンブレン、ドライエッジティフォン50000採用の高透湿防水ジャケット。高い耐水圧(20,000㎜)と50,000g/㎡/24hという透湿性を両立し、あらゆる天候下で衣服内をドライに保つ。裏地には15Dのニット素材が使われ、シルクタッチの肌触り。

  • 価格:¥28,600
  • サイズ:XS ~ XL
  • カラー:マスティック、他4色
  • 重量:304g(M)

購入はこちらから

ヒップベルトと干渉しない位置にハンドポケットをふたつ配置。内側にメッシュ地を採用し、ベンチレーションの役割も担う。止水ファスナーを使用することで軽量化に繋げた。

ストレッチ性を備えた生地は、驚くほどしなやか。激しい動きを伴う山行でも、体のポテンシャルを引き出してくれる。家からテント場まで着ていてもストレスのない着心地だ。

ドライナミックメッシュノースリーブクルー&ボクサー

発汗による冷えと不快感を軽減し、つねに肌をドライに保つアンダーウエア。水を遠ざける疎水性に優れたポリプロピレンが肌面の汗を外のベースレイヤーへ拡散。立体的なメッシュの厚みによって肌はドライ感を維持し、空気層の確保により適度な保温効果も備える。

  • 価格:¥5,060(ノースリーブ)、¥3,190(ボクサー)
  • サイズ:S/M、L/XL、XXL(ボクサーはXLまで)
  • カラー:ブラックノワール、他2色
  • 重量:100g(ノースリーブS/M)、70g(ボクサーS/M)

ノースリーブクルー購入はこちらから

ボクサー購入はこちらから

肌との摩擦に配慮し、しなやかな生地を縫い目が出ないよう縫製。消臭糸も組み合わせることで汗の匂いにも配慮した。長時間の着用でもストレスのない仕上がりになっている。

繊維を編み上げることでかさを高くしたメッシュ地。肌から汗を遠ざけることで汗冷えを抑える効果がある。そして、汗を素早く吸収し、外のベースレイヤーへスムーズに拡散。

ブリーザー ワイルダー ライトジャケット

シリコン由来の強力な撥水成分を生地表面ではなく繊維そのものに定着させた、軽くて動きやすいフード付きウインドシェルジャケット。撥水性が高いうえ、洗濯を繰り返しても撥水力が長持ちする。風や雨を防ぎながら、ムレを逃して1年をとおして活躍する一着だ。

  • 価格:¥18,700
  • サイズ:XS ~ XL
  • カラー:ウルトラブルー、他2色
  • 重量:180g(M)

購入はこちらから
ウインドシェルとは思えない驚異の撥水性が魅力。高い撥水性をもつ繊維を密に織り込み、水の通るスペースを与えない。ツルッとした滑らかな質感は、肌に優しいタッチ。

ドローコードを使わず、よりシンプルにフィット感を高めたフード。伸縮素材を顔周りに縫製し、雨風の浸入を防ぐ。小雨程度なら雨具の代わりに着用できるポテンシャルをもつ。

サースフェー30+5

ミレーの定番バックパック。本体に雪や雨が染み込みにくい耐久性抜群のコーデュラナイロンを、背面は背中のムレを防ぐ通気性の高いシステムを採用。本体サイドやヒップベルトに設けられたポケットも使い勝手がいい。今季新たに50ℓモデルも追加される。

  • 価格:¥21,450
  • 容量:30+5ℓ/サイズ:S(ウィメンズ)、M、L
  • カラー:コーヒー、他4色
  • 重量:1,500g(M)

購入はこちらから

通気性とフィット感を両立する3層構造のヒップベルト。腰骨に吸い付くようにフィットし、装備の荷重を安定して伝える。表に大きなファスナーポケットが付く。

背面パッド内部には水ハケのよい網目状フィルターフォームを用いて背中のムレを軽減。荷重を背中、肩、腰でバランスよく分散する背負い心地と、背面の通気性を同時に高めた。

企画協力◉ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン
TEL.03-6417-0492 www.millet.jp

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load