BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【アイスブレーカー】Wool on Woolという選択肢

そのしなやかな着心地と、汗をかいても冷えを感じにくい温度調節機能、なによりも天然素材というありかたの美しさで、多くの登山者に愛されるメリノウール。そんなメリノウールを2枚重ねると、なにやらいいことが起こるとか……。

天然の力をまとって、山へ

登山におけるベースレイヤーには主にふたつの機能が求められる。スピードハイクなど運動強度が高い登山の場合、汗を的確に吸い上げて発散させつつ、体をクールダウンさせること。縦走やハイキングなど比較的運動強度が低い場合は、不快感を覚えないよう汗を処理しながら、体を冷やさずに保温すること。

前者が得意な化繊製品は、繊維が構造上もつ「毛細管現象」を用いて、肌面から汗を吸い上げて生地の外側へと移動させ、ウエア内外の温度差や湿度差、風を利用して水分を蒸発させる。このとき、液体を気体に変化させるために蒸発(気化熱)を必要とするため、化繊のベースレイヤーはクールでドライな着心地となる。

一方、天然素材を使ったベースレイヤーは、マテリアルそのものが吸湿する(構造上、「毛細管現象」も併発)。このとき、衣服内の熱気を吸い上げて水分として溜め込む過程で、凝縮熱を生み出すため、汗をかくことで温かく感じさせる。そんな保温系ベースレイヤー素材としてもっとも優れた機能を発揮するのが、メリノウール。

最高級のファインメリノウールを使い、ていねいに作られたアイテムは、暖かくしなやかで、耐久性に優れている

登山におけるウエアリングは、目的や場所によって化繊製品とメリノウール製品を使い分け、また組み合わせるところに鍵があるのだが、空気が乾燥するこれからの季節、その妙味を存分に楽しめるのが、ウールにウールを重ねるというレイヤードだ。「WoolonWool」がもっとも真価を発揮するのは、標高2000〜3000mの稜線をゆく登山。

標高を稼ぐ間は汗を的確に吸い上げながら、その吸湿機能によりウエア内の温度を一定に保とうとする。風が吹き巻く稜線において、濡れた状態で寒気に晒されると危険であるが、肌面から水分を引き離したうえで、乾燥させることなく、気化熱として温かさを奪われぬよう、汗を繊維内に適度に保つことで凝縮熱を得て、体温により適度に蒸発させる――そんなメリノウールならではの効果を、2枚重ねることで得やすくなるし、安心感が増す。フリースやソフトシェルなどに比べて厚みが出ない点でも「WoolonWool」は優れている。

下山後、着替えられない状況で公共交通機関を利用する場合、ロングトレイルハイキングなどはもちろん、山とは無縁の長い旅でも、メリノウールの消臭機能はおおいに力を発揮してくれる。そうしたメリノウール製品を生み出すブランドのなかで、ひときわ深い愛情を感じさせるのが、ニュージーランド生まれのアイスブレーカー。

Mt Cook, Tasman Glacier, Lake, FW19 夏は30℃を超え、冬は −30℃を下まわる。ニュージーランド南島・サザンアルプス山脈の厳しい環境に適応すべく、天の采配によって進化したのが、ヒツジたちがまとうメリノウー ル

同社は市場に流通する既存のメリノウール生地を使うのではなく、原毛から仕入れて生地を生み出すところから製品づくりに取り組んでいる。そのため、ニュージーランド内外の50を超える農場と長期にわたる直接契約を結んでいる。そうすることで良質なメリノウールを確保できるとともに、周辺環境に負荷をかけない健全な持続型牧場経営を守ることに繋がっている。

タフで温かく、安心なウエアを生み出す背景には、そうした経営哲学が流れている。登山をはじめとしたアウトドアに傾倒すると、日常とフィールドの境界が曖昧になってゆく。特別にいい人ぶるというわけではなく、自分の行動や選択の先に繋がる山稜や水平線が、無性に気になるようなところがある。

わたしたちはなにを選び、なににお金を払うべきか。フィールドにあってもオフィスにあっても、身も心も快適でありたい。そんな自然と毎日のボーダレス化が進んだ、大人な登山者におすすめ。

200オアシス ロングスリーブクルー

  • 価格:¥11,880
  • サイズ:S~L カラー:スパイス、他5色
  • 重量:250g(L)

メリノウールを100%使った、アイスブレーカーを代表する中厚手のシン プルなベースレイヤー。秋〜春のレイ ヤードで重宝する、着心地のよい、しなやかな一着

150ロングスリーブ ポケットクルー

  • ¥12,100
  • サイズ:XS~L
  • カラー:ローデン、他2色
  • 重量:200g(L)

メリノウールをナイロン芯に巻きつけたコアスパン糸を使い、薄手ながら摩耗や引裂強度に優れる一着。一年中行 き先を問わずに活躍する汎用性の高さと、ゆとりあるフィット感が魅力

200オアシスレギンス

  • ¥11,550
  • サイズ:S~L
  • カラー:ブラック
  • 重量:195g(L)

メリノウールを100%使用した、中厚手のレギンス。ウエストバンドが腰周りにしっかりフィットして、ずれ落ちを軽減。シェルの下に穿くことで、下肢からの冷えをしっかりガード

アナトミカボクサー

  • 価格:¥5,500
  • サイズ:S~L
  • カラー:ロイヤルネイビーストライプ、他4色
  • 重量:80g(L)

優しい肌触りで、長期間穿いても臭いにくい一着。メリノウールをナイロン芯に巻きつけたコアスパン糸を使い、薄手ながら摩耗や引裂強度に優れており、がんがん洗濯しても大丈夫!

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load