BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

冬山が楽しめるルートガイド12選・後編

前半に引き続き、首都圏からアクセス良好の日帰りや1泊2日でトライできる、入門〜中級者向けの代表的な冬山ルートをご紹介。装備やルートをチェックして、今年の冬山登山を充実させよう。

>>>前編はこちら

冬山が楽しめるルートガイド12選・前編

冬山が楽しめるルートガイド12選・前編

2021年12月09日

文・写真◉編集室アルム(野村 仁) Text & Photo by ALM OFFICE
出典◉PEAKS 2019年12月号 No.121

【大遠見山(北アルプス)】
五竜・鹿島槍ヶ岳の豪快な展望。

中遠見山から見下ろした小遠見山とテント場になっている鞍部。

コースタイム

6時間10分(日帰り)

総距離

7.5km

必要装備

  • トレッキングポール
  • アイスアックス
  • 12本爪クランポン

 

五竜岳への冬山ルートは中級以上だが、遠見尾根だけなら比較的簡単に登れる。スキー場のゴンドラとリフトで最上部へ上がる。左に回り込んで地蔵ノ頭をエスケープし、バックカントリーの入山口から入山する。最初から急登となり、稜線上に出てルートは右に曲がる。支尾根が右から合流する一ノ背髪、二ノ背髪をすぎ、尾根が緩やかになると五竜岳と遠見尾根上部が見えてくる。小遠見山へ登ると鹿島槍ヶ岳が圧倒的な姿でそびえる。ルートは90度右折して鞍部に下り、中遠見山へ登り返す。手前の稜線は細いところがあるので、転倒しないよう慎重に。中遠見山からは広々とした雪の散歩道が大遠見山、西遠見ノ池へと続いている。ゴンドラの最終時刻を考えて引き返す地点を決めよう。通常は大遠見山付近で戻るのが適当だろう。

中遠見山西側の鞍部から膝上の雪をラッセルするグループ。雪は深いのでスノーシューも携行したい。
小遠見山へ登る雪の豊富な雪稜ルート。長野県北部の山々を一望する展望だ。

アクセス

JR神城駅から徒歩30分で白馬五竜スキー場、ゴンドラ8分でアルプス平(往復とも)。登りのみリフトで地蔵ノ頭直下へ上がれる。クルマの場合、長野道安曇野ICまたは上信越道長野ICから約1時間。

アドバイス

降雪後でトレースが薄い場合、ラッセルになると2~5倍の時間がかかり、それだけ日帰りできる距離も短くなる。スキー場内を徒歩で下ることは禁止されているので、ゴンドラ最終時刻に遅れないように。

【谷川岳】
豪雪の山で、本格的冬山登山の第一歩。

オキの耳から見たトマの耳。マチガ沢側に大きな雪庇が張り出している。

コースタイム

6時間10分(日帰り)

総距離

6.5km

必要装備

  • トレッキングポール
  • アイスアックス
  • 12本爪クランポン

 

豪雪で有名な谷川連峰で、条件が良ければ初心者にも登れるのが天神尾根ルートだ。ロープウェイ天神平駅を出て、スキー場の右端を急登して田尻沢ノ頭付近に出る。北上してアップダウンをくり返すこと数回で熊穴沢避難小屋に着く。小屋は雪の下に埋まり、目印の赤い鉄柱だけが立っている。ここから尾根は急登し、すぐに森林限界を越えて一木一草もない純白の別世界となる。40〜50分登ると唯一の目印となる露岩があり、「天狗の休み場」「天狗の腰掛岩」などと呼ばれている。さらに1時間ほどがんばれば肩ノ広場に着く。そのまま北方向に10分ほどでトマの耳頂上だ。頂上は狭いため、肩ノ小屋周辺で休憩する人が多い。約20分のオキの耳まで足を延ばせばトマの耳の美しい姿が望める。標高もオキの耳のほうが高い。

森林限界付近から上部。上方に「天狗の腰掛岩」が、右に西黒尾根のザンゲ岩が見える。
肩の小屋周辺でお昼休憩する人たち。小屋内は避難スペース(約10人)が開放されている。

アクセス

JR水上駅からバス23分で谷川岳ロープウェイ土合口駅、ロープウェイ15分で天神平駅(往復とも)。クルマの場合、関越道水上ICから約14㎞、およそ25分で谷川岳ロープウェイ。駐車場(有料)あり。

アドバイス

2月前半までは冬型の悪天候が続きチャンスは少ないが、2月後半から晴天の日が多くなってくる。ルート全般で基本的なアックス・クランポン技術が必要。頂上稜線の東側に発達する雪庇は要注意だ。

【唐松岳(北アルプス)】
展望がすばらしい北アルプスの初級冬山。

八方山ケルン付近から望んだ五竜岳(右)と鹿島槍ヶ岳(左)。

コースタイム

6時間30分(日帰り、または山小屋泊)

総距離

10km

必要装備

  • トレッキングポール
  • アイスアックス
  • 12本爪クランポン

 

北アルプスの貴重な初級登山ルート。スタート地点の八方池山荘に泊まれば余裕をもって行動できる。雪の状態によってスノーシューかクランポンかを選ぼう。山荘の左横からひと登りで八方山ケルンに出ると、五竜岳と鹿島槍ヶ岳の迫力ある姿に圧倒される。閉鎖中のトイレの横を通り、第2ケルン、八方ケルン、第3ケルンと通過する。少しはっきりしてきた尾根筋を登り、下ノ樺のダケカンバ帯に入り、右折して尾根沿いに登ると上ノ樺を通る。右下の斜面一帯がテント適地になっている。上に見える丸いピークを目指して20~30分登ると、最後の丸山ケルンだ。ここから尾根の両側が急傾斜になり、転落・滑落への注意も必要となる。主稜線に合流する最後のピークを左に巻いて唐松岳頂上山荘の真上に出ると、剱岳の雄姿が飛び込んでくる。ここから唐松岳は標高差100mほど、約30分のがんばりで頂上に立てる。後立山連峰、剱・立山連峰はじめ、すばらしい展望が広がっている。下ノ樺から下部はルートロスト(道迷い)に注意が必要である。

トイレの横を通って第2・第3ケルン方面へ。背景の山は右から不帰Ⅰ峰、Ⅱ峰(北峰・南峰)、Ⅲ峰。
丸山から八方尾根上部の雪稜を登る。三角形のピークは唐松岳。
八方尾根最上部から主稜線へ出るところ。雪面をトラバースする箇所は雪崩の危険もチェックしよう。

 

アクセス

JR白馬駅からバス5分で白馬八方尾根スキー場、徒歩10分でゴンドラ八方駅、ゴンドラとリフト2基計約30分で八方池山荘前。クルマの場合、長野道安曇野ICから約80分、または上信越道長野ICから約1時間でスキー場へ。

アドバイス

初級とはいえリスクの高いルートで、アックス、クランポンを使用する区間も長い。できれば中級以上の引率者と登ったほうが安心である。天候を慎重にチェックして、悪天候が予想されるときは登らないようにしよう。

【木曽駒ヶ岳(中央アルプス)】
もっとも容易に登れる3,000m級冬山。

登り切って乗越浄土に出ると急激な強風と寒気にさらされる。冬山用の正しい装備・ウエアが重要だ。

コースタイム

4時間30分(日帰り)

総距離

4.5km

必要装備

  • トレッキングポール
  • アイスアックス
  • 12本爪クランポン

 

千畳敷の底から木曽駒ヶ岳まで高 千 低差350mほど。もっとも楽に登れる3,000m級の冬山といえる。ロープウェイ駅舎前のベンチでクランポンを装着する。建物の前を右へ進み、一度カール底まで下りて、そこから乗越浄土へまっすぐに登る。この区間は雪崩の危険箇所なので途中休憩はNG。苦しくても立ち休みでしのごう。乗越浄土に出て左折すると、目の前に宝剣山荘が建っている。その裏手へ回り、右折して中岳へ向かう。広い雪原から緩やかに登っていくと祠のある中岳頂上に着く。ほぼ直角に左折して頂上山荘(閉鎖中)のある鞍部へ下り、高低差100mほど登り返すと木曽駒ヶ岳頂上だ。御嶽・乗鞍、北・南アルプス、富士山など雄大な展望が広がる。下山は中岳付近での道迷いと、乗越浄土からの急斜面での滑落に注意が必要だ。

乗越浄土直下の急斜面を登る。このルート一番の危険箇所だ。
宝剣山荘から中岳に向かう平坦な雪斜面。不思議な形をした宝剣岳の姿が立ち上がる。

アクセス

JR駒ヶ根駅からバス42分でしらび平、ロープウェイ8分で千畳敷へ。クルマの場合、中央道駒ヶ根ICから約2㎞、およそ3分で菅ノ台バスセンター大駐車場(有料)。バスに乗り換え約30分でしらび平へ。

アドバイス

千畳敷〜乗越浄土間は雪崩が発生するので、危険性を判断すること。少しでも危険なときは入山してはいけない。滑落注意箇所は乗越浄土直下の急斜面、中岳の南東側斜面。中岳は道迷い遭難もある。

【赤岳(八ヶ岳)】
アイスアックス&クランポンで登る代表的ルート。

中山乗越展望台から見た赤岳西壁(横岳西壁もよく見える)。中山乗越から往復13分。時間があれば立ち寄るといい。

コースタイム

10時間(山小屋泊)

総距離

18.5km

必要装備

  • トレッキングポール
  • アイスアックス
  • 12本爪クランポン

 

美濃戸口から入山し、1日目は赤岳鉱泉に泊まる。2日目は行者小屋前でクランポンを装着し、道標を確認して地蔵尾根ルートへ。森林限界から多数のハシゴとクサリが設置されているが、クランポンをしっかり効かせて自分の足で歩くことが大切。稜線に出るといったん傾斜が緩む。天望荘の先から正面に迫る赤岳の斜面に取り付き、岩でクランポンをガリガリ鳴らしつつ一気に登る。北峰から稜線を30mほど進んで最高点の南峰に着く。見渡す限りの大展望を十分に楽しんだら、気持ちを入れ直して下りにかかろう。岩稜を南へたどり、浅いルンゼ状の岩壁に出て急下降する。40〜50mほど下って右へトラバースし、中岳へ続く主稜線上へ抜けると難所は終わる。中岳分岐で右折して小さな尾根を下るとやがて樹林帯となり行者小屋に戻る。

行者小屋前で準備をする登山者。クルマで美濃戸まで入って日帰りで登る人も多い。
地蔵尾根の森林限界地点。ここからはハシゴとクサリが連続する。

アクセス

JR茅野駅からバス40分で美濃戸口へ(往復とも)。クルマの場合、中央道諏訪南ICから約10㎞、およそ20分で美濃戸口へ。駐車場(有料)あり。雪道対策をした車高の高い車なら美濃戸まで入れる。

アドバイス

ガイドレスで登るためには、基本的なアックス・クランポン技術を身につけていることが条件になる。しっかり学んで練習してほしい。また、最近は多くの人がヘルメットを被るようになっている。

【赤岳〜横岳(八ヶ岳)】
個性的な3峰を結んだミニ縦走。

日ノ岳の稜線付近から見た美しい赤岳。左手には富士山も見える。

コースタイム

12時間(山小屋泊)

総距離

22.5km

必要装備

  • トレッキングポール
  • アイスアックス
  • 12本爪クランポン

 

赤岳や阿弥陀岳に登れたら、次に挑戦したいルート。一日目は赤岳鉱泉に泊まり、2日目はできるだけ早い時刻に出発する。まず文三郎道から赤岳に登るが、ここまでで危なっかしいメンバーがいた場合は地蔵尾根で下山しよう。横岳南端の二十三夜峰はリッジ沿いを登り、途中から右側を巻く。続く日ノ岳も右側を大きく巻き、鉾岳との間の雪のルンゼを直上して稜線に戻る。振り返ると赤岳が美しい姿で望まれる。稜線の左(西)側へクサリ場を下りて鉾岳西面の長いトラバースになるが、足元が切れ落ちていて緊張するところだ。稜線に戻って石尊峰、三叉峰は問題なく最高点の奥ノ院に着く。ここから最後の難所になる。高度感のある細い雪稜を下り、ハシゴで稜線の右側へ下りたらバンドからギャップを左側へ越え、クサリ場のバンドを伝って右側へ抜ける。横岳の領域後は山容が一変して穏やかになり、台座ノ頭、大ダルミ、硫黄岳へと気持ちよく歩く。硫黄岳で左折して主稜線から分かれ、赤岩ノ頭の手前で左折して雪面を下る。まもなく樹林帯に入って赤岳鉱泉に下りる。

二十三夜峰の登り。下部はリッジのすぐ右側を登り、途中から右上へトラバースする。
鉾岳の手前から西側へ下降するクサリ場のルート(右上から左下へ下る)。最下段の1歩がやや難しい。
難所を通過してたどり着く奥ノ院。達成感のある展望が広がるが、この先にも難所がある。

アクセス

JR茅野駅からバス40分で美濃戸口へ(往復とも)。クルマの場合、中央道諏訪南ICから約10㎞、およそ20分で美濃戸口へ。雪道対策をした車高の高い車なら美濃戸まで入ることも可能。美濃戸口、美濃戸とも有料駐車場がある。

アドバイス

積雪状況によって難しさが変わり、雪が多いほど難しい。とくに降雪直後でトレースがない場合は、中級者でも困難だろう。降雪後は無理をせず、トレースが落ち着くまで待つことをすすめる。好天で条件のよいときに挑戦しよう。

 

※この記事はPEAKS 2019年12月号 No.121からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっています。

Info

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load

x