BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

キャンパーならもっておきたい超重要ギア!注目のキャンピングテーブル5選

キャンプサイトの中心を作るテーブルと、それを取り囲み居場所を生むチェア。どちらもキャンパーならこだわりのひとつをもっておきたい超重要ギアだ。それゆえ実際これはどうなの?なんていう事前のリサーチにもチカラが入る。そんなみなさまのお役に少しでも立てればと、注目ギアのインプレッションを敢行!ここではオシャレなアウトドア・テーブル5つをインプレッション。

文◉岡本546
写真◉後藤武久
撮影協力◉PICA富士西湖
出典◉CAMP TOOLS 2021

チャムス
フォールディングテーブル150

テーブルのなかでも一番大きなサイズとなるのが、チャムスの1台。6人で囲んでも広々使え、ハイ・ロー2種類の高さに設定可能。ハイのときは天板をひとつ折って少しコンパクトにも使えるなど、汎用性もバッチリだ。

高さを切り替える脚は天板裏に収納でき、そのまま三つ折りにしてハンドルを持てば携帯もラクラク。しかもこれだけ大きいにも関わらず10㎝の薄さにまとまるので、収納場所にも困らない。となれば見た目のポップさも含め、ファミリーキャンパーにぜひともオススメしたい。

天板は木目調プリントが施されており、フィールドの景観を損なうことなくしっかりとキャンプサイトにもなじむデザインに。
高さを切り替える脚はシンプルな差し込み式で、女性や子どもでも簡単にセッティング可能。

値段:¥12,980
サイズ:D60cm×W150cm×H70-38cm
収納サイズ:D60cm×W50m×H10cm
重量:6,100g
問い合わせ:チャムス表参道店

ヘリノックス
タクティカル フィールドオフィスM(マルチカモ)

たとえキャンプをしていても仕事の電話には応えてしまう、そんな普段からビジネスシーンで戦うキャンパーはコチラに注目! モデル名からもおわかりのとおり、PCやガジェットといったアイテムをまとめて収納でき、かつそのままデスクとしても展開可能な個性派だ。

バッグ部分は表にモールシステムが配され、中面は全面マジックテープ仕様となっている。そのためオプションパーツも数多く用意され、拡張性に優れる。なによりも信頼と実績を誇るヘリノックス製となれば、まさに“ビジネスパートナー”に最適だ。

バッグ、フレーム、テーブルは一様に独立した造りになっており、3つ組み合わさずとも2個と1個で使ったり、あるいはそれぞれ単体で使ったりできる。
もちろんストレージ+テーブルとして使いたい人にもオススメだ。

値段:¥25,740
サイズ:D40cm×W59cm×H39cm
収納サイズ:D40cm×W20m×H39cm
重量:2,120g
問い合わせ:エイアンドエフ

ペレグリン デザイン
トータススタンド(プレーン)

ここ最近、目にすることが多くなった合板を使ったアウトドアファニチャー。合板とは薄くスライスされた木材をむだなく活用したもので、それらを縦横に重ね貼り合わすことで一枚の板にしたエコ素材だ。

こちらのテーブルのパーツは全部で6枚。それぞれ所定のところに組み込み、ナイロンベルトで固定するだけ。煩わしさや難解さは一切なく、パズルのような遊び感覚を伴いながら組むことができる。小ぶりなのでソロキャンパーにもオススメ。ひとりで使っていたら亀のような見た目に魅せられて名前とか付けちゃうかも。

携帯時は組み上げたときに閉めて固定するためのナイロンベルトでまとめればOK。
独特な風合いをもつ合板素材はひとつとして同じものがなく、みなそれぞれ違う表情を見せるのも特徴。気に入った 一品を見つけたら即ゲットが鉄則だ!

値段:¥14,300
サイズ:D44×W61×H28cm
収納サイズ:D44×W61×H5cm
重量:2,800g
問い合わせ:PFD

ホールアース
フォールディングテーブル 90-60

ウッド調の天板に黒のフレームがなんとも硬派な印象を残すテーブル。ハイ・ロー2段階で使うことができ、切り替えはねじ込み式の脚を脱着するだけ。

また、脚はすべて天板裏に収めることができ、収納時のスタイルはコンパクトそのもの。シンプルかつ明瞭な造りなので子どもでも簡単に扱える。この手のアイテムはキャンプシーンに限らずともマルチに活躍してくれるので、1台あると非常に重宝すること請け合いだ。

ハイ・ローの2パターンで使える天板は広く、2〜4人で使うのにちょうどいい大きさ。
だんらんの場とするもよし、耐荷重も30㎏まで大丈夫なので調理台として使うもよし。

値段:¥8,250
サイズ:D60×W90×H37-70cm
収納サイズ:D47×W60×H7cm
重量:3,800g
問い合わせ:FDR

ハングアウト
アペロ・ウッドテーブルロータイプ

ホワイトアッシュと白い金属パーツのコンビが印象的なロールテーブル。目を見張るのは木目が引き立つ仕上げの美しさ。さすが国内の老舗家具メーカーが手がける代物といったところだ。

またサイズ感もしっかりと練られており、2〜4人で抜群に使いやすい。このクオリティでキャンプだけなんてもったいない!と思う人(ボク含む)は、家のソファテーブルとしても使ってみては? その風格を一層感じられるはず。

パーツは土台となる脚部分と天板部分のふたつのみ。シンプルかつわかりやすい構造もロールトップテーブルのいいところだ。
付属する収納袋に入れれば肩掛けできるので携帯もラクラク。

値段:¥28,380
サイズ:D70×W100×H40cm
収納サイズ:D25×W100×H15cm
重量:10,000g
問い合わせ:ハングアウト

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load

x