BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【サロモン】最新テクノロジーが詰まった期待の新作。歩きをサポートするブレード搭載ハイクシューズが登場

Xウルトラシリーズなどハイキングシューズが人気のサロモンが、革新的なシューズをリリース。ランニングシューズからヒントを得たそのモデルは反発力を生みだすブレードが搭載されており、よりラクに歩けるようにサポートしてくれる。この春、期待のニューモデルを徹底解剖。

サロモン/アウトパルス ミッド ゴアテックス

登山=ハイカットという定理も、いまは昔。最近はミッドカットやローカットのラインナップが増え、山行スタイルや好みによって、自由にシューズを選べるようになってきた。このミッドカットやローカットなどのハイキングシューズに強いのがサロモン。多数のラインナップがあるが、今シーズン、新しいテクノロジーを搭載した革新的なモデルがリリースされた。

最近、ランニングの世界ではカーボンを挿入し反発力を高めたシューズが増えているが、「アウトパルス」と名付けられたサロモンの新モデルは、TPU(熱可塑性ポリウレタン)のブレードをミッドソールとアウトソールの間に搭載。弾力のあるミッドソールと相まって適度な反発力を備えるシューズとなっている。これはもちろん、ランニングシューズのように

スピードを高めるためではなく、歩いた際にラクに一歩が踏み出せるようにするための仕掛け。歩行速度に関係なく、この恩恵を受けることができる。もちろん、その効果が不安定さを生み出さないように、反発力はソフトにチューニングされており、さらに横ブレしにくいようにミッドソールが少し幅広になっている。細部に渡るまで、緻密に考えられているのだ。

「パルス」とは脈拍という意味。その名の通り、ミッドソールとTPUブレードが生み出す反発力のおかげで、歩いた際に脈を打つようにリズムが感じられるはずだ。

  • ¥17,600
  • サイズ:メンズ25.0 〜28.5㎝(ブラックのみ29.0、30.0、31.0あり)、ウィメンズ22.0 〜25.0㎝
  • カラー:メンズ全3色、ウィメンズ全2色
  • 重量:メンズ380g(27.0㎝/片足)、ウィメンズ328g(24.0㎝/片足)

ブレードテクノロジーとは

ミッドソールの中間から前半を覆うようにTPUをブレードとして搭載。ブレードと呼ばれているが、実際にTPUを単体で触るとシート状になっておりやわらかい。それをミッドソールに貼り付けることで、反発力が高まるという仕組み。ミッドソール自体もEVAに天然ゴムを加えることで、従来のEVAフォームより弾性が20%程度向上している。ちなみにランニングシューズには、より高い反発力を生み出すグラスファイバーが用いられている。

搭載されているブレードは薄いシート状のもの(オレンジ色の部分)。これがミッドソールと一体になると、弱い反発力が生まれる。

ディテールのポイント

快適に、安定して、ラクに歩くために、ブレードのみならず細部のディテールにもこだわりがたっぷり。脚力などを問わず多くの人が使いやすいモデルに仕上げられている。

【POINT1】足がスムーズに進むロッカー形状

ソールの前後が船底のようにカーブしたロッカー形状となっている。これにより歩く際にカカトからつま先まで回転するように足をスムーズに動かせる。

【POINT2】安定感を生み出す幅広のミッドソール

歩行時に横にねじれて不安定にならないように、前半部分のミッドソールが少し幅広に作られている。上から見るとミッドソールがはみ出しているかのよう。

【POINT3】推進力とグリップ力を両立するアウトソール

適度な粘りのあるアウトソールが使われておりグリップ力は高め。歩行時に推進力をスポイルしないように、縦長形状のブロックパターンとなっている。

【POINT4】ズレがなくフィット感に優れる一体型のタン

アッパーとタンが一体となっているので足によくなじみ、歩行時にタンがずれる心配もない。すき間がないので雨や小石が入りにくいというメリットも。

試してみました。サロモンの最新テクノロジーが詰まった期待の新作。

登りでも、下りでも歩いたときにほどほどに弾性が感じられ、ラクに一歩が出る感覚がありました。普段はソールが薄めのシューズを愛用していて、クッション性や反発力が強いシューズは得意ではないのですが、足裏感覚もそれなりにあり、不安定な印象はなかったです。最近はローカットを履くことが多かったので、はじめは足首周りが窮屈に感じられたのですが、次第になじみ、足場が悪いところでは足首を優しくホールドしてくれているという安心感がありました。軽くてラクに歩けるシューズを試してみたいけれど、トレランシューズは不安という人におすすめです。

編集・泥谷範幸
登山をベースにときどきトレイルランも楽しむ。無雪期はトレランシューズからトレッキングシューズまで季節と場所によって使い分け。

詳しくはこちら!

企画協力◉アメア スポーツ ジャパン
TEL.03-6631-0837(サロモンコールセンター)

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load