BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

【ザ・ノース・フェイス】定番レインジャケット「クライムライトジャケット」が着用感を高めてリニューアル!

薄手軽量ながら3レイヤーのゴアテックスを使った人気定番の防水アウターシェル。ザ・ノース・フェイスを代表するレインジャケットが今季アップデートした。

フードの改良と身幅&着丈をサイズアップ。より使いやすくなった定番シェル。

ザ・ノース・フェイスのレインジャケットがほしいとなったときに、真っ先に候補に上がるのが、この「クライムライトジャケット」だろう。このブランドのアウターシェルは用途や素材の違いで驚くほど種類が多いのだが、登山やトレッキングを想定したゴアテックス3レイヤーのシェルとなれば、じつは意外に限られている。そのなかで、薄手軽量かつ、低山から北アルプスまで、どんな登山でも使えるとなれば、これはもうクライムライトジャケットの出番だ。

ご承知のとおり、レインジャケットは雨のときに着るものだが、当然、風のある稜線でのウインドシェルにも、肌寒い早朝の歩き出しでは適度な保温着にもなる。それと同時に、温暖な季節で天気が良ければ、バックパックに入れられたまま一度も袖をとおすことなく家まで持ち帰ることも多い。したがって、軽量でコンパクトに収納できることが重要になる。

その点、20デニールという薄手のゴアテックス3レイヤーを採用したこのジャケットなら完璧だ。また、裏地にはマイクログリッドバッカーを採用している。ニットの裏地よりも表面が滑らかで余計な引っかかりもなく、また湿気を含みにくいので汗の乾きも早い。この裏地は通常はアルパインやバックカントリー用シェルに使われるゴアテックスプロ用に開発されたもので、レインカテゴリーのシェルでは、唯一、クライムライトだけが採用している。

この定番的な人気を誇るアウターシェルが、今季、大きなアップデートを行なっている。まずは素材が全面的にリサイクルナイロンに転換され、環境負荷軽減に貢献していること。さらにカラーバリエーションが一層豊富になったことも見逃せない。

次にフードからボディまでのフィットの改良だ。完成度の高かったフードのパターンを見直し、ヘルメット着用時もしっかり全体が覆われるようフードのカバー域を広げている。これは岩稜帯や指定山域でヘルメット着用が浸透してきたことを受けてのものだ。

さらに、メンズ、ウィメンズともに身幅と着丈が見直され、ややタイト気味だったフィットが緩和されている。これにより、着心地が向上したほか、さまざまミッドレイヤーとのレイヤリング時のフィット感も大幅に向上。もちろん、バックパックを背負ったときの腕や体の動きを損なわない優れたパターンニングは健在だ。

さて、このクライムライトジャケットが登場したのは2015年のこと。以来、7シーズンにわたって大きなモデルチェンジもなく高い人気を誇ってきたわけだ。そして今回のアップデートも見た目にそれほど変わった感はない。それは発売当初のデザインと仕様が優れていたという証でもある。長く使い込んでも、古びることはない。定番とは、まさにそうしたアイテムを言うのだ。

表地はリサイクルナイロン、裏地はマイクログリッドバッカーを採用し、防水透湿性と強度のバランスに優れる。今季はジャケットのフィットがアップデートされ、着心地とレイヤリングしやすさが向上している。

■クライムライトジャケット

  • ¥35,970
  • サイズ:S 〜XXL
  • カラー:ブラッシュファイアーオレンジ、ロイヤルブルー、ニュートープ、アビエイターネイビー、ブラック、ティングレー×メルドグレイ、ホライズンレッド、フラックス
  • 重量:295g(L)

 

■クライムライトジップパンツ

  • ¥19,800
  • ・サイズ;S 〜XL、TS、TM(トールサイズ)、BM、BL(ワイドサイズ)※メンズ S 〜XL、RS、RM、RL(ワイドサイズ)※ウィメンズ
  • カラー:ブラック
  • 重量:230g(メンズL)、210g(ウィメンズL)

クライムライトジャケット&ジップパンツの特長

滑らかに織られた特徴的な裏地、マイクログリッドバッカー。ニットバッカーに比べて強度もあって透湿性も高く、湿気を含みにくいために乾きも早いというメリットがある。

ヘルメット着用時に雨で視界が遮られないようフードのカバー率をアップ。もちろん、ヘルメットを被らない状態でもしっかりフィットするようアジャスターで調整可能だ。

従来より着丈が長くなったことで、バックパックを背負ったときのウエストハーネスからのずり上がりも少なく、さまざまなミッドレイヤーとのレイヤリングもしやすくなった。

ヒザ下はもたつきの少ないテーパードデザイン。裾からヒザ上まで開くサイドファスナーによって着脱が容易で、行動中の着脱もトレッキングブーツを履いたままでもスムーズだ。

メンズ8色、ウィメンズ7色展開!

■メンズ

■ウィメンズ

■クライムライトジャケット ウィメンズ

  • ¥35,970
  • サイズ:S 〜XL
  • カラー:ブリリアントコーラル、ウィービングウィロー、ニュートープ、ブラック、ケルプタン×フラックス、ティングレー、アーバンネイビー
  • 重量:270g(L)

詳しくはこちら!

企画協力◉ゴールドウイン
TEL.03-5466-9278(ザ・ノース・フェイス マウンテン)

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load