BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

焚き火に直接かけられる”ゴトクテーブル”が完成! CAMP TOOLSから生まれた『ハニカムファイヤーテーブル』まもなく発売!

THE IRON FIELD GEAR × CAMP TOOLS
「ハニカムファイヤーテーブル」

3月24日より先行予約開始(予定)!PEAKS増刊『CAMP TOOLS』より、お熱いキャンプギアが登場

焚き火台を覆うように重なった穴の空いた鉄板、もしくは新しいカタチの網にも見えるだろうか。ギアに目のないあなたの想像を掻き立てる新型の名称はハニカムファイヤーテーブルだ。

『CAMP TOOLS』新刊(2022年3月31日発売)の付録「アイアンメスティン」と、スキレットの重量級コンビを同時にのせてもこの安定感。さらにケトルまで載せられそう。蜂の巣をイメージしたハニカムの名前のとおり、盤面の穴から足の形状まで、とにかく六角形にこだわったデザイン。周りを囲む六角形の焚き火台テーブルとも相性バツグンだ。

道具を通して、自分らしく楽しめるキャンプスタイルを提案するPEAKS増刊『CAMP TOOLS』は、豪華すぎる(重すぎるという説もある)付録が話題を集めた人気ムック。ついにその付録の枠を超えオリジナルのキャンプギアが完成した。

制作を依頼したのは、日本を代表する造船の地、瀬戸内で生まれたキャンプギアブランド「THE IRON FIELD GEAR(以下、TIFG)」。船のパーツ制作から修理、建築などを生業とし、その培ってきた鋼鉄加工の技術を最大限に活かした、重厚かつタフなキャンプギアを次々と生み出している。

職人の手により、鋼鉄の切り出しから、加工、溶接、塗装、組み立て、検品とほとんどの作業を一箇所の工場で行なうベンチメイドスタイル。品質の証がここに詰まっている。

3月24日(木)10時より先行予約開始!Makuakeページはこちら!

焚き火用のゴトクとして使える鉄製の耐熱テーブル

ご承知の通り、昨今はかつてないキャンプブームの真っ只中。同時にソロキャンプというスタイルの需要が増えることで、キャンプギアもどんどんとコンパクトに進化している。もちろん焚き火台も例外ではなく、コンパクトさと軽さ、設営の手軽さに焦点が集まっている。ただ同時に、ゴトクの安定感のなさに不安を覚える場面も多いのではないだろうか。そこでこのハニカムファイヤーテーブルは、「鉄」最大の強みであるタフさと耐熱性を生かし、焚き火台に重ねるように配置することで、盤面全体を大きなゴトクと捉え自由に扱える鉄製の耐熱テーブルにたどり着いたのだ。

小サイズのハニカムファイヤーテーブルを、TIFGの人気焚き火台「タキビイタ(Sサイズ)」と組み合わせたソロキャンプ風景。スキレットで調理しながら、薪をくべられる。

盤面は大サイズと小サイズの2種類、足の長さは、連結することも可能な長短の2種類をセットにて販売を予定している。たとえば大テーブルにはダッチオーブンを載せ、焚き火を眺めながらじっくり煮込み料理に火をいれる。同時に小テーブルでは、シングルバーナーに重ねてケトルで湯を沸かすなど、あなたなりの自由なアイデアで使ってもらえるだろう。

盤面は小(約312㎜)と大(約427㎜)の2サイズ。ねじ込み式の足は長(270㎜)と短(135㎜)の2種類に加え、2本を組み合わせ405㎜まで高くすることが可能。

こちらはクラウドファンディングサイト「MAKUAKE」にて、3月24日より先行予約の予定だ。プライスやリターンの詳細、追加の情報は、ぜひMAKUAKEホームページよりチェックして、新しい焚き火体験を味わっていただきたい。

足を外して重ねるとこんなにも薄くコンパクトに。車載の際も場所をとらず隙間に収納できる。またピッタリと収まるマチなしのデニムトートバッグもセット予定。

3月24日(木)10時より先行予約開始!Makuakeページはこちら!

Info

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load