BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【マックパック】満を持して発表されたNewマックパック。シンプルな機能美が光る最新モデル テ・アラロア

その頑丈なモノづくりで多くのファンを抱えるニュージーランド発祥のブランド、マックパック。日本と同じように雨が多い同国で開発された最新の「テ・アラロア 」は雨濡れにも強く、タフな長い山行でこそ活躍する。

シンプルなシルエットに込められた機能美が誇る最新モデル

日本とニュージーランドには共通点が多い。ひとつは東側に太平洋をもつ島国であること、もうひとつは、それほど広い国土ではないのに急峻な山岳地帯が広がっていること。その結果、両国ともに非常に湿潤な気候で、登山時に雨が降ることもめずらしくはない。

そんな同国を代表するアウトドアメーカーが、1973年にブルース・マッキンタイによって設立されたマックパックだ。ニュージーランドでは山歩きのことを〝トランピング〞といい、それは〝トレッキング〞とは似て異なり、道なき道を行くハードな山行だが、タフな環境で磨かれた製品は、当然ながら日本でも使いやすい。

今季登場の「テ・アラロア」もトランピングというバックグラウンドをもつ同社らしい最新作だ。
全面的に使用されている素材は「アズテックエコLW」 。アズテックは強靭なコットンと腐食に強くて軽量なポリエステルを混紡して両者の長所を組み合わせたもので、表面が雨水でわずかに濡れるとコットン繊維が膨張し、生地の密度が高まって耐水性が増す。そして、さらにワックスと樹脂をミックスした特殊液を浸透させ、防水性はより高められている。アズテックエコLWはそんなアズテックのなかでも最軽量で、オーガニックコットンを使用した環境配慮型の生地なのだ。

テ・アラロアは、荷室へのアクセスにロールトップ式を採用したシンプルな形状である。上部の生地を巻くことで、一般的なリッド(雨蓋)を組み合わせたバックパックよりも内部に雨水が浸透しにくく、悪天候時でも安心して使用できる。荷物の量の増減にも対応しやすく、非常に有用だ。

背面のフォームパネルの上にメッシュを重ね、通気性を重視したハーネスシステムも見逃せない。背中との間に空気を流し込み、蒸し暑い時期にはクールダウンの効果が期待できる。しかも、男性用で容量60L(女性用は55L)の荷物を背負えるのに、とても軽量だ。

どこを見てもマックパックらしいテ・アラロアは、シンプルながら使い勝手がいい。この夏のテント泊山行では大いに活躍しそうだ。

モデル名の由来 テ・アラロア・トレイルとは?

南北ふたつの大きな島が中心となるニュージーランド。南北の島には無数のトレイルが延び、そのなかでも”長い道“という意味をもつテ・アラロア・トレイルは、なんと全長約3,000kmの超ロングトレイル。北島北端のレインガ岬から南島南端のブラフまで歩きとおすには3〜6ヶ月は必要といわれ、多くの人の憧れのトレイルとなっている。

【MEN’s】テ・アラロア60

【MEN’s】テ・アラロア60

マックパック独自の素材アズテックエコLW使用の最新モデル。男性用が容量60L、女性用が55Lとテント泊に向くサイズ。女性用は、女性の体に合わせたハーネスを使っている。

  • ¥46,200
  • サイズ:S2、S3
  • 容量:60ℓ
  • 重量:約1,530g(S2)、約1,570g(S3)

 

【WOMEN’s】テ・アラロア55W

【WOMEN’s】テ・アラロア55W

通気性がすばらしく温暖な時期でも快適なヘリウムエアーハーネス。女性用も骨格に合わせて設計されている。

  • ¥46,200
  • サイズ:W1、W2
  • 容量:55ℓ
  • 重量:約1,460g(W1)、約1,490g(W2)

 

 

▲荷物の出し入れは上部を巻いて留めるロールトップ式。荷物の量に合わせてバックルの留め方を変えられ、内部に雨も流れ込みにくい。

▲正面の大型パネルはサイドのメッシュパネルと一体化、本体の両サイドまでまわり込む巨大なポケットのような収納部分となっている。

フロントパネルには長いファスナーが設けられ、大きなポケットに。行動中にすぐに取り出したいウエアなどを入れるのに便利だ。

ウエストハーネスの左右にはポケット。かなりのマチがあり、見た目以上にモノが入る。行動食や地図、コンパスなどを入れるとよい。

ボトムにはトレッキングポールなどを固定するループも付く。使わないときはフロントポケットに収納でき、引っかかり防止になる。

正面のパネルと連結しているサイドのメッシュパネルには横方向にも口があり、縦/横から荷物を入れてポケットのように活用できる。

メイン生地は「アズテックエコLW」。最軽量のアズテック素材で、高い引き裂き強度と耐久性も実現。環境にも配慮した素材だ。

 

 

企画協力◉ゴールドウイン
tel:0120-307-560 (ゴールドウインカスタマーサービス)
https://www.goldwin.co.jp/macpac/

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load