BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【ドイター】背面通気性のパイオニア。 登山者のためにも持続可能なものづくり。

創業125周年を迎えたドイツの老舗バックパックブランド。1898年にドイツ・アウクスブルグで郵便局の集荷袋製造からスタートしたのがドイターだ。1930年には、汗による背中の濡れを軽減するため、バックパックと背中との間に空間を設けて通気性を確保する背面システムを世界で初めて開発。アイガー北壁初登頂やナンガ・パルパット初登頂などの高所登山をサポートしながら、登山者の快適な背負い心地と背面通気性のドライ感を追求してきた。

機能的な開発だけではなく、環境保全への意識も高い。バックパックはフィールドにおいて登山者にもっとも密接なギア。だからこそよきパートナーでありたいとドイターは考えているからだ。すばらしい登山体験に欠かせない自然環境を守るために、持続可能なもの作りを実施している。

360度の視点で持続可能性をチェックする製品ライフサイクル理念が「360°RESPONSIBILITY」だ。リサイクル素材の採用、製造パートナーとの協力、修理サービスにいたるまでを強化。2020年には、環境負荷が高いフッ素化合物を使用しないPFCフリーの撥水加工を全製品に採用する。機能だけではなく、環境配慮の取り組みにも注目したい。

エアコンタクトコア 60+10

推奨パッキングウェイトが25㎏の大型モデル。思うがままに荷物を詰めても腰70%、肩30%の理想的な荷重バランスで背負える剛性を備える。メインファブリックには100%リサイクル素材を採用。

  • ¥46,200
  • カラー:リーフ×インク、他2 色
  • サイズ:60+10ℓ
  • 重量:2,310g

▲充実の収納力でパッキングをサポート。
フロントとサイドに伸縮性をもつアウターポケット、右側ヒップフィンポケットにはボトルホルダーを装備。

▲ドライ感が持続する快適な背負い心地。
背面パッドは軽く、通気性とクッション性に優れた「エアスペーサーメッシュ」で背中の蒸れを軽減。

 

エアコンタクトライト50+10

軽さを考慮した大型パック。荷物の整理に役立つ2気室構造を採用。体のひねり動作にもしっかり対応するX型フレームを搭載し、快適に背負い続けられる。

  • ¥30,800
  • カラー:アトランティック×インク、他2色
  • サイズ:50+10ℓ
  • 重量:1,640g

 

トレイル30

トレッキングポールホルダーやレインカバー、フロントアクセスファスナーなど便利な機能が充実している中型モデル。肩周りのフィット感が高い構造を採用。

  • ¥29,700
  • カラー:アーモンド×ディープシー、他2色
  • サイズ:30ℓ
  • 重量:1,120g

 

デュラセント 44+10

防水性を備えたロールトップモデル。タフで軽量な素材で、アルパインからロングトレイルまで幅広いスタイルに対応する。ロープホルダーとアックスホルダーを装備。

  • ¥44,000
  • カラー:シナモン×インク
  • サイズ:44+10ℓ
  • 重量:890g

 

【COMMENT】
ドイター担当 山本大貴さん
「360° RESPONSIBILITY」の流れから、リサイクル素材採用の比率が高まっています。持続可能な製品ライフサイクルを目指しながら、私たちのバックパックは登山者の方々といっしょに山や旅先でハッピーでエキサイティングな時間を共有したいと考えています。これからも機能追求と環境保全を両立していきます。

 

 

◯お問い合わせ
イワタニ・プリムス
TEL.03-3555-5605
https://www.iwatani-primus.co.jp/products/deuter/

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load