BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

テントサイト見せてください!CAMP STYLE ①クドウファミリー

キャンプには楽しむ人や家族の数だけさまざまなスタイルがあります。ここでは4組の家族のもとへ訪問し、こだわりのテントサイトを拝見!お気に入りのキャンプ道具やキャンプでの楽しみ方などを教えてもらいました。

CAMP STYLE 1/クドウファミリー
マユコさん、ミトちゃん(4歳)
「midorinotent」の名義でハンターベストのデザインからパターン、縫製まですべてひとりで行なうクドウマユコさん。キャンプ歴は約12年で、娘のミトちゃんは1歳のころからキャンプを楽しんでいる。夫や姉家族とキャンプに出かけることが多い。

親子ふたりで、バックパックひとつキャンプ

もともと登山やトレイルランニングなど、幅広くアウトドアに親しんできたクドウマユコさん。山でも活用している容量30ℓ強のバックパックから出てきたのは、日ごとから愛用している道具たち。「この山岳用テントは10年前に購入したもの。初めは夫婦ふたりで使っていたのですが、いまは家族3人で愛用しています」。
慣れた手つきでテキパキとテ ントを組み立てていくマユコさん。その横で蝶々を追いかけ遊ぶミトちゃん。普段から公園でピクニックを楽しむクドウ家には、いつでも外に出かけられるようにピクニックセット一式がカゴにまとめられている。そのセットにテントや寝袋などをプラスし、バックパックに詰め込んだものが、こちらのキャンプスタイルなのだそう。

やんちゃ盛りなミトちゃんは、水遊びが大好き。いつ濡れたり汚れたりしても大丈夫なように、吸水タオルや着替えは必ず持っていく。

「大がかりな道具は持っていかず、なるべくミニマムにまとめるようにしています。準備や片付けもラクになるので、継続的にキャンプを楽しむコツのひとつですね」。
なるべく手軽に、だけどお楽しみも忘れないクドウファミリーの外ごはんの定番はトルティーヤ。前日までに生地やチリコンカンなどの具材を準備すれば、当日は網で焼くだけでおいしくいただけるそう。「うまく焼けたかな。次は何を焼こう?って家族みんなでのんびりと過ごす時間が幸せなんです」とマユコさんは優しく微笑みながら教えてくれました。

キャンプに持っていくお気に入りアイテム

①木製の食器類
軽量で割れにくく、持ち運びに便利だという木製の食器類。食べ物や飲み物が映えるうえ、手に持ったときの安心感がマユコさんのお気に入り。家にたくさんあるそうで、人数やプランに合わせて選んでいる。

②アストゥカスのキルトポンチョ
寝袋、ブランケット、ポンチョとして多目的に使える優れもの。保温効果のある化繊の中綿入りなので、寒い夜でも快適に過ごせる。また、軽量で耐水性、通気性もバツグン。就寝時はミトちゃんの寝袋として愛用中。

③ミトちゃんの水遊びグッズ
夏場の必携品は、ミトちゃんの水着と水陸両用シューズ。水のなかに入らなかったとしても、遊んで汚れることが多いため、ウエアの下に着用しているのだそう。「ピンクがかわいいでしょ」とうれしそうなミトちゃん。

④敷いたり拭いたりできる布もの
手ぬぐいやバンダナ、吸水タオルや薄手のラグなどさまざまなサイズの布を持っていく。食事の際に下に敷いたり、こぼれたときに拭 いたり、ミトちゃんが濡れたときにバスタオルとして使ったりする。

出典/「ランドネ特別編集 親子でキャンプ コーデ&道具BOOK

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load