BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

山と仲間の思い出を写真に残す方法~前編~│ランドネ山大学ONLINE

山を安全に楽しむための学びコンテンツをYouTubeで配信している「ランドネ山大学ONLINE」。そのテキストブックとなるのが、このページです。
今回はフォトグラファー加戸昭太郎さんに、山でイメージどおりの写真を撮影する方法を習ってきました!

心象に近い一枚を切り取るには

「写真は良い悪いとか、上手い下手とかではないんです。好きか嫌いか、好みなんです」と言う加戸さん。
暗い写真も見方によってはいい表現をしている写真だったり、写真単体で見ると違和感がある写真でも雑誌や広告で使用して文字が載ったときにインパクトのある写真になったりするという。
「上手く撮れないと気にする人は多いですが、それは自分が思ったとおりの写真を撮影できていないのだと思います」。今回は頭に描いた仲間の笑顔や目の前にある山の景色などをイメージに近づけて撮れる方法をレクチャーしてもらった。

白い花を美しく

白い花を撮影するとピントが合わず、白くぼやぼやしたかたまりのように写ることも。「カメラを花に近づけ過ぎると、レンズがピントを合わせられる限界を超えてしまいます。被写体から距離をおき、ズームで撮影するといいですよ」。角度を変えて背景や光のとり込み方を調整するとまた違う繊細さを表現できる

花から少し離れてズームで

花に近づきすぎて、撮りたいポイントにレンズがピントを合わせられない(上)。離れてズームを使って撮影すると思いどおりに(下)。

Photo/アキ(ニコン・D3500)

暗めの背景を選ぶ

葉っぱの影など暗い背景になるところに咲いている花を撮ってみると、白さが強調され浮き上がって見える。

Photo/とらちよ(オリンパス・ペンライト)

背景をぼかす

花から離れてズームし、撮りたい花の部分にピントを合わせて絞りを開く(F 値を下げる)。絞りを開くほど、まわりがぼけて花が際立つ。

Photo/加戸昭太郎

アングルを変える

並んでいる花(右上)もいいけれど、ひとつの花を中心にほかをぼかすの(中)もいい。そのときに手前に映り込む葉を優しく手で押さえると構図のバランスがよくなる。

Photo/加戸昭太郎

逆光を使う

違った雰囲気でも撮りたいなら、逆光(自分の前から光が差す)になる方向から(上)被写体が明るくなりすぎないように調整して撮影するのもよい。※下の写真は順光(撮る方向から光がさす)で撮影

Photo/加戸昭太郎

森と仲間を撮る

森の中では暗いぶん、人がブレてしまったり、仲間が中途半端にフレームアウトしていたり。逆に仲間のいい笑顔を撮影できても、森が白く飛んでしまうことも。「動いているものを瞬間的に撮影するのは難しいので、景色のいい位置を見つけたら、仲間にちょっとそこへ立って! とお願いして、協力してもらうといいと思います」。

高いところに立ってもらう

立っている地面をなるべく映さないように工夫すると背景に森や山並みをより良く写し込める。危なくない岩などを探して乗ってもらおう。

Photo/加戸昭太郎

カメラのアングルを下げる

仲間に2本の木のアーチのあいだに立ってもらい、カメラのアングルを下げることで、樹林帯の奥行きとそのなかを歩いてきたことを表現できる。

Photo/加戸昭太郎

フォトグラファー 加戸昭太郎さん

小誌では表紙や特集の撮影を担う。人物、景色、料理など、被写体は多様。山岳・アウトドア雑誌を中心に活躍

Photo/荒木優一郎

 

mt.ランドネ会員、集合!

今回生徒としてmt.ランドネ会員の有志の方にご参加いただき、鎌倉の低山へ。一眼レフとコンデジ、スマホなど撮影機材はさまざま。山で写真撮影を楽しみたい気持ちは皆いっしょ。

Photo/荒木優一郎

mt.ランドネ会員とは

奇数月にはランドネ本誌、偶数月には素敵なクリエイターさんとコラボしたオリジナルアイテムをお贈りしているほか、会員限定イベントや電子書籍読み放題などコンテンツ盛りだくさんのコミュニティサービスです。初月無料!

コミュニティサービス「Mt.ランドネ」|山とアウトドアをもっと楽しもう【初月無料】

コミュニティサービス「Mt.ランドネ」|山とアウトドアをもっと楽しもう【初月無料】

2022年07月28日

このほかの「山と仲間の思い出を写真に残す方法」はランドネ最新号にて!
ランドネ11月号をAmazonで購入

 

9月26日月曜日の夜、21:00 から配信!
山大学ONLINE 〜山と仲間の思い出を写真に残す方法〜

詳しく学びたい山の知識やハウツウを講師の方々にオンラインで教えてもらう配信イベントを開催。今回のゲストは、小誌の表紙や特集の撮影も手がける加戸昭太郎さん。山で思いどおりの写真を撮影する方法について、Mt ランドネ会員のたのしみ隊のみんなが教わったようすを配信します。

[雑誌]ランドネ 2022年11月号 No.123のP118~、または本記事を含むテキストブックを見ながらYouTube配信をご覧ください!

ランドネ
YouTube チャンネル

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load

x