BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

スノーボード・スキー用ゴーグルおすすめ12選【選び方や曇り止めも】

安全・快適にスノーボードやスキーを楽しむために、ゴーグルは必須のアイテムです。

雪山は天気にかかわらず紫外線が強いため、目をゴーグルで保護する必要があります。また吹雪で目が開けられないときでも、ゴーグルがあれば視界を保つことが可能です。しかし「どんなゴーグルを選べばいいか、わからない!」という方も、きっと多いのではないでしょうか?

本記事では、そんなスノーボード・スキー初心者の悩みを解決するために、以下の点を紹介します。

  • スノーボード・スキー用ゴーグル選び方のポイント
  • おすすめのスノーボード・スキー用ゴーグル12選

記事の後半では、スノーボード・スキーを安全・快適に楽しむために、ゴーグルの曇り対策やお手入れ方法も紹介しています。ぜひ最後までお読みください。

スノーボード・スキー用ゴーグルの選び方のポイント

スノーボード・スキーを安全・快適に楽しむゴーグルを選ぶためには、レンズの選択が最も重要です。ここでは、レンズ選びのポイントを3つ説明します。

ダブルレンズかシングルレンズか

スノーボード・スキー用のゴーグルを選ぶ際には「ダブルレンズ」か「シングルレンズ」かをチェックしましょう。レンズの枚数によって、ゴーグルの使用感は大きく変わります。

ダブルレンズは、2枚のレンズで空気の層を作るため、シングルレンズより曇りにくくなっています。また流通しているゴーグルの大部分は、ダブルレンズです。

シングルレンズは、ダブルレンズよりも構造的に曇りやすいレンズです。ただレンズの枚数が少ないだけに、視界が歪みにくく、安価な製品が多くなっています。

スノーボード・スキー初心者の方には、曇りにくくて、視界が確保しやすい「ダブルレンズ」のゴーグルをおすすめします。

球面レンズと平面レンズ

スノーボード・スキーのゴーグルには「球面レンズ」と「平面レンズ」の2タイプがあります。レンズの形状によって、メリット・デメリットがあるので、チェックしましょう。

【球面レンズ】

  • メリット:空間が広く曇りにくい・強度が高い・距離感が裸眼に近い
  • デメリット:視界が歪みやすい・平面レンズより高価

【平面レンズ】

  • メリット:フィットしやすい・球面レンズより安価・視界の歪みが少ない
  • デメリット:構造的に曇りやすい・衝撃に弱い

購入しやすさは平面レンズに分がありますが、スノーボード・スキー初心者は転倒する回数が多くなるのを考えると、耐久性のある「球面レンズ」がおすすめです。

レンズカラー

ゴーグルのレンズカラーは、スノーボード・スキーのファッション性を高める要素の1つですが、滑走の安全性を優先して選んでください。

状況に合わせてレンズを選ばないと、ゲレンデの凸凹が見えにくく、転倒の原因になります。視界が確保でき、安心してスノーボード・スキーが楽しめるレンズカラーにしましょう。

オールマイティなオレンジ系やピンク系

暖色系のオレンジやピンクは定番の色で、全天候に対応可能です。基本的に暖色系レンズのゴーグルが1つあれば、問題ありません。

スノーボード・スキー初心者の方は、迷ったらオレンジ系やピンク系のレンズを選びましょう。

晴天時のまぶしさ軽減にはブルー系やグレー系

寒色系のブルー系やグレー系は、日光がまぶしい青天の日に最適。特にスモークがかったグレー系は、まぶしさを強力にカットします。

さらに光を遮断したい方には、ミラーレンズも一押しです。

ナイターや屋内ゲレンデならイエロー系やクリア系

まぶしさの少ない状況においては、イエロー系やクリア系のゴーグルがおすすめ。光をさえぎる量を抑えているので、暗い状況でも視界がクリアになっています。

イエロー系は霧の濃い状況やナイター、クリア系はナイターや屋内のゲレンデ向きです。

おすすめのスノーボード・スキー用ゴーグル12選

ここからは、スノーボード・スキー用のおすすめゴーグル12選を紹介します。

実際に装着しないとフィット感はわからないので、気になるアイテムを見つけたら、ぜひ店舗で確認してみてください。

SMITH(スミス) 4D MAG AC Connor Ryan

「クロマポップレンズ」が、スミス史上最高の広く鮮明な視界を実現しています。晴天用と曇天用の2枚のレンズが付属しており「MAGレンズチェンジシステム」によって、簡単にレンズ交換可能。ゴーグル内部の水蒸気をコントロールする、曇り止め機能も魅力です。

  • メーカー参考価格:51,700円
  • レンズタイプ:ダブル・球面
  • レンズカラー:レッド・ブルー

SMITH(スミス) Squad MAG Black

スミスを象徴するモデルとも言えるSquadシリーズ。このモデルにも「MAGレンズチェンジシステム」が搭載されており、レンズ交換の手軽さを実現しています。曇りやすい平面レンズに対し、初めて曇り防止システムを施した同モデルは、快適な使用感で人気です。

  • メーカー参考価格:41,800円
  • レンズタイプ:ダブル・平面
  • レンズカラー:レッド・クリア

OAKLEY(オークリー) Flight Tracker

オークリーのCANOPY(キャノピー)シリーズを進化させたFlight Tracker(フライトトラッカー)はオーソドックスな形なので、多くの人にフィットします。S・M・Lの3サイズから選べ、レンズカラーも豊富。ヘルメットとの相性も抜群です。

  • レンズタイプ:ダブル・球面
  • 対応レンズカラー:7色

公式サイトをみる

OAKLEY(オークリー) Fall Line

Fall Line(フォールライン)は、ゴーグルのフチをなくし、広い視界を実現しました。ハイコントラストのPRISMレンズが、斜面の凹凸を見やすくし、攻めの滑りをしっかりサポート。独自の「リッジロックテクノロジー」で簡単にレンズ交換ができます。

  • レンズタイプ:ダブル・平面
  • 対応レンズカラー:7色

公式サイトをみる

POC(ポック)OPSIN CLARITY

ワイドな視野を提供するOpsinフレームは、ミディアムからラージのフェイスサイズにぴったりです。また3層構造のフェイスフォームを用いたゴーグルは、快適な着用感を実現。クラリティレンズは、雪面の凹凸もはっきりと見せるので、安心して滑走できます。

  • メーカー参考価格:16,250円
  • レンズタイプ:ダブル・平面
  • 対応レンズカラー:7色

公式サイトをみる

POC(ポック) ORB CLARITY

耐久性・柔軟性を兼ね備えた「デュアルコンパウンドフレーム」を採用し、広く歪みの少ない視界を実現。独自レンズのミラーコーティングは、どんな天候でもクリアな視界を提供します。レンズ交換も簡単にでき、状況に応じた仕様に変更も可能です。

  • メーカー参考価格:32,500円
  • レンズタイプ:ダブル・球面
  • 対応レンズカラー:7色

公式サイトをみる

uvex(ウベックス) downhill 2100 VPX

アウターレンズには調光機能が、インナーレンズには乱反射を抑える機能がある最高級モデルです。uvexの社名が「ultraviolet excluded(紫外線の遮断)」に基づくように、紫外線のカットに優れています。日本人にフィットしやすい設計であることも魅力的です。

  • メーカー参考価格:38,500円
  • レンズタイプ:ダブル・球面
  • 対応レンズカラー:1色

公式サイトをみる

uvex(ウベックス) athletic CV

「uvex colorvisionテクノロジー」により、圧倒的なコントラストを実現。またシングルレンズながら独自の曇り止めコーティング技術により、クリアな視界が続きます。メガネをしたまま圧迫感なく装着できる構造も、嬉しいポイント。コスパの高いゴーグルです。

  • メーカー参考価格:18,700円
  • レンズタイプ:シングル・平面
  • 対応レンズカラー:7色

公式サイトをみる

SWANS(スワンズ) RIDGELINE

RIDGELINE(リッジライン)は、メガネをかけたままでも快適に使用できます。またゴーグル内部を換気するシステムがあり、曇りを抑えることが可能。独自のレンズは、周りの環境に合わせて明るさが変わるので、どんな天候にも対応します。

  • レンズタイプ:ダブル・球面
  • 対応レンズカラー:9色

DICE(ダイス)BANK

BANK(バンク)は、DICEを象徴するモデル。大きなフレームなので、メガネをかけたままの使用も可能です。ワンタッチで換気ができる「A-BLOW SYSTEM」を搭載し、レンズが曇りにくい構造になっています。

  • メーカー参考価格:30,800円〜
  • レンズタイプ:ダブル・球面
  • 対応レンズカラー:11色

公式サイトをみる

DRAGON(ドラゴン) R1

フレームがない広い視界が自慢のゴーグルは、バックル式のストラップなので、素早い脱着が可能です。NASAが使用する強力な曇り止め技術や、日本人の骨格に合う設計の採用が快適な使用感を実現。独自のレンズは、日本人の瞳に最適な明るさを提供します。

  • メーカー参考価格:25,850円
  • レンズタイプ:ダブル・平面
  • 対応レンズカラー:5色

公式サイトをみる

GIRO(ジロ) METHOD

METHOD(メソッド)は「EVAKベントテクノロジー」によって、レンズの曇りを抑えることが可能。独自開発されたレンズは、色彩のコントラストを高めてクリアな視界も提供します。顔と触れる部分が3層構造になっており、抜群のフィット感が味わえるゴーグルです。

  • メーカー参考価格:25,300円
  • レンズタイプ:ダブル・平面
  • 対応レンズカラー:13色

公式サイトをみる

レンズが曇ってしまうときには曇り止めを使おう

スノーボード・スキーのゴーグルは、曇り止めの加工や工夫が施されていますが、長く使っていると効果が落ちることもあります。

もしゴーグルが曇りやすくなったら、曇り止めを使って良好な視界を保ちましょう。

SMITH(スミス) NONE FOG SPRAY

スノーボード・スキー用のゴーグルのために開発されたスプレーです。ムースをスプレーから噴出し、専用の布を使用して拭くだけで曇り止めの効果を発揮します。

  • メーカー参考価格:820円
  • タイプ:ムース

公式サイトをみる

YAMAMOTO(山本光学)デミスト3

山本光学(Yamamoto Kogaku)
¥744 (2023/02/20 16:49:43時点 Amazon調べ-詳細)

内側にスプレーをして、さっと拭き取るだけで曇り止め効果を発揮します。レンズの汚れも取れるので、コスパも高いアイテムです。

  • メーカー参考価格:1,210円
  • タイプ:液体

公式サイトをみる

AXE(アックス) 超強力曇り止め液

AXE(アックス)
¥702 (2024/05/20 08:49:53時点 Amazon調べ-詳細)

自動車のケミカルメーカー「SOFT99」とのコラボレーション製品。クリア感や曇り止め効果を、強く・長く持続できる優れものなので、スノーボードやスキーにもぴったりです。

  • メーカー参考価格:880円
  • タイプ:液体

公式サイトをみる

スノーボード・スキー用ゴーグルのお手入れ方法

スノーボード・スキー用のゴーグルを快適に使うためには、お手入れも大事です。長く使うと消耗するのは仕方ないですが、手入れを怠ると安全性にも影響が出ます。

持ち運びの際に他の荷物の下敷きになると、重みでフレームが曲がったり、レンズに傷がついたりする恐れがあります。できるだけケースに入れて移動・保管をしましょう。

またレンズは摩擦に弱いので、強くこすると細かい傷が入ったり、表面が剥がれたりする原因となります。ティッシュや衣服でこするのは厳禁です。専用のクロスや柔らかい布で汚れや湿気を拭き取りましょう。

保管の際は、しっかりと乾燥させることが大事です。ケースに乾燥剤を入れて保管するのがおすすめです。

お気に入りのゴーグルで安全にスノーボードやスキーを楽しもう!

スノーボードやスキーで使用するゴーグルは、目の保護や視界の確保のために必須のアイテムです。

ゴーグルを選ぶ際は、レンズの特性をしっかりと確認して、天候やゲレンデに合ったものを選びましょう。長く使うアイテムなので、快適なフィット感や機能性もチェックしてください。

お気に入りのゴーグルを見つければ、スノーボード・スキーがもっと楽しめるはずです!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load