BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

パタゴニアのおすすめウインドブレーカー12選!人気の理由を徹底解説

高機能で高品質なアウトドアウェアが人気の、アメリカのアウトドアブランド「パタゴニア」。中でも防風性が高く、冷たい風から体を守ってくれるウインドブレーカーは、登山などアウトドアを楽しむ人たちから多くの支持を集めています。

さらにパタゴニアのウインドブレーカーはデザイン性も高いので、ファッションアイテムとしてタウンユースする人も多いアイテムです。

そこで今回はパタゴニアのウインドブレーカーについて、以下の内容で詳しく紹介していきます。

  • パタゴニアのウインドブレーカーが選ばれる理由
  • パタゴニアのウインドブレーカーの選び方
  • パタゴニアのおすすめウインドブレーカー12選!
  • パタゴニアのウインドブレーカーはゴアテックスも注目!

「機能性の高いウインドブレーカーが欲しい」「普段使いできるウインドブレーカーを探している」という方は、ぜひ参考にしてください!

パタゴニアのウインドブレーカーが選ばれる理由

ウインドブレーカーとは、風を通さず冷たい風で体が冷えるのを防ぐアウターです。一枚あれば、何かと活躍します。パタゴニアの人気商品であるウインドブレーカーには、以下の3つの魅力があります。

  • 軽量
  • 撥水性
  • 環境問題への配慮

それぞれの魅力を詳しく紹介していきます。

軽量

パタゴニアのウインドブレーカーの魅力として、まず挙げられるのがその軽さです。定番商品「フーディニ ジャケット」はレディース用が93g、メンズ用でも105gしかありません。使われている薄手のナイロン生地はDWR加工(耐久性撥水コーティング加工)されており、非常に軽量ですが、耐久性が高く、ハードな動きにも充分対応できます。

パタゴニアのジャケットは、本体のポケットに収納可能なパッカブル仕様の製品が多いのも特徴です。軽量でコンパクト収納できるので、荷物の多い登山や徒歩でのキャンプDWR加工(フッ素化合物不使用の耐久性撥水コーティング加工でも負担にならず持ち歩けます。また通勤や通学時にいつもバッグに入れておけば、肌寒い日や小雨の時などに重宝するでしょう。

撥水性

撥水性の高さも、パタゴニアのウインドブレーカーの魅力です。生地に施されたPFCフリーDWR加工(フッ素化合物不使用の耐久性撥水コーティング加工)によって、撥水性も高められています。そのため多少の雨なら、しっかり弾いて充分レインウェアの役割も果たします。

環境問題への配慮

環境問題に積極的に取り組んでいるパタゴニア。製品に使われる生地の多くはリサイクル素材です。リサイクル素材を使うことで、原料になる石油への依存度を軽減し、製造時に発生する温室効果ガス削減に貢献しています。

またDWR加工(耐久性撥水コーティング加工)された生地の多くは、フッ素化合物不使用(PFCフリー)で、環境への負荷を極力抑えています。

さらにパタゴニアでは修理サービスを実施しており、破損してしまった製品でも、修理して再び使うことが可能です。一度購入したものを捨てずに長く使うことは、生産や廃棄において生じる環境への負荷の軽減に繋がっています。

加えて、パタゴニア製品の多くは「フェアトレード認証」された工場で生産されています。フェアトレード認証とは、安全かつ健全な労働条件に関する「フェアトレードUSA」の基準を遵守している工場に与えられるもの。労働者が不利な条件で労働を強いられることを、防止する役割を果たしています。

パタゴニアのウインドブレーカーの選び方

冷たい風をブロックし、体が冷えるのを防いでくれるウィンドブレーカー。ここからは、パタゴニアのウインドブレーカーを選ぶ際のポイントを詳しく紹介していきます。

以下のポイントを押さえて、自分に合うパタゴニアのウインドブレーカーを選びましょう。

  • サイズ
  • 素材
  • 機能
  • メンテナンスのしやすさ
  • 他のアイテムとの組み合わせ

各ポイントを詳しく紹介していきます。

サイズ

パタゴニアはアメリカのブランドなので、サイズ感は日本の国産ブランドよりもワンサイズ大きめです。普段はLサイズを着用している人なら、Mサイズがジャストサイズになります。

公式サイトには、身長や体重、体型についての質問に答えると、自分に合うサイズが分かる「私のサイズは?」という機能があります。この機能を利用して、ジャストサイズを探すのもおすすめです。

素材

ウインドブレーカーに使われる主な素材は、ポリエステルとナイロンです。それぞれの素材に特徴があるので、着用するシチュエーションや自分の好みに合わせて、より適した素材を選びましょう。

ポリエステル

シャカシャカとした生地感のポリエステル素材。速乾性があり、シワになりにくいので、頻繫に洗濯する人に向いている素材といえるでしょう。リーズナブルな価格も魅力です。

ナイロン

ポリエステルに比べ、滑らかな手触りのナイロン素材。非常に軽量でコンパクトに収納できるので、持ち歩きしやすい点がメリットです。またナイロンは摩擦にも強いので、登山など過酷な環境での着用にも向いています。ポリエステルよりはシワになりやすいので、バッグなどに収納する際は注意が必要です。

機能

パタゴニアのウインドブレーカーは、防風性の他に以下のような機能が付いたものがあります。どんなシチュエーションで着用するか考えて、必要な機能付きのウインドブレーカーを選びましょう。

  • 撥水コーティング
  • 防水性
  • 透湿性
  • UPF

撥水コーティング

撥水コーティングとは、水を弾く膜で生地表面を覆う加工のことです。撥水加工されていれば、水が玉状になり、生地表面をコロコロと転がり浸みこみにくくなります。短時間の弱い雨であれば、充分レインウェアとしての役割を果たします。

防水性

生地への水の侵入を防ぐのが防水機能です。登山など過酷な環境でレインウェアとしても着用するなら、長時間の強い雨に耐えられる、防水性の高いウインドブレーカーを選びましょう。パタゴニア製品では、ゴアテックス素材やブランド独自の「H2No素材」を採用したウェアが防水性に優れています。

透湿性

登山やトレッキングなど、汗をかきやすいシチュエーションで着用するなら、湿気を放出してくれる透湿性も重要です。汗をかくと、衣服の中が湿気で蒸れて不快な状態になります。透湿性が高いウィンドブレーカーなら、湿気を放出して衣服内をサラッと快適な状態に保てます。

UPF

UPFとはUltraViolet Protection Factor(紫外線保護指数)の略で、衣服の紫外線防止指数を表しています。数値が高いほど、紫外線を防ぐ効果が高くなります。例えばUPF50+なら、何も着ていない状態と比較して、紫外線で皮膚が赤くなり始めるまで50倍時間がかかるという意味です。

紫外線は服を通しても、肌にダメージを与えます。特に標高の高い場所では紫外線が強くなります。登山では、UPF効果のあるウインドブレーカーを羽織って肌へのダメージを防ぎましょう。

メンテナンスのしやすさ

メンテナンスのしやすさも、ウインドブレーカーを選ぶ際のポイントです。気軽に洗濯機で洗えるものは、清潔を保てるだけでなく、生地の機能性を長く保持できます。

撥水・防水加工されているウインドブレーカーは、洗濯後に乾燥機やドライヤーで熱を加えると、撥水や防水効果が復活します。

他のアイテムとの組み合わせ

ウインドブレーカーは、他のアイテムとのデザインの相性の良さも考慮して選びましょう。一緒に着るインナーやパンツのデザインやカラーに合うものを選べば、チグハグにならずオシャレに決まります。

通勤時も着用するという方は、オフィスでも浮かない、シックなカラーやデザインのウインドブレーカーがおすすめです。

パタゴニアのおすすめウインドブレーカー12選!

ここからは、パタゴニアのおすすめウインドブレーカーを「メンズ」「レディース」に分けて紹介していきます。どんなシチュエーションで着用するかを考慮して、自分にピッタリの一枚を探してみてください。

【メンズ】おすすめウインドブレーカー8選

バリエーション豊富なメンズのウインドブレーカー。アウトドアで活躍する製品だけでなく、タウンユースにピッタリなものもピックアップしました。

Patagonia(パタゴニア) メンズ フーディニ ジャケット

軽量ウインドブレーカーの代表格といえる「フーディ二 ジャケット」。約100gという驚異的な軽さは、できるだけ荷物を軽くしたい登山や徒歩でのキャンプにピッタリです。DWR加工(耐久性撥水コーティング加工)が施された生地は、耐風性はもちろん撥水性も高く、少々の雨なら充分しのげます。またリップストップ・ナイロン生地は非常に薄いですが、強度が高く、枝や岩などに当たってもも簡単には破れません。

  • メーカー参考価格:14,850円
  • サイズ展開:XS、S、M、L、XL、XXL
  • 重量:105g
  • 素材:リサイクルナイロン100%のリップストップ

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア) メンズ トレントシェル 3L ジャケット

ブランド独自の防水透湿素材「H2Noパフォーマンス・スタンダード」を採用し、しっかり雨を防げるレインウェアです。もちろん防風性も高く、ウインドブレーカーとしても活躍します。ゆったりとしたデザインは、登山などの激しい動きを妨げません。カラーバリエーションが豊富でシックなカラーも選べるので、タウンユースにもおすすめです。

  • メーカー参考価格:25,300円
  • サイズ展開:XS、S、M、L、XL
  • 重量:400g
  • 素材:リサイクルナイロン100%のリップストップ

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア) メンズ カルサイト ジャケット

防水透湿素材の代表格「ゴアテックス素材」を採用したレインウェア。防風性とともに、防水性も重視したい方におすすめです。2.5層構造の生地は肌にべたつかず、脇下にはベンチレーションがあり、暑い時期も快適な着心地です。

  • サイズ展開:XS、S、M、L、XL
  • 重量:約406~444g
  • 素材:リサイクルポリエステル100%

Patagonia(パタゴニア) パタゴニア イスマス アノラック

クラシックなデザインがオシャレな、プルオーバー型のウインドブレーカーです。アウトドアシーンだけでなく、ファッションアイテムとしてタウンユースにもおすすめです。撥水加工されており、風はもちろん、多少の雨なら充分しのげるので、キャンプファッションにもピッタリ。UPF40+のUVプロテクション機能付きで、紫外線による肌のダメージを防ぎます。

  • メーカー参考価格:19,800円
  • サイズ展開:XS、S、M、L、XL
  • 重量:553g
  • 素材:ナイロン95%(リサイクルナイロン65%)、ポリウレタン5%

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア) メンズ グラナイト クレスト ジャケット

patagonia (パタゴニア)
¥53,200 (2024/04/12 22:33:12時点 Amazon調べ-詳細)

パタゴニア独自の防水透湿素材「H2Noパフォーマンス・スタンダード」を使用したレインウェア。ストレッチ性があり、登山やトレイルランニングなどの激しい動きを妨げません。使用済みの漁網を使用したリサイクルナイロンが使用されており、購入することで社会貢献にも繋がります。

  • メーカー参考価格:33,000円
  • サイズ展開:XS、S、M、L、XL、XXL
  • 重量:400g
  • 素材:リサイクルナイロン100%のリップストップ

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア) メンズ ストームレーサー ジャケット

200g以下と非常に軽量なレインウェア。トレイルランニングを想定して作られており、トレラン用べストや小型リュックを背負ったまま着用可能です。ファスナーがハの字に開くため、バックパックやハイドレーションにアクセスしやすくなっています。プルオーバータイプに見えますが、右サイドのファスナーが全開するため簡単に着脱可能です。

  • メーカー参考価格:36,300円
  • サイズ展開:XS、S、M、L、XL
  • 重量:198g
  • 素材:リサイクルナイロン100%のリップストップ

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア) メンズ バギーズ ジャケット

日常的に使いやすい、スポーティー過ぎないデザインが魅力のジャケットです。キレイ目スタイルにも合うので、世代を問わずコーディネートに取り入れられます。DWR(耐久性撥水)加工が施されており、風はもちろん多少の雨も防げます。ストレッチ性もあるので、動きやすい点もメリットです。

  • メーカー参考価格:18,700円
  • サイズ展開:XS、S、M、L、XL
  • 重量:456g
  • 素材:ナイロン95%(リサイクルナイロン65%)/ポリウレタン5%

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア) メンズ ナノ パフ ジャケット

DWR加工の生地が使われ、防風性と耐水性が高く、さらに中綿入りで保温性も兼ね備えたジャケットです。中綿入りですが337gと非常に軽量。コンパクトに収納できるパッカブル仕様で、肌寒い時期にバックに入れて持ち歩きやすくなっています。アウターとしてだけでなく、ミドルレイヤー(中間着)としても着用可能で、汎用性の高さも魅力です。

  • メーカー参考価格:28,600円
  • サイズ展開:XS、S、M、L、XL、XXL、3XL
  • 重量:337g
  • 素材:リサイクルポリエステル100%のリップストップ

公式サイトでみる

【レディース】おすすめウインドブレーカー4選

スタイルよく見せたい女性には、女性の体形に合ったレディースモデルのチョイスがおすすめです。人気定番モデルのレディースモデルをピックアップしました。

Patagonia(パタゴニア) ウィメンズ フーディニ ジャケット

patagonia(パタゴニア)
¥17,900 (2024/04/12 22:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

定番ウインドブレーカー「フーディ二 ジャケット」のレディースモデル。羽のように軽いリサイクルナイロンのリップストップ生地を使用しており、100g以下の軽さを実現しています。細めの作りと、背中側の裾が長めのドロップテイルで、フィット感のある動きやすいデザインとなっています。

  • メーカー参考価格:14,850円
  • サイズ展開:XXS、XS、S、M、L、XL
  • 重量:96g
  • 素材:リサイクルナイロン100%のリップストップ

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア)ウィメンズ トレントシェル3L ジャケット

ブランド独自の防水透湿素材「H2Noパフォーマンス・スタンダード」を採用したレインウェア。防風性の他にも、防水性や透湿性、耐久性も優れた一枚です。首周り生地は滑らかな肌触りのマイクロフリースで、快適な着心地です。

  • メーカー参考価格:24,200円
  • サイズ展開:XXS、XS、S、M、L、XL、XXL
  • 重量:354g
  • 素材:リサイクルナイロン100%のリップストップ

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア) ウィメンズ カルサイト ジャケット

鉄板防水透湿素材「ゴアテックス」のレインウェア「カルサイト ジャケット」のレディースモデルです。軽量で肌離れのよい2.5層構造で、携帯性や着心地の良さにも優れています。通気性が高くベンチレーション付きで暖かい時期はもちろん、寒さも防ぐので標高の高い過酷な環境でも使える高機能なジャケットです。

  • メーカー参考価格:38,500円
  • サイズ展開:XXS、XS、S、M、L、XL、XXL
  • 重量:371g
  • 素材:リサイクルポリエステル100%

公式サイトでみる

Patagonia(パタゴニア) ウィメンズ ナノ パフ ジャケット

防風性と耐水性の他、保温性も兼ね備えた中綿入りジャケット。中綿のポリエステルは、少量でも保温性が高く、濡れても機能が低下しない「60グラム・プリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコ」を採用。300g以下と非常に軽量で、季節の変わり目などにバッグに入れて持ち歩きたい一枚です。

  • メーカー参考価格:28,600円
  • サイズ展開:XXS、XS、S、M、L
  • 重量:284g
  • 素材:リサイクルポリエステル100%のリップストップ

公式サイトでみる

パタゴニアのウインドブレーカーはゴアテックスも注目!

撥水や防水機能のある製品を選べば、ウインドブレーカーとしてだけでなく、レインウェアとしても活躍します。ブランド独自の防水透湿生地「H2No」を使ったウインドブレーカーは、しっかり風や水の侵入を防いでくれます。

また登山など過酷な環境で着用する場合は、防水透湿素材の代表格「ゴアテックス素材」のウインドブレーカーがおすすめです。ゴアテックス素材なら土砂降りの雨もしっかり防ぎ、汗をかいても湿気を外に放出するので、快適でドライな状態が保てます。

機能性抜群のパタゴニア製ウインドブレーカーでどんな天候でも快適に!

冷たい風を防ぎ、体が冷えるのを防いでくれるパタゴニアのウインドブレーカー。アウトドアシーンはもちろん、通勤や通学なども日常で使えるアイテムです。

今回はパタゴニアのウインドブレーカーについて、以下の内容で詳しく紹介しました。

  • パタゴニアのウインドブレーカーが選ばれる理由
  • パタゴニアのウインドブレーカーの選び方
  • パタゴニアのおすすめウインドブレーカー12選!
  • パタゴニアのウインドブレーカーはゴアテックスも注目!

パタゴニアには、さまざまなタイプのウインドブレーカーがラインナップしているので、使う季節やシチュエーションに合う一枚が選べます。ぜひ自分にピッタリのウインドブレーカーを選んで、冷たい風に負けずにアウトドアを楽しんでくださいね。

【シーン別】パタゴニアのおすすめキャップ11選!特徴や人気の理由もご紹介

【シーン別】パタゴニアのおすすめキャップ11選!特徴や人気の理由もご紹介

2023年04月14日

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load