BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ヒザと、蹴り足側のハムストリングスを上手に使う方法を教えてください。【ランニングビギナーのための お助けQ&A】

Question

ヒザと、蹴り足側のハムストリングスを上手に使う方法を教えてください。

Answer

ランニングをスムースに行うためには、ヒザは着地とともに曲げて、地面をキックした瞬間に伸びるという一連の動作をスムースに行わなくてはなりません。そして、着地による衝撃を吸収し、前に進む推進力を生み出しているのがヒザなのです。しかし、ヒザの曲げ伸ばしがきちんとできていないと、腰が落ちた状態で走ることになってしまいます。

ヒザをうまく使って走るには、ヒザを的確に曲げ伸ばしする感覚をつかむ必要があります。そこでおすすめなのが、片脚ケンケンです。実際にやってみるとわかるのですが、ケンケンするときに音をたてないようにするには、柔らかいバネのように、ヒザを曲げ伸ばす必要があるのです。ヒザを使えていないと、ズッズッと大きな足音がするはずです。ただし、1歩で大きく前に進もうとすると着地の衝撃で脚を痛めてしまうので、小刻みに前に進むように心がけるといいでしょう。同様に、スキップもおすすめです。ヒザの曲げ伸ばしと足首の滑らかな動きを意識して、音をたてないように行います。こうしたトレーニングを繰り返し行うと、ヒザが自然にうまく使えるようになりますよ。

また、ハムストリングスの使い方ですが、これはそれほど意識しなくても大丈夫です。地面をキックすると、モモが後ろへ流れていくのが自然な動きであり、このとき、ヒザは伸びて骨盤より後ろに位置しているはずです。カカトをお尻につけようと意識して、ヒザを曲げたりする必要はありません。

推測からいくつかのポイントをお伝えしましたが、実際にフォームを見ると、もっと詳しいことがわかると思いますので、ぜひ一度ランニング教室のほうにもいらしてくださいね。

「活動量計」をAmazon.co.jpで見る

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

No more pages to load