BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ランニングビギナーのための お助けQ&A】花粉症なので春は練習がつらいです。ほかのランナーはどうしているのでしょうか。何かよい対策があればぜひ知りたいです!

Question

花粉症なので春は練習がつらいです。ほかのランナーはどうしているのでしょうか。何かよい対策があればぜひ知りたいです!

Answer

春はランニングをするのに気持ちがいい気候なだけに、花粉症対策は気になるところです。花粉は日中に多く飛散するそうなので、可能であれば早朝に走るなど、トレーニングをする時間帯を工夫するのもひとつの方法です。

時間帯を問わず心がけたいのは、やはりマスクやメガネをつけることでしょう。ただし、ランニングをすると呼吸数や量が増えるため、マスクをしていると呼吸しづらく感じるかもしれません。また、内側が湿ってきて不快になることもあります。最近ではスポーツ用マスクも出ていますので、試してみてもいいですね。

スポーツ用のマスクには、酸素をとり入れる細かい穴が開いているので、花粉をブロックしつつ呼吸がしやすいというメリットがあります。もちろん、気にならないようなら、一般的なマスクでもランニングの妨げにはなりません。むしろ少し呼吸しづらい状況をつくることで、呼吸筋が鍛えられるという考え方もあります。できればワイヤー入りのものを選び、顔にフィットさせて使いましょう。

メガネについては、花粉対策用サングラスがおすすめです。立体的な設計で、目の周りをすき間なくガードしてくれます。

練習後は、家の中に花粉を持ち込まない工夫も必要でしょう。つるつるした素材のウエアは花粉がつきにくいので、薄手のウインドブレーカーやキャップをつけて走り、さらに、室内に入る前にウエアや髪を手ではたくと効果的です。それに加えて、速やかにシャワーを浴び、体についてしまった花粉をしっかり落としましょう。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load