【ランニングビギナーのための お助けQ&A】脚よりも上半身に痛みが出ます。特に肩甲骨周りがひどいので、原因と対策が知りたいです。

Question

脚よりも上半身に痛みが出ます。特に肩甲骨周りがひどいので、原因と対策が知りたいです。

Answer

ランニングというと脚の動きに目がいきがちですが、実際は上半身もかなり酷使されている箇所なのです。上半身は下半身と連動して動くため、脚の動きと同じ数だけ腕も振っているということになりますから、上半身に不具合が生じるのはなんら不思議なことではないのです。

対策としては、肩の力を抜いてリラックスして走ること。そのために役立つのが、体幹を鍛えるトレーニングです。たとえば背骨のゆがみを改善すると、骨盤の位置が安定して楽に走れます。姿勢がよくなることで、背中から肩甲骨にかけての動きも滑らかになり、リラックスした状態で走ることができます。まずは腹筋や背筋を鍛えて背骨をしっかり支えたり、腕立て伏せや斜めけんすいを行って、肩甲骨周りの筋肉を鍛えるといいでしょう。効果はなかなか実感できないとは思いますが、フォームは着実によくなっていくはず。正しいフォームで走るとケガや故障の防止にもなるので、結果的にはパフォーマンスのアップにつながります。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RUNNING style TOPへ

No more pages to load