【ランニングビギナーのための お助けQ&A】偏平足なので、走っていると土踏まずが痛くなります。いい対策法はありますか?

Question

偏平足なので、走っていると土踏まずが痛くなります。いい対策法はありますか?

Answer

足裏の土踏まずは、着地時にアーチがつぶれることで衝撃を吸収し、足を守るクッションの役割を果たしています。この土踏まずがへたり込んで、足の裏が平らになった状態を「偏平足」といいます。偏平足は後天的に現れるものがほとんどで、幼少時に外遊びをせず脚を鍛えられなかった、合わない靴をはいていた…など様々な原因があります。

偏平足の人がランニングをすると、着地時に土踏まず部分の「足底筋膜」にストレスがかかり、炎症を起こすことも少なくありません。着地時のフォームも、ヒザが内側に入ってしまうなど崩れがちで、さらに扁平足が進行することも。

一番手っ取り早い対策は、靴の中に専用インソールを入れて、土踏まずをサポートし、偏平足を矯正することです。土踏まず部分にクッションを当てることで、足底筋にかかるストレスをやわらげ、痛みも軽減できますし、フォームの改善にもつながります。

 

LSDトレーニングで“フルマラソンの30kmの壁”を破る!

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RUNNING style TOPへ

No more pages to load