【ランニングビギナーのための お助けQ&A】過去に、じん帯を伸ばしたことがあり、10kmくらい走るとくるぶしが痛くなります。ランニングには向いていないのでしょうか?

Question

過去に、じん帯を伸ばしたことがあり、10kmくらい走るとくるぶしが痛くなります。ランニングには向いていないのでしょうか?

Answer

くるぶしに限らず、じん帯が伸びた経験がある人は、意外と多いと思います。だからといってランニングに不向きということはありませんので、安心してトレーニングを続けてください。ただし、足が痛くなるということはペースのつくり方やランニングフォームが原因の可能性が高いです。一度、練習内容を見直してみては?

古傷というのは、いわば、一生付き合っていかなければならない障害です。古傷が痛くなったらどう対処するか、どれくらいのペースで走れば負担にならないかを知るためには、毎回の練習時にはただ漫然と走るのではなく、じっくりコンディションを確認しつつ走り、痛みが出ない距離、走り方を体で覚えていくことが大切です。

日々の練習のなかでの対策としては、サポート性のあるシューズを選ぶこと。そして、くるぶしをテーピングで固定するといいでしょう。ただし、テーピングは正しく巻くことが重要なので、スポーツトレーナーや柔道整復師など、専門家に巻き方を一度教わってみるといいと思います。自分の体をよく知り、上手に付き合うことが、長く運動を続ける秘訣です!

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RUNNING style TOPへ

No more pages to load