【ランニングビギナーのための お助けQ&A】体が硬くてストレッチがつらいです。タイムが伸びないのと体の硬さとはなにか関係があるのでしょうか?

Question

体が硬くてストレッチがつらいです。タイムが伸びないのと体の硬さとはなにか関係があるのでしょうか?

Answer

体が硬いということは、関節などの可動域が狭いということです。言いかえれば、走り方に余裕がないということです。体の各パーツがスムースに動かないことから、ちまちましたフォームになりやすく、タイムも伸びていかないのです。おそらく、故障もしやすいのではないでしょうか?ですから、ランナーにとってストレッチでトレーニング前に体をほぐすことや、基本的な能力として柔軟度を維持することは重要です。

体が硬いなら、最初は簡単な前屈でもいいので、ストレッチを日常的に行うようにしましょう。つらいと感じる一歩手前で姿勢を30秒キープする、これを繰り返すうちに少しずつ柔軟性はアップしますよ。太モモを伸ばしたり、太モモを後ろに反らせるようなストレッチは特に効果的です。さらに、足裏を壁につけて前屈を行うと、脚の裏側全体がよく伸び、ランニングにとても有効です。

ランニングは“ゆとり”が大事!体が硬いと動きがぎこちなく、ペースも上がりません。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RUNNING style TOPへ

No more pages to load