BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

オンもオフも効率的にラントレできるGPSスマートウォッチ「INSTINCT」のランニング活用術

ランニングのモチベーションを上げてくれるGPSウォッチでありながら、スマートウォッチでもあるGARMIN「INSTINCT」。忙しいビジネスマンも楽しく走れる魅力的な機能とは?

ランナーが欲しくなる光学式心拍計付きGPSスマートウォッチ

ペースや心拍などの走行データを管理するためのマストアイテム、スポーツウォッチ。いまやGPS機能付きモデルは当たり前となり、そのうえで普段使いもできるスタイリッシュなデザインや軽さも選ぶポイントとして注目されている。

この「INSTINCT」は、光学式心拍計をはじめとする本格的なスペックを押さえつつ、スマートウォッチの機能も合わせもつのが特徴だ。ハイエンドモデルを敬遠していたファンランナーも手にしやすい価格で、より気軽に、効率的なラントレを楽しむことができる。

「GARMIN INSTINCT」

距離、スピード、ピッチ、心拍などを計測し、効果的なワークアウトを実現するGPSウォッチ「INSITINCT」。消費カロリーやステップ数(歩数)の計測も可能で、本格的なトレーニングからフィットネスとしてのファンランまで幅広く対応。心拍計はベルト不要の光学式を採用し、スマホと連動することでメールやスケジュールの通知も受信可能だ。

GARMIN「INSTINCT」の詳細はコチラから。

GARMIN INSTINCT

手軽な光学式心拍計「Garmin Elevate」

めんどうなベルトを装着せず、時計を手首に装着するだけで心拍を計測できるのは、初めてスポーツウォッチを手にするビギナーにとってもありがたいもの。しかし、GARMINが優れているのは、その測定精度の高さ。一般的な光学式心拍計は汗や振動、ランナーの姿勢やスタミナ消費の起伏など、さまざまな外的要因によって測定が難しいとされているが、GARMINは独自のアルゴリズムでノイズを除去し、心拍数をより正確に計測、そしてスムーズにリアルタイム表示できる。心拍データを重要視するランニングにとって大きなポイントで、プロランナーもこぞって使用している理由が伺える。

日々のアクティビティを「Garmin Connect Mobile」で可視化

GARMINの専用スマホアプリ「Garmin Connect Mobile」と連携することで、日々のアクティビティをわかりやすく可視化できるのもポイント。距離やカロリー、運動強度、心拍はもちろんのこと、アプリの地図上ではランニングログ(走ったルート)も見ることができる。ランニング中はトレーニングに必要な項目だけを時計から手軽に読み取り、その他の情報はスマホからしっかりと把握することで、ワークアウトの分析と目標設定を効果的に行うことができるのだ。本格的なスポーツウォッチでは「活用の仕方がわからない……」と悩んでしまいがちな人でも、自分なりの見やすい指標でトレーニングを楽しむことができる。

スマホからの通知確認や音楽の操作もカンタンに

スマホとの連携は、走行データやトレーニングの管理以外でも有効だ。一般的なスマートウォッチと同じく、スマホに来たメールやLINEを通知してくれるので、走りながらいちいち気にしたり、取り出すために立ち止まったりする必要がないのはうれしい。また、ランニング中にスマホで音楽を聴くランナーは多いと思うが、再生や停止、曲送りなどの基本操作もこのINSTINCTで行えるのだ。スマホとの接続方式はBluetoothを採用し、誰でもカンタンにスタートできる。

ファンランナーもシリアスランナーも納得のスグレモノ

ランニングを楽しむ人にとって、スポーツウォッチはレベルを問わず欠かせない存在だ。どんなレベルの人であれ、日々の努力が可視化され、新しい目標や課題を発見できるのは素直にうれしいはず。だがいっぽうで、これまでのランウォッチはランニングに特化はしていたものの、それ以外、あるいはよりライトなシーンでの使い勝手はいまいち(というよりもオーバースペック)だった。実際、年数回イベントに出る僕のようなファンランナーの場合、時計をしている時間の多くはランニング以外のことがほとんどで、その時間もずっと使える万能な時計があったら……という思いがあった。このINSTINCTは、その願望にこれ以上なくマッチングしている。

普段使いができるからこそ、ランへの励みになる

実際に使ってみると、モノクロームディスプレイのよさにも気付くことができる。マルチなスペックをもつ時計ほどカラー液晶画面を採用していて、INSTINCTは一見華やかさに欠けるように思われるかもしれないが、太陽光がぎらつく屋外では、明らかにこちらのほうが視認性に優れている。そして、アメリカ国防総省MIL規格準拠の「防水性」「耐衝撃性」「耐熱性(高温・低温)」を備えたタフな作りと、腕にはめた感覚を忘れるほどの軽い装着感も大きな魅力だ。

ランニング中もそうでないときもずっと付けていられる使い心地は、見た目からは想像できないほど快適そのもので、意外にも日々のアクティビティすべてを自覚するいいキッカケになる。朝ラン中、仕事の合間、1日の終わり……さまざまな瞬間が自分のライフスタイルを見つめ直す時間に変わり、トレーニングのために走っていた自分が、もっと走れるようになりたくなってさらにトレーニングをするようになっていた。

INSTINCT―本能―のままに、明日も気持ちよく走り出せそうだ。

 

GARMIN INSTINCT
(ガーミン・インスティンクト)

  • 32,800円(税抜)
  • 本体サイズ:45.0 x 45.0 x 15.3 mm
  • 重量:52g
  • ケース素材:繊維強化ポリマー
  • レンズ素材:化学強化ガラス
  • ディスプレイタイプ:モノクローム半透過メモリインピクセル
  • ベルト:シリコン、QuickFit 22 mm ウォッチバンド対応
  • 電池:充電式リチウム電池
  • 防水等級:10 ATM
  • 接続機能:Bluetooth、ANT+

GARMIN INSTINCT

 

Instagramで「INSTINCT」プレゼントキャンペーン実施中!

GARMINのロングセラー「INSTINCT」を使って、遊びたい景色や風景をInstagramで投稿すると、抽選で3名様に「INSTINCT」をプレゼント!応募方法や詳細は下記InstagramのGARMIN公式アカウントから。
#マイファーストガーミン2
プレゼントキャンペーン

 

INSTINCTシリーズのおすすめ記事はこちらから。
https://funq.jp/feature/garmin-202003/

 

問い合わせ:ガーミンジャパン
https://www.garmin.co.jp/

SHARE

PROFILE

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

No more pages to load