BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

山でも街でも! プラスアルファがうれしいGARMINのGPSスマートウォッチ「INSTINCT」

山道具の中でも一番と言ってもいいほど著しい進化を遂げているのが時計の分野。基本性能はもちろん、それ以外でも登山者にはありがたい機能たっぷりなGARMINのGPSスマートウォッチ「INSTINCT」は、山好きなら間違いなく使える一本だ。

基本性能に「使える機能」が加わったGPSスマートウォッチ

以前は高度、気圧、コンパスといった基本の機能があれば十分と思われていた山用の時計だが、ここ数年は急速に進化が進み、位置情報を補足してログデータを残したり、スマートウォッチとしてスマホと連携させるということが当たり前になりつつある。しかし、どの機能をどれくらい使うかは登山者によってさまざま。今回注目したGARMINの「INSTINCT」には「これがあったらいい」という機能がちょうどよく備わっている。

「GARMIN INSTINCT」

GARMIN「INSTINCT」は、山で使われる時計のABC機能(A=高度計、B=気圧計、C=コンパス)はもちろん、同ブランドならではの精度で位置情報を補足、活用できるGPSを搭載したスマートウォッチ。アメリカの国防総省MIL規格準拠の「防水性」「耐衝撃性」「耐熱性(高温・低温)」などのテストをクリアしており、過酷な使用条件になりがちな山でも安心だ。さらには心拍計も備えているのも大きな特長。詳しくは以下で紹介していこう。

GARMIN「INSTINCT」の詳細はコチラから。

GARMIN INSTINCT

頻繁にチェックする高度、気圧、コンパスが視認しやすい

時間の確認以外で山でよく使う機能と言えば、やはり高度計、気圧計、コンパスのABC機能。とりわけ高い山に登るときなどは「いま標高何メートルだろう?」と気になり、高度計をちょくちょくチェックするという人は少なくないはず。スマホのマップアプリを使って位置をチェックするという人も増えているが、このように必要な情報がシンプルに表示されるので、直感的にすばやくチェックできる。デバイスの操作や確認で、いちいち足を止める必要がないのだ。現在の高度のみでなく、累積で登った、下った標高差なども確認できる。また、心拍数も同時に表示されるので、目的に合わせた登山ペースの管理も可能だ。

なお、位置情報に関しても4システム(GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星みちびき・補完信号)が利用できるので、高精度な情報が取得可能。登山開始時からログデータを記録していれば、「トラックバック機能」を使い、歩いてきた道をそのままたどって戻ることができる。また、スマホアプリ「Garmin Connect Mobile」を活用すれば、実際の登山ルートをアプリの地図上で振り返ることもできる。

スマホと連携させれば、SNSメッセージや着信が確認できる

携帯対応サービスエリアが山でも広がり、いまや登山中にSNSを投稿したり、メッセージを確認することが当たり前になってきている。この「INSTINCT」はスマートウォッチ機能も備えており、Bluetoothでスマホと連携すれば、スマホを取り出さずとも時計上で着信、SNSメッセージの確認などが可能。腕元での振動による通知は、登山中でも見落とすことなくしっかりと確認できるのでうれしい。たとえば重要な電話や返信が必要なメッセージなどには迅速に対応し、急ぎでないメッセージ通知などはのちほど確認するなど、いちいちスマホを取り出さずともすぐに判断できる。

普段でも使いたくなる「ライフログ機能」

「山に行くのはたまにだから、高機能な時計は必要ないかな……」という人も少なくないはず。だが、この「INSTINCT」は普段から使えるスマートウォッチだから、山専用にするのはもったいない。その理由のひとつが「ライフログ機能」。この「INSTINCT」は脈拍数(心拍数)の変動や体の動きからから、ストレスや睡眠のレベルなどを表示してくれる。山だけでなく、日常的に使用すれば、日々の健康管理に役立てることができる。さらにスマートフォンアプリ「Garmin Connect Mobile」を活用すれば、計測したライフログをスマホで管理することも可能だ。

バランスの良さこそが「INSTINCT」最大のポイント

登山地図が内蔵されているなど、単独の機能ではこの「INSTINCT」より高い性能を持つ時計はあるが、この「INSTINCT」は数々の機能をバランス良く高いレベルで内蔵しているのが大きなポイント。高度計、気圧計、コンパス、高精度な位置情報取得などはもちろん、最大14日間(GPSを稼働しないスマートウォッチモード)稼働するバッテリーのもちの良さ。アメリカの国防総省のMIL規格に準拠したタフネス性能、ストレスや睡眠のレベルなどを記録できるライフログ機能など、「それ以外」の機能が充実しているのがこの時計最大のメリットだ。

ちなみに日の出・日の入りの時間を、通常の時計表示の際にそれぞれ常時表示させることができるのだが、日の出の後に日没の時間、日没の後に日の出の時間と、次にチェックしたいものが自動的に表示されるのが個人的にありがたいと感じた。日の出・日の入り時間の表示自体は特別な機能ではないが、その表示のさせかたが秀逸。「INSTINCT」は、まるで気の利く友達のように「次に必要なのはこれでしょ」と気遣ってくれる。使っているうちに愛着が湧いてきてしまった(笑)。

買いやすい価格なのに、オンもオフも大活躍

山で使える基本性能、タフネス性能に加えて、日常生活でも役立つライフログ機能を搭載。これでいて、32,800円(税抜)という価格は冷静に考えるとマトモではないかもしれない。全方位的な高いスペックに対して、圧倒的にリーズナブルな価格なのだ。

これまで山の時計は高いし、でもそのわりにあまり使う機会もないし……、と思っていた人にこそおすすめしたい。正直、山で使わない街専用時計と考えても十分な価値があるが、やはりこの時計の真価は山でこそ発揮される。

オン・オフ問わず活躍してくれるこの「INSTINCT」は、間違いのない時計なのだ。

GARMIN INSTINCT
(ガーミン・インスティンクト)

  • 32,800円(税抜)
  • 本体サイズ:45.0 x 45.0 x 15.3 mm
  • 重量:52g
  • ケース素材:繊維強化ポリマー
  • レンズ素材:化学強化ガラス
  • ディスプレイタイプ:モノクローム半透過メモリインピクセル
  • ベルト:シリコン、QuickFit 22 mm ウォッチバンド対応
  • 電池:充電式リチウム電池
  • 防水等級:10 ATM
  • 接続機能:Bluetooth、ANT+

GARMIN INSTINCT

 

Instagramで「INSTINCT」プレゼントキャンペーン実施中!

GARMINのロングセラー「INSTINCT」を使って、遊びたい景色や風景をInstagramで投稿すると、抽選で3名様に「INSTINCT」をプレゼント!応募方法や詳細は下記InstagramのGARMIN公式アカウントから。
#マイファーストガーミン2
プレゼントキャンペーン

 

INSTINCTシリーズのおすすめ記事はこちらから。
https://funq.jp/feature/garmin-202003/

 

問い合わせ:ガーミンジャパン
https://www.garmin.co.jp/

 

 

PEAKS 2020年4月号 No.125の購読はこちら

『PEAKS読み放題プラン』なら月額500円(税別)で、最新号含む過去のPEAKSと関連ムック60冊以上が電子版で読み放題!たくさんのPEAKSをスマホに詰め込んで、山登りをもっと快適に、もっと深く楽しもう!

PEAKS読み放題プラン

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load