BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

さらば、ヒザ痛! 腸脛靭帯炎!|芥田晃志の体も心も痛めないスゴ技炸裂塾!

ランナー同士で話していると「チョーケェー痛い」ってよく聞きませんか? これはヒザ外側の靭帯付着部が痛くなることで、それを「腸脛靭帯炎」といいます。別名で「ランナーズニー」とよばれるほど、ランナーに多く出るトラブルの一つです。

腸脛靭帯の痛みの原因は日頃のクセにある

“腸脛靭帯” が痛むほとんどの理由は、走りかたが悪いのではなく、じつは股関節のバランスの崩れや日頃のクセが原因なんです!

①脚を組むクセがある。
②床に座るときに横座りをすることが多い。
③立っている時間が長く、片方の脚に体重をかけて立っていることが多い。

このような日常の何気ないクセが、股関節からヒザまでの太モモ内側の筋肉を縮めてしまいます。筋肉は縮んだときの長さで形状記憶されてしまうもの。その縮んだ太モモ内側の筋肉が外側の筋肉とのバランスを崩し、腸脛靭帯を伸ばした状態にします。そして、ランニング中の着地のたびに、腸脛靭帯に伸ばされたり擦れたりといったストレスがくわわり、お馴染み「腸脛靭帯炎」となるわけです。

改善策としては、日常生活のクセを直し、体の左右差を無くし、バランスを整えることが大切。こまめに股関節内側のストレッチを取り入れ、日頃から左右バランスを心がけてみましょう。また、レース中やレース後のケアには、テーピングを活用するのもおすすめ。下記で紹介しているので、ぜひ試してみてください!

改善法

  1. 脚を組んで座らない
  2. 横座りするときは片側だけに偏らない
  3. モモ内側のストレッチをこまめに行う
  4. あらかじめテーピングを貼ってから走る

【予防法】
レース後のケアにもテーピングがおすすめ

レース中の「腸脛靭帯炎」による痛みが心配な人は下のテーピングがおすすめ。レース後のケアにも使えるのでぜひ試してみてください!

貼りかた

<STEP1>
ヒザが45度になるように椅子に座り、モモ外側を揉んで違和感のあるライン(腸脛靭帯)を探す。

<STEP2>
STEP1で見つけたラインにテープの中央ラインが合わさるように貼りつける。このとき、テープを伸ばさず置くように貼り、しっかり圧着することがポイント。

教えてくれた人

テーピングトレーナー/芥田晃志さん

ニューハレテーピングトレーナー。マラソンやトレランなどの市民ランナーからトップアスリートまで、幅広い層のボディケアを行う。

出典

SHARE

PROFILE

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

No more pages to load