BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

コンスタントに釣果を得られる! 石垣島パヤオのキハダゲーム【前編】

パヤオのキハダゲームというと久米島が有名だが石垣島のパヤオゲームも釣果が良く熱い。そんなことからプロショップ・ヘッドアンドテイルの古谷氏は、年に数回、お客さんともに訪れている。カンパチやGTなども狙える島であるが、ここではパヤオゲームについて解説してもらった。

石垣パヤオと釣りシーズン

沖縄・石垣島は私の住む大阪からは直行便が就航しており、約2時間半。沖縄本島からは400km以上離れ、台湾まで240kmという亜熱帯の島である。この石垣島への釣行は、以前はGTやイソマグロ、カンパチ狙いで通うことが多かったのだが、ここ数年はパヤオ(浮漁礁)で大型のキハダがほぼ毎回釣れるため、キハダメインでの釣行が多くなった。

▲石垣島のパヤオ。太平洋側と南シナ海側にパヤオが数基設置されている。水深は1000m~2000mとパヤオの中でも深い。

キハダのポイントは、太平洋側と南シナ海側にパヤオが数基設置されており、そこがメインとなる。水深は1000m~2000mとパヤオの中でも深い。このパヤオで遊漁をするには、朝8時から5時までと決まっているため、出船は意外と遅いのも特徴である。

▲パヤオで遊漁船が楽しめるのは、朝8時から夕方5時までと決められている。そのため出船時間は遅い。

以前はパヤオの潮上300m位からパヤオの際を流して探ったのだが、最近ではソナーでマグロ本体を探し、その反応に対してピンポイントで探り釣ることが多い。この方法で大型が釣れるようになった。

ちなみにパヤオのそばは小型が釣れすぎるので、資源保護も考えあまり狙わない。

狙うシーズンとしては、石垣のキハダはほぼ周年狙えるのだが、冬場12月~3月や台風時8月~10月は時化で出船できないことも多い。天候が安定して20㎏~30kg級が数釣れるのは4月~7月となる。そのシーズン以降の夏場も釣れるのだが、台風の時以外は無風であり、あまりの暑さでアングラーがまいってしまうため、釣行を避けている。

ヒットするキハダサイズと大型の個体の実績

トップウォーターで探ってヒットしてくる場合は、ジギングよりアベレージが大きく、15kg~35kg位が多い。この時、3kg位の小型も20cm以上のルアーに果敢にアタックしてきてしまう。

石垣島のパヤオの釣りは、50kg以上の大型は少ないのだが、以前通っていた船の大型記録は93kgである。ちなみに新月の日に集魚灯のマグロ漁では、50kg~70kgと大型ばかりがヒットしているようだ。

私は、昨年、一昨年と年間3回くらいの釣行で40kg級1本、30kg級5本、20kg級10本くらいは釣り上げている。いつも5人くらいで釣行を組むことが多いが、ほとんどの参加者が20kg級をゲットしている。
 
5月~6月はウシシビと呼ばれる、クロマグロの200kg以上の大型が接岸するが、ルアーでは無理がある。このウシシビは、毎年何本かはトップウォーターで掛かっているのだが、PE12号のタックルを準備することが必要だろう。他にも春先はカジキのヒットやチェイスも多い。

古谷流タックルセレクト

私が石垣のパヤオに持って行くタックルは、グローブライドのソルティガエアポータブルシリーズ。キャスト用は3本継で、ジギングは2本継で仕舞寸法は1m位になるのでクロネコヤマトやゆうパックでも送ることができて便利である。

キャスティングモデルは、XXH、XHなど大型に対応できるもの。ジギングもHクラスを1本持ち込む。リールは20000、18000、14000番。PEは、キャスティングは8号、6号、5号にリーダーはナイロン130~170lbを2ヒロ接続する。ジギングはPE4号に、フロロ60~80lbを3ヒロ結ぶ。各リールにはメインラインを300m以上巻いておく。

▲ロッドは、航空便で持ち運びしやすいソルティガエアポータブルシリーズを愛用。リールはソルティガシリーズなど、信頼できる強度、ドラグ性能を備えたものを用意したい。

ルアーは細身のポッパーの200~250mmが実績が高く、トランペット230、トミペン200、ダイワバブルメイカー、尺ペン3/2などを使用している。またペンシルプラグは180~220mmで、ドラドスライダーⅡ190F、ドラドスライダー18F、トミペン200をセレクトしている。

ジグは160~300gとなる。KYジグ、TBジグなどロング系に大型がヒットする傾向がある。一昨年は35kgのキハダをジグでもキャッチした。

▲ポッパーは細目の200~250㎜が良い。トランペット230、トミペン200、ダイワバブルメイカー、尺ペン3/2などをセレクト。またペンシルプラグは180~220㎜で、ドラドスライダーⅡ190F、ドラドスライダー18F、トミペン200を愛用している。ジグは160~300gのロング系を使用している。

【この記事は2017年2月現在の情報です】

石垣島パヤオのキハダゲーム【後編】はこちら>>>

コンスタントに釣果を得られる! 石垣島パヤオのキハダゲーム【後編】

コンスタントに釣果を得られる! 石垣島パヤオのキハダゲーム【後編】

2021年08月22日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load