BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ブリジギングのタックルセレクト|Part 1

いまやブリジギングと言ってもそのスタイルは多岐にわたる。分類の境界線は曖昧だが、いわゆるオーソドックスなジギングに対してライトジギング、スーパーライトジギング(マイクロジギング)のように、より軽量のジグやタックルを使うカテゴリーがあり、さらにはスロー系のジギングや電動ジギングといった釣りもある。

そんなカテゴリー別、エリア別の各論は他の記事に任せ、ここではロッド、リール、ジグなどについて知っておくべき基礎知識をまとめて紹介。全3回でお届けするPart 1では、基本的なタックル、そしてスピニングタックル&ベイトタックルの違い、ラインシステムについて解説する。

ブリジギングのスタンダードな道具立て

ブリジギングの王道であり、最も一般的なジギングのスタイルは、イワシやアジ、サバなどのベイトフィッシュをイメージして100~200gのジグでボトムを攻める方法。これらのベイトフィッシュはどのエリアにもいるポピュラーな存在で、サイズ感も様々。応用範囲が広く、よほど特殊な条件でない限り、いつでもどこでも通用する基本形だ。

もちろん、応用範囲が広いとはいってもワンタックルですべてをカバーできるわけではない。使用するジグのサイズや潮流の速さなどによって、ヘビータックル、ミディアムタックル、ライトタックルなどいくつかのタックルが必要となる。大型魚を想定したものであれば、ライトな番手でもパワーやトルクを持たせた設計になっている。

ライトと言えば、カテゴリーとしての「ライトジギング」もあるが、こちらはタチウオやマダイなど近海のターゲットをいかに楽しむかという目的で発展したものであり、パワーやトルクよりも軽快な操作性や繊細さに特化した仕様のロッドが多い。

さらに、これよりも小さなベイトフィッシュに対応するのがスーパーライトジギング(マイクロジギング)。ターゲットが小さなベイトを食っているときや、人為的なプレッシャー等で大きなジグに反応しないときがこのタックルの出番だが、ブリ族では若魚のイナダ(ハマチ)、ワラサ(メジロ)までが主な相手。使うジグの軽さゆえ、大型のブリが潜むディープや激流の攻略は困難であることから、ブリ専用タックルとしての重要度は低い。

もちろん、大きな魚を釣るために、あえてライトなタックルを使うことも普通にあるし、小さなジグを使っていても大きなブリが来ることはある。必ずしも竿の強さ=魚の大きさではないのだが、ジグを動かすポテンシャルで考えるとその差は大きい。

一例として、オーソドックスなジギングとライトジギングの境界線は曖昧で、それぞれのカテゴリーで使うジグウエイトがかぶることはよくあるが、どちらもそのウエイトのジグをガンガンしゃくることができるかというと、そうではない。ロッドパワーの差は、ジグをしゃくるパワーの差でもある。

どちらが使いやすい? スピニングとベイトの違い

スピニングタックルの特徴は、(1)構えた時にリールがロッドの下側に来ること、(2)ロッドのグリップをしっかり握れること、(3)ラインの放出、巻取りの際スプールが固定されていること、(4)ベイトに比べてドラグの微調整がしやすいため、より細いラインを使えることなど。

▲スピニングタックルはリールを下にセットし、グリップを握り込んで使う。ラインを放出するときも巻き上げるときもスプールは固定されている。

いっぽうベイトタックルは、(1)構えた時にリールがロッドの上面にセットされること、(2)グリップはリールを手のひらで包み込むパーミングスタイルであること、(3)ラインの放出、巻取りの際にスプール自体が回転すること、(4)太いラインを巻いてもクセが付きにくく、ヨレや摩擦によるライン劣化が少ないこと、などが特徴と言える。

▲ベイトタックルはリールを上にセットし、手のひらで包み込むようにホールドして使う。ライン放出時と巻き上げ時はスプール自体が回転する。

このような違いから、スピニングタックルの特性が活きるのはハイスピードジャークやジャカジャカ巻きなど、主にジャークを主体とした「上げ」のジギング。下側にリールをセットする構造ゆえ、激しいジャークにも高い安定性を維持できる。

逆にベイトの特性が活きるのは、レンジを細かく探る釣りやタナの調整が必須の釣り。フォールを多用する「下げ」のジギングではベイトリールが有利だ。クラッチレバーひとつでスプールをフリーにできるため、ジャークとフォールの切り返しも容易だ。また、近年ジギングでも使われる機会が多くなった水深表示カウンターも、ベイトリールならではの機構である。

ラインはPE2~4号。リールはタフネスも重視

ラインシステムだが、比較的浅いエリアを軽量ジグで攻めるケースではPE1.5号から2号、標準的なミディアムタックルではPE2号から3号、最もヘビーな仕様でもPE4号あたりまでが目安。ショックリーダーは、魚のサイズや釣り場の状況に応じてフロロカーボンの40~80lbをチョイスすることが多い。

PEラインには4本編み(4ブレイド、×4などと表記)、8本編み、12本編みとあり、編み込み本数が多くなるほどしなやか。糸鳴り(ラインがガイドに擦れて音を発すること)も少ない。現状、ジギングで最も多く使われているのは8本編みだろう。

編み込みの工法はメーカーごとに工夫を凝らし、より緊密になりつつある。きっちり編み込んだPEは細く、伸びが少なく、感度やパワーの伝達性能に優れる等の利点もある。細いことで、ラインキャパを大きくとれることもメリットの一つだ。

いずれのタックルを組む場合でも、リールは使用する号数のラインが200~300mほどは巻き込めるキャパシティがあり、防水性と剛性に優れたものが理想。ハイエンドクラスのリールなら申し分ないが、各社の中級以上のグレードであれば、耐久性や巻き取りの滑らかさ、ドラグ性能など、必要な要素を高い次元で満たしていると思って良いだろう。

ジギングではリールにかかる負担も大きいので、繰り返しのジャーク&リトリーブに耐える機種でなければ勝負にならないと心得よう。

ギア比(巻き取りスピード)は速いもの、遅いものいろいろあるが、一巻きでより多くのラインを回収できるハイギアタイプは巻き上げを短時間で行えるほか、ラインスラックを素早く巻き取れるため、着底からの動き出しが早く(根掛かり防止にもつながる)、巻き合わせを行いやすいなどの利点がある。いっぽう巻取り速度が遅いローギアタイプは、トルクが強く巻き上げが楽であるほか、ジグが大きく動きすぎるのを抑えるというメリットがある。

ハンドル一回転で巻き取れるラインの量はスプールの径にもよるので、比較の際はギア比のみならず最大巻き上げ長の数値もチェックすると良い。

ブリジギングのタックル例

●LIGHT TACKLE
※水深50m前後、ジグ100g前後を想定
ロッド:ライトパワー・4オンスクラス
リール:小型~中型
PEライン:1.5~2号
ショックリーダー:フロロ30~40lb
メタルジグ:80~120g

●MEDIUM TACKLE
※水深100m前後、ジグ150g前後を想定
ロッド:ミディアムパワー・6オンスクラス
リール:中型
PEライン:2~3号
ショックリーダー:40~60lb
メタルジグ:120~180g

●HEAVY TACKLE
※水深100m超、ジグ200g超を想定
ロッド:ヘビーパワー・8オンスクラス
リール:中型~大型
PEライン:3~4号
ショックリーダー:60~80lb
メタルジグ:180~250g

【この記事は2019年10月現在の情報です】

ブリジギングのタックルセレクト|Part 2はこちら>>>

ブリジギングのタックルセレクト|Part 2

ブリジギングのタックルセレクト|Part 2

2021年12月13日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load

x