BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ヒラマサと肩を並べる人気ターゲット 千葉・外房のブリ|Part 3

千葉・外房。言わずと知れた、日本を代表するヒラマサルアーゲームのフィールドだ。それゆえ、かつてはワラサやブリはヒラマサのゲスト的な扱いだった。ところが近年は、ワラサ・ブリもひとつのメインターゲットとして捉え、人気が高まっている。

ここでは、そんな外房のワラサ・ブリゲームについて、「マングローブスタジオ」の上屋敷隆さんにその概要や攻略法を聞き、全3回に渡って紹介。Part 3の今回は、ジグのウエイトについて解説する。

水深と潮速によりジグウエイトを使い分ける

上屋敷さんが使用するジグは、マングローブスタジオの「ワイプMID」。ウエイトは130g、150g、そして180gがラインナップされている。外房では船の流し方はドテラがメインとなるため、上屋敷さんは水深と潮の強弱によってウエイトを使い分ける。

▲上屋敷さんが外房のジギングで使用する「ワイプMID」。ウエイトは130g、150g、180gの3種類がラインナップ。外房エリアのベイトサイズに合わせるために、シルエットはできるだけ変えずに、ウエイトだけを変化させているコダワリの仕様だ。

まずは水深10~30mのケース。

「水深が浅いので、キャストして広範囲に斜め引きで狙います。潮が緩い場合はジグは130gで、潮が速いケースでは、流れに負けないよう150gを使います」

▲根周りで狙って獲ったヒラマサ。ジグは「ワイプMID 150g」だ。

水深が30~50mの場合は、

「潮が緩いときはべベルポジションからバーチカルに近づくため、フォール速度がちょうどよい150gを使用します。潮が速いケースでは、ジグが流されてバーチカルからべベルポジションとなり、2~3回のボトムタッチで100m以上ラインが出されます。したがって、黙って180gを使用します」

水深が50~70mのケースでは、問答無用で180gを使用。潮がより速くなれば200g以上の必要性も出てくるという。

▲このときの取材では多くのアングラーが「ワイプMID」でワラサをキャッチした。田中龍季君(当時中学生)は慣れた手つきで周囲の大人を圧倒した。

最後は釣り方のワンポイントアドバイスだ。

「ベベルポジションではフォール中は必ずサミングし、しっかりとボトムを取ることが重要です。サミングが不完全だと他人とのオマツリを誘発し、根掛かりの原因にもなります。ラインマーキングを目印にして、船長から案内されるタナを意識してストライクゾーンを効率よく探ることが大切です」

▲ワラサはヒットゾーンを把握して「巻き速度」「しゃくり幅」「リズム」を合わせないと食ってこないことがある。釣れている人のロッドの動きを観察したり、ジグカラーを真似したりするとよい。

外房のルアー船は乗船システムがしっかりと整っており、レンタルタックルを完備しているところがほとんど。初心者が気軽にチャレンジできる環境が整っている。まずは難しく考えず、足を運んでみていただきたい。

【この記事は2019年10月現在の情報です】

ヒラマサと肩を並べる人気ターゲット 千葉・外房のブリ|Part 1はこちら>>>

ヒラマサと肩を並べる人気ターゲット 千葉・外房のブリ|Part 1

ヒラマサと肩を並べる人気ターゲット 千葉・外房のブリ|Part 1

2021年12月18日

ヒラマサと肩を並べる人気ターゲット 千葉・外房のブリ|Part 2はこちら>>>

ヒラマサと肩を並べる人気ターゲット 千葉・外房のブリ|Part 2

ヒラマサと肩を並べる人気ターゲット 千葉・外房のブリ|Part 2

2021年12月18日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load