BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ヒロセマン×大阪湾イワシパターン】ベイトパターンで斬る大阪湾のブリジギング

ソルトワールド本誌で毎号、全国各地の旬のゲームを実践しているヒロセマンこと広瀬達樹さん。ブリジギングも得意中の得意分野であり、地元の大阪湾は年間を通して通うホームグラウンドだ。

そんなヒロセマンの大阪湾ブリジギングについて、過去の取材と最新のインタビューをもとに紐解いて紹介。今回は、ジギング入門者にもおすすめの『イワシパターン』についてお送りする。

大阪湾を代表する4種のベイトフィッシュ

ソルトワールド本誌の取材をはじめ、テレビ・雑誌の取材で全国各地のブリにチャレンジしてきたヒロセマン。大阪湾周辺のジギングにしぼって振り返ってみると、エリアは泉南から明石、淡路島と広域にわたり、すぐ隣の鳴門海峡までがホームグラウンド。狙うサイズもハマチクラスから10kg前後のブリまでといろいろ。もちろんタックルもジグも、その都度異なる。ヒロセマンは大阪湾のブリジギングを、何を基準に釣り分けているのだろうか。

▲釣果の大小を問わなければ、ほぼ年間を通してブリ族のジギングが成立する大阪湾。エリアも広く、初夏のイワシ、夏のマイクロジギング、秋のコウイカ、冬のタチウオと多数のベイトフィッシュパターンが存在する。

「一番の目安となるのはベイトの動きですね。季節やエリアに応じてベイトフィッシュパターンを追うのが、最も分かりやすいと思います。ちなみにパターンとして成立するベイトフィッシュはイワシ、マイクロベイト、コウイカ、タチウオの四つ。これを押さえておけば大丈夫。季節的には春はイワシまたはシラスが主食で、ハマチサイズの数釣り。そこから夏、秋、冬と進むにつれて、コウイカパターンがあったり、タチウオパターンがあったりと、様々な楽しみ方があります。10月、11月、12月は大阪湾が最も盛り上がる季節ですね」(ヒロセマン)。

たしかにこの4つのベイトは、過去の大阪湾取材で大きなカギを握っていた。そこでこの記事では、ベイトフィッシュを軸にヒロセマンの大阪湾ブリ攻略を追ってみよう。

▲パワフルでスピーディー。ハマチサイズでも小気味よくロッドを絞り込む。オーソドックスなイワシパターンはジギングの基本を学び、青物の引きを体感するにももってこいだ。

早春から初夏が狙い目! イワシパターン

大阪湾に限った話ではないが、青物の最もベーシックなベイトはイワシ類だろう。カタクチイワシを筆頭にマイワシ、ウルメイワシなどいくつかの種類があるが、どれも概ね15cm前後。ボトムから中層にびっしりと映る反応は、ブリ族の捕食スイッチを入れると同時に、アングラーのやる気も盛り上げてくれる。

大阪湾のイワシがブリジギングとリンクするのは、主に春から初夏にかけての季節。ハマチ中心の数釣り傾向が強く、特大級の確率は低いものの、青物のアタリや引きを体感するにはもってこい。ポイントとタイミングによってはマダイ、サワラといったゲストが交じるなど、バラエティーに富んだ釣果を期待できる。

▲ジグパラバーチカルイカナゴにヒットしたハマチ。ジグウエイトは100~150gが標準。フックはZOCのシングル、タンデム、デュアルの2/0、3/0、4/0を適宜選択。

ヒロセマンがイワシパターンを攻めるときは、80~150gのジグをチョイス。ジグパラバーチカルのショートや、イカナゴがマッチするという。

釣り方としてはジグをボトムまできっちり沈め、ワンピッチジャークを中心に誘いをかけるのが基本。ジャカジャカ巻きのように、スピニングタックルを用いた速いシャクリも効果がある。オーソドックスなスタイルはジギング入門にも最適だ。

▲メタルジグはジグパラバーチカルのショート、またはイカナゴ。ウエイトは100~150gのものを多用する。

TACKLE

●イワシパターンのタックル例
ロッド:ジャイアントキリングGXJ-B62H、GXJ-B62M/LJ
リール:ダイワ キャタリナBJ100HL
ライン:PE弾丸ブレイドX8 マルチ0.8号~1.5号
ショックリーダー:フロロカーボン40lb

▲ロッドはジャイアントキリングがおススメ。4軸カーボンとクロスフォースで武装したブランクスは操作性、感度、パワーを兼備。気軽かつ本格的にジギングを楽しむことができる。カテゴリー別に専用スペックを展開しており、ブリジギングにはジャーキングスペック、ライトジギングスペック、スロージギングスペック、マイクロジギングスペックを使い分けている。

【この記事は2019年10月現在の情報です】

【ヒロセマン×大阪湾マイクロジギング】ベイトパターンで斬る大阪湾のブリジギングはこちら>>>

【ヒロセマン×大阪湾マイクロジギング】ベイトパターンで斬る大阪湾のブリジギング

【ヒロセマン×大阪湾マイクロジギング】ベイトパターンで斬る大阪湾のブリジギング

2022年01月05日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load