BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

【XEROSHOES】ナチュラルムーブメントを取り入れて素足感覚で履くゼロシューズ「プリオ」

“素足感覚”というだけで、この靴はアスリート向きの商品だと感じる人は少なくないだろう。しかし残念なことに、パフォーマンスが向上するような機能はいっさい備わっていない。サポートやクッションなどを排除した靴がゼロシューズなのだ。それはなぜか?ゼロシューズの本質に迫る。

人間本来の機能を取り戻し、自然な動きを楽しもう!

アメリカ発のシューズメーカー 「ゼロシューズ」は軽量サンダルが有名だが、スポーティなスニーカーやランニングシューズ、山道に対応するトレランシューズなど、 じつにさまざまなモデルを展開している。一見すると各商品には統一感がないように感じるが、すべてに共通する特徴があることを知っているだろうか?

ソールが極端に薄く、シューズタイプはつま先が広く作られているのだ。これにはゼロシューズが掲げるコンセ プト「ナチュラルムーブメント」 に理由がある。ナチュラルムーブメントの直訳は「自然な動き」。これを突き詰めると、靴に頼らず素足で歩くことにつながる。可能な限り素足感覚に近づけることがゼロシューズの命題であり、それを叶えるのが、極薄ソールと幅広のトゥボックスなのだ。

とはいえ、ここでひとつの疑問が浮かぶ。足を守る靴を履くのに、わざわざ素足感覚に近づけるメリットはあるのだろうか?極薄ソールは地面の凹凸を足裏に直に伝えるので、場合によっては痛みを感じることがある。さらに残念なことに、幅広のつま先にフィット感はない。しかしこれこそが、ゼロシューズが理想とする状態なのだ。

人間の体には本来、行動中に足裏から受ける衝撃を吸収する機能が備わっている。よく知られているのが土踏まずのアーチ構造だろう。さらに膝や腰も優れたクッションとして機能する。しかしソールが厚いシューズを履くと靴が衝撃を吸収してくれるので、体は靴に頼り、自らの力で体を支える努力をしなくなってしまう。 怠慢になった体には徐々にダメージが蓄積されていき、最悪、膝や腰に痛みが生じることがある。しかし足が素足感覚に近づくと、人間は本来の機能を取り戻そうとするのだ。痛みを感じればそれを回避するように歩き方が変化し、さらに幅広のトウボックスの中では指を自由に動かせるので、バランスの向上が期待できる。これらが素足感覚で歩くことで得られるメリットなのである。

ゼロシューズの靴は長距離を疲れずに歩くためのものではなく、ゴールタイムを1秒でも縮めるためのものでもない。人間本来の機能を取り戻して、自然な動きを楽しむためのツールなのである。だから使用するシーンは選ばない。 歩くときも走るときも、つねに自然な動き=ナチュラルムーブメントを楽しんでもらいたいからこそ、 豊富にモデルを展開しているのだ。

最初、ゼロシューズの靴を履くと違和感があるだろう。しかし履き続けると、それがいつの間にか自然になる。そのときこそ本来の機能を取り戻したタイミングだ。

プリオ

本国で売れ筋No.1のベストセラーモデル。ゼロシューズの理想を形にしたクセのない作りで自然な動きを楽しめる。ハイキングやランニングなど、さまざまな用途で使用可能

  • 価格:¥9,800
  • 【メンズ】サイズ:25.0〜29.0cm/カラー:ブラック、他4色 /重量:215g(27.0㎝)
  • 【ウィメンズ】サイズ:22.5〜25.0cm/カラー:ブラック×ホワイト/重量:181g(24.0㎝)

足の動きに合わせてフレキシブルに曲がる

薄いソールは力を込めなくても足裏に沿ってぐにゃりと曲がる。サポートする機能がないからこそ、しっかりと 自分の足を使って歩く感覚を楽しむことができる

圧迫感を感じない広めのトウボックス

靴に支えられるのではなく、自分の足で立つには5本の指をしっかりと使えることがとても重要。この状態をキープするために、あえてトウボックスは広めにデザイン。指を自由に動かせるのでバランス力の向上も期待できる

素足感覚を実感できる薄いソール

ゼロシューズの特徴のひとつ。厚さはモデルによって異なるが、共通して足裏で地面の凹凸を感じることができ、 耐久性に優れるオリジナルラバーで作られている

ジェネシス

 

  • 価格:¥5,800
  • サイズ:23〜29cm(ユニセックス)
  • カラー:ロイヤルブルー、他1色
  • 重量:130g(27.0cm)

ジェネシス(GENESIS)=創生や起源という意味の名前を冠した、ゼロシューズの原点ともいえる軽量サンダル。無駄を削ぎ落としたデザインで、ダイレクトに素足感覚を体験できる

HFS

  • 価格:¥12,000
  • 【メンズ】サイズ:25.5〜28.0cm/カラー:レッド、他1色/重量:192g(27.0㎝)
  • 【ウィメンズ】サイズ: 22.5〜25.0cm/カラー:スチールグレー/重量:165g(24.0㎝)

人気シューズ「プリオ」を、よりランニング向けに改良した渾身のニューモデル。軽量化を図り、ソールパターンも一新。内側のライニングが特殊で、シューズ内の温度上昇を抑える機能がある

メサトレイル

 

新作のトレランシューズ。ソールが抜群のグリップ力を発揮する立体的なブロックパターンでデザインされている。HFSと同様にシューズ内の温度上昇を抑える特殊ライニングを採用

  • 価格:¥13,000
  • 【メンズ】サイズ:25.5〜28.0cm/カラー:フォレスト、 他1色/重量:215g(27.0cm)
  • 【ウィメンズ】サイズ:22.5〜25.0cm/カラー:ダークサファイア/重量:181g(24.0㎝)

XEROSHOES JAPAN instagram

問:ケンコー社 TEL.06-6374-2788 www.kenkosya.com

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load