BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

違いに注目! フレームとコンポーネントのいろいろ【ロードバイクの購入】

ロードバイクの価格を左右しているのは、
フレームの素材とコンポーネントのグレードだ。
フレームの素材や性能、コンポーネントのグレードを知ることで、
ロードバイクの価値を見極めよう。

フレーム素材とコンポのグレードを見極めよう

ロードバイクは、フレームとコンポーネントなどからなる。各メーカー製のフレームに、各社のコンポーネントが搭載される。さらにホイールは、バイクメーカー製であったりコンポメーカー製だったり、ホイール専門メーカー製だったりする。つまりロードバイクは各メーカーの製品が集まったものだ。ロードバイクの価格は、フレームの素材や性能、コンポーネントのグレードによって上下する。フレームが同じでも、コンポーネントのグレードが下がれば価格は下がる。
フレームには素材の違いがあり、スチールやアルミ、チタンステンレス、など金属系とカーボンに大別される。近年のフレーム素材の主流は、圧倒的に軽いカーボンだ。カーボンは比較的高価で、プロレースで使われている軽くて剛性の高いフレームはさらに高価だ。最近ではプロ仕様ほど軽くはないが、カーボンの特徴を生かした廉価で高性能なフレームも増えてきている。

GUIDE-1

フレーム

フレームはパイプの素材によって、大きく特徴が異なる。高価な素材から、軽くても比較的安い素材までいろいろだ。重量はあるが、歴史あるスチールの魅力も捨てがたい。しかし現在のロードバイクの素材はカーボンが主流だ、高価だが圧倒的に軽い。最近では廉価なものも登場してきている。

GUIDE-2

コンポーネント

コンポーネントはおもにレバー、クランク、フロントディレイラー、リアディレイラー、ブレーキ、BB、チェーン、スプロケットからなる。下記3社がメインとなり、操作感やデザインに違いがある。またそれぞれにグレードがあり、ハイグレードなものは軽くて剛性が高く、段数が多い。

ロードバイクコンポでは、比較的新しいブランド。電動では無線システムとなるなど、画期的コンポを発売。デザイン性の高さも売り。

ロードバイクの歴史とともにあるイタリアの伝統的ブランド。2018年モデルではトップグレードが12速になるなど最先端を走る。

圧倒的なシェアの日本ブランドがシマノ。上の写真のデュラエースが最上級モデルだ。価格以上の性能と品質に定評がある。

 

(出典:『大人のロードバイク教科書』

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load