BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

やっぱコレでしょ! ロードバイクの専用シューズとペダルを使おう【ロードバイクの購入】

ビンディングペダルシューズの種類

ぺダリングパワーを確実にスピードに変えるには、ビンディングペダルが必須。
キチンと仕組みを理解して練習すれば、ビンディングペダルは怖くない。

システムの導入には、ビンディング専用のシューズ。そしてシューズに装着するクリート。さらにクランクに装着し、クリートを着脱するビンディングペダルが必要となる

ロードバイクらしく走るならビンディング

ロードバイクの楽しみを増やすビンディングペダル。使ったほうがいいアイテムだ。
ビンディングぺダルを導入すれば、ぺダリングの回転をムダなく使えるので、効率的になる。
効率的ということは、よりラクに、かつ速くなるということだ。ロードバイクのだいご味を味わうなら、ビンディングペダルを使わない手はない。

ペダルと足がくっつくのが怖いと初心者は思いがちだが、ビンディング自体はすぐ慣れてしまう。
不安な人は、ロードバイクに乗り慣れてから、ビンディングを導入することをオススメする。
乗り慣れてからビンディングを導入すれば、肩の力も抜けているので、転倒する確率も減る。

ビンディングに慣れるまでの時間も少なくなる傾向にある。
ビンディングシューズには、いろいろ種類がある。まずメーカーによっていくつかのシステムに分かれる。
着脱の感覚が異なり、足が動きやすくヒザに優しいかどうかなどの違いがある。

また、バイクの使い方でも種類を選ぶことができる。ロードバイクをオンロードメインで乗るならレース用。最も効率的に踏む力を伝えられる。
旅やダートでの使用なら、ツーリングタイプのビンディングを使うのもいい。ツーリングタイプの場合、バイクから降りて歩きやすいというメリットがあるのだ。

GUIDE 1

ペダルとシューズがくっつくメリットは大きい!

ペダルがシューズと一体になってないと、ペダルを踏む力だけで走ることになる。
ところがペダルとシューズがくっつくことで、踏むだけではなく、ペダルを持ち上げる力を使うこともできる。
そうすると2つの力を合わせて走れるので、ラクに速く走れるようになる。
このペダルを持ち上げる動きを「引き脚」という

 

GUIDE 2

ビンディングにはレース用とツーリング用がある

ビンディングペダルシステムには、大きく分けて2種類ある。
ひとつは走りを重視して、踏み面が広く、力を効率的に伝えるロードレース用のビンディングペダル。
もうひとつは、観光などでバイクを降りて歩くことも考えられたツーリング用のビンディングペダルだ。

 

【ロード用】
快適な走りを重視して作られている

走るときの快適性を重視して作られているので、軽さも考慮される。
ペダルに力が伝わりやすいようにペダルとシューズの接触面が広く、クリートも大きい。
踏んだ力が逃げないよう、ソールには固く軽量な樹脂やカーボンが採用される。
(メリット:軽い デメリット:歩きにくい)

走るときの快適性を重視して作られているので、軽さも考慮される。
ペダルに力が伝わりやすいようにペダルとシューズの接触面が広く、クリートも大きい。
踏んだ力が逃げないよう、ソールには固く軽量な樹脂やカーボンが採用される。
(メリット:軽い デメリット:歩きにくい)

 

【ツーリング用】
歩くことも考えて作られている

クリートは小さく、シューズ底に埋まるように設計されていて、ソールも柔らかく、レース用に比べると歩きやすい。
見た目もトレッキングシューズからスニーカーまで幅広く、カジュアルからスポーティまで、ウエアにも合わせやすいデザインが多い。
(メリット:歩きやすい デメリット:重い)

 

GUIDE 3

ペダル4大ブランドを知っておこう

ロード用のレースタイプのビンディングペダルは、大きく分けると4ブランドに分かれる。
多彩な展開のシマノ、ビンディングペダルを初めて作ったルック、独特の機構で関節に優しいといわれるタイム、軽量かつ足の自由度が高いスピードプレイの4ブランドだ。好みのペダルを見つけたい。

 

SHIMANO
シマノ/ https://bike.shimano.com

使っている人が最も多いシマノ。安定感を生むワイドな踏み面が特徴だ。ステップイン&アウトのスプリングテンションの調整などがカンタンにできる。シマノらしく多彩なモデル展開もあり、自分に最も合ったビンディングペダルを選べる

LOOK
ルック/ https://www.eurosports.co.jp

世界で初めてビンディングペダルを作ったルック。老舗だけにレーサーに愛用者も多い。スタックハイトが低く効率のよいぺダリングが可能だ。高級モデルはカーボンブレードを使用、テンションの異なる3種類を購入時に選択できる

TIME
タイム/ www.podium.co.jp

関節の負担を軽減する独自のフローティング機構が最大の特徴。装着前はロック部が解放される構造で、ステップインもしやすい。クリートは左右非対称で、入れ替えることでQファクター(ペダルを踏んでいる左右の足の踏み幅)を3㎜調整できる

SPEEDPLAY
スピードプレイ/ www.jpsg.co.jp

ペダルを固定する機構がクリートのほうについた独自の方式を採用。最大15度のフローティングで、ヒザへの負担が大幅に軽減される。小型のペダルボディは両面でキャッチでき、ロードクリアランスも大きいというメリットがある

Teacher
管洋介
AVENTURA CYCLING 代表

国内外で50ステージレースを経験してきた競技歴22年のベテランロード選手。バイシクルクラブではインプレッションやモデルのほか、ライディングアドバイスや連載も執筆。2017年よりアベントゥーラサイクリングを立ち上げ、自転車スクール講師としてイベントやコミュニティでのテクニカルコーチも務める。また、プロフォトグラファーとしても活躍する。

 

ILLUST:田中斉
(出典:『大人のロードバイク教科書』

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load