【ロードバイク編】自転車雑誌『BICYCLE PLUS』が選ぶ2016年オススメ自転車3選

(写真上)
COLNAGO/ARABESQUE(コルナゴ/アラベスク)
価格40万円(税抜)(フレームセット)

ロードバイクの素材は大きく分けると、スチール(鉄)、カーボン、アルミの3つ。単純に速く走るためなら軽量なカーボンが最も適しているが、趣味や通勤に使うことを想定するなら、選択肢はどんどん広がる。

そこでまずご紹介したいのは、細いパイプが生む造形美が魅力のスチール(鉄)素材の一台。イタリアの老舗メーカーのCOLNAGO(コルナゴ)ARABESQUE(アラベスク)は、その名のとおりとおり唐草模様のラグを用いたラグジュアリーなスチールフレームが特長で、所有する喜びを与えてくれる特別な存在。ヘッドまわりのメッキ処理も非常に美しい仕上がりだ。

SPEC
FRAME:クロモリ
TIRE SIZE:700C
FRAME SIZE:490~560mm(10mm刻み)
COLOR:レッド、ブラック、ブルー
問:エヌビーエス
http://www.akibo.co.jp/import/nbs.html

エントリーユーザーにオススメ“TREK/EMONDA S6(トレック/エモンダ S6)”

TREK/EMONDA S6(トレック/エモンダ S6)|【ロードバイク編】自転車雑誌『BICYCLE PLUS』が選ぶ2016年オススメ自転車3選

TREK/EMONDA S6(トレック/エモンダ S6)
価格29万9000円(税込)

独自のカーボン技術を開発するなど技術力の高さが光るアメリカの自転車ブランド「TREK(トレック)」。エモンダシリーズは、フレームの軽さと快適性からヒルクライムレースやエンデューロなどで高い人気を誇り、エントリーグレードのEMONDA S6(エモンダ S6)はロードバイクを初めて購入する人にはオススメしたい一台。

SPEC
FRAME_OCLVカーボン
COMPONENT_シマノ・アルテグラ(2×11s)
TIRE SIZE_700×23C
FRAME SIZE_44、47、50、52、54、56、58、60、62cm
COLOR_トレックブラック×バイパーレッド
問:トレック・ジャパン
http://www.trekbikes.com/jp/ja_JP

本気で勝てるアルミフレーム“CANNONDALE/CAAD 12 105(キャノンデール/キャード12 105)”

CANNONDALE/CAAD 12 105(キャノンデール/キャード12 105)|【ロードバイク編】自転車雑誌『BICYCLE PLUS』が選ぶ2016年オススメ自転車3選

CANNONDALE/CAAD 12 105(キャノンデール/キャード12 105)
価格21万円(税抜)

「CANNONDALE(キャノンデール)」は、ツール・ド・フランスをはじめとするヨーロッパのレースシーンを席巻するなど、優れた開発力をもつアメリカ生まれのブランド。そんなキャノンデールが得意とするアルミフレームの究極進化系がこの「CAAD 12 105(キャード12 105)」。スムーズな加速性と高い振動吸収性をもち、レースで勝利を狙える一台だ。

SPEC
FRAME_6069アルミ
COMPONENT_シマノ・105(2×11s)
TIRE SIZE_700×25C
FRAME SIZE_44、48、50、52、54、56、58cm
COLOR_プライマーグレイ、チームカラー、ネオンスプリング
問:キャノンデール・ジャパン
http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan

近年のスポーツバイク人気を反映して、メーカー、種類、サイズ、価格帯など、選択肢がかなり広がったロードバイク。選ぶのに迷ったら、やはり専門知識を持った自転車ショップのスタッフに相談するのが◎ 自転車購入後も、メンテナンスやカスタマイズなど、いろいろと頼れる存在になるはずだ。
(K)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load