電動アシストバイクE-MTBでバイクパッキングはあり!?

快適な走行をサポートしてくれる、電動アシストバイクのEバイクでキャンプをしたらおもしろそう! キャンプ用具満載でも、余裕で長距離移動できて峠もラクラク上れたら、自転車キャンプのハードルも下がる。どれだけ楽しいか、編集部員がやってみた!

新たな遊びとなるか!?Eバイクパッキング

015
電動アシストスポーツ自転車を使って、キャンピングをすることを思いついた。それなりに経験のあるサイクリストとしては、走れる距離なら、自分で踏んでいかなくちゃという、Eバイクに対するうしろめたさがある。しかしキャンピングとなると話は別だ。

キャンプ用具と自転車を担いでの輪行は苦行だ。そこで自走となるが、荷物を満載して数10㎞以上離れたキャンプ場まで走っていきたいかというと、ガチキャンパーじゃないたいていの人はそこまでしたくないと思う。
014
(パナソニックXM2)

そこでEバイク。荷物満載だから、健康な成人男子のサイクリストが走れる距離でもEアシストを使うことに対してつじつまが合う。キャンプ用具満載なら、必然的に時速は24㎞未満となるのでフルアシスト。キャンピングの重さをEアシストで、そしてキャンピングでEアシストの罪悪感を軽減する相殺効果が期待できる。

キャンプをするなら、キャリア付きのコミュータータイプのEバイクのほうが便利なのでは?と編集部内でも意見が分かれた。しかしオートキャンプでもプリウスより、あえてランドクルーザーで行くほうが趣味性が高いということで、非日常的なE-MTB&バイクパッキングスタイルとした。これぞアウトドア。新たな遊びとなるか!?

Eならたくさん積めるから キャンプを楽しめる

024
(ミヤタ リッジランナー)

スタイルとしては、キャンピングキャリアなどを必要としないバイクパッキング。バイクパッキングでは、超軽量ULキャンプギヤを使って走りを損ねない努力が必要となるが、今回はEアシストがあるのでその必要はない。

UL(ウルトラライト)機材は、 軽い分キャンプ場での快適さは減る。椅子やテーブルは、ULの必要最低限リストからは外れるが、いざキャンプ場でくつろごうとなると必要最低限のもの。
013
Eバイクパッキングなら、通常のバイクパッキングでは外されがちな、くつろぎグッズを積載できるのがポイント。ULではありえないほどムダに重い、ガソリンバーナーなども持っていける。これで総重量は28.9㎏。装備はバッグも含め7.6㎏。リッジランナーの重量は21.3㎏なので、60㎏のライダーが乗り、Eアシストがあることも考えると、走り心地的には、キャンプ装備はあってもなくても、ほぼ関係ないぐらいの影響と思われる。

E-MTBは、キャンプを意識して作られてない。フォークにカーゴケージをバンドなど使ってプラスすることで積載力を稼いだ。くつろぎ装備をぜんぶ入れられるか懸念していたが、その必要はなかった。逆に何かもっと持っていけないか探すくらいだった。
011
本格的なバイクパッキングはハードな遊びだ。女性や高年層など、体力的にはムリという人も出てくる。しかし電動アシストならできる。Eバイクは、そんな可能性を広げてくれる存在だ。今後、Eバイクがスポーツバイクの一ジャンルとして確立するのは間違いない。Eバイクがもっと普及したときに、サイクルキャンプという遊びが、ようやくメジャーになれるのでは、と思った。

(出典:『BiCYCLE CLUB 2018年9月号vol.401[付録あり]』)
(ライター:千葉泰江)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load