BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

PEARL IZUMI・バックパック ツアー【TEST ME】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! スポーツバイクでの使用を第一に考えて作られた自転車専用設計のバッグ、PEARL IZUMI・バックパック ツアーを編集部・ニシヤマがチェック!

容量なんと26ℓ! 荷物多めの旅でも安心の「大きめバックパック」

ワフーのGPSサイクルコンピューターに新作のエレメントロームが登場。「ロースポーツバイクでの使用を第一に考えて作られた自転車専用設計のバッグ。容量はなんと26ℓもある。バックパックという17ℓモデルもあるが、バックパックツアーは、そのビッグサイズ版となる。
ヘルメットやツールなど各種ツールを収納できるポケットがたくさんある。携帯ポンプには、専用の固定ベルト、左右には、ボトル用ポケットも用意されている。
バッグ底面や側面に付けられた反射素材が夜間の道でも被視認性をしっかり確保している。また雨天時に役立つポケットから取り出して被せる蛍光カラーのレインカバーも付属する。LEDライト用のホルダーもあり。
もちろんライドでの快適さもしっかり追求しており、背中は凹凸になっていて、蒸れにくい仕様となっている。
スポーツバイクでの使いやすさを徹底的に追求した、かゆいところに手が届くバックパック。容量もあり、イベントへ行くときなどにも最適だ。

 

サイクル専用の大きなバックパックを探している人にオススメ

大容量ながら、スッキリしたフォルムが魅力のバッグパック。自転車専用だけに、ライド時の快適さはしっかり確保されている。

上/輪行のときなどにも使いやすいヘルメットホルダー用ネット付き 下/豊富なポケットツールなど小物類の収納にも困らない。全体の容量は26ℓで、内訳は本体が19ℓ、ポケットが全部で7ℓ
サブポケットは容量が増やせるようにマチが作ってある。使わないときは薄くシンプルに
背中は通気性を得られるように凸凹形状となっている。ショルダーハーネスも通気性がいい

INFO
PEARL IZUMI・バックパック ツアー

1万5000円(税抜)
●素材:ナイロン/ポリエステル ●容量:26ℓ(本体:19ℓ、ポケット:7ℓ) ●サイズ:W270×H480㎜×D150(拡張時230)㎜ ●実測重量:690g ●付属品:レインカバー

 

IMPRESSION
大容量でもきっちり整理できるポケットの多さ

近年、サイクルウエア以外でも秀逸なアイテムが増えてきたパールイズミのバックパックだ。
サイクル専用バックパックは、いろいろと種類があるが、この製品はその大きさが特徴。これでもかというほどポケットがたくさんある。
そして大容量。この容量をフル活用してツーリングで使うには、ちょっと重くて疲れそうだ。しかしイベントに輪行で行くときなど、あれもこれもと準備をするとそれなりの荷物になる。それらを一つにまとめて背負えるので両手も空いてかなり便利。
機能はしっかりしているので、乗車時の安定感や安心感は、さすがサイクル専用。
この手の大容量バッグは、たくさんのベルトやハーネスがあって、見ためがごちゃごちゃしがちだが、容量のわりに外見はシンプルなのがいい。
問題は、ポケットが多くてどこに入れたかわからなくなってしまうところ。きちんと整理整頓できる自分とは違うタイプの人なら、きっちり活用できるはず。

TESTER
ニシヤマ
肩と首のこりに悩んでいる。最近、痛みの理由は四十肩ばかりではなく、バッグが関係しているのでは!?と思い始めている。おそらく肩掛けのメッセンジャーバッグが体質に合わない。そこで、両肩に掛けられるバックパックを物色中だ

 

問:パールイズミ www.pearlizumi.co.jp

 

その他のTEST MEの記事はコチラから。

「TEST ME」一覧

出典

SHARE

PROFILE

ニシヤマ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ニシヤマ

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

No more pages to load