BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ZWIFTとUCIが「UCI CYCLING ESPORTS WORLD CHAMPIONSHIPS」初開催で合意

アスリート向けの世界的なオンライントレーニングとレースのプラットフォームであるZwift(ズイフト)と
国際自転車競技連合 (UCI) は、2020年にUCI Cycling Esports World Championshipsを初開催することで合意した。以下、プレスリリースより。

新たな種目がサイクリングのサステナブルな未来を生み出す!

ZwiftとUCIは長きにわたり素晴らしいパートナーシップを育んできました。Zwiftは2019年のYORKSHIREコースをはじめ、これまでに3つのUCIロード世界選手権大会のコースをZwiftのプラットフォームで再現。これらUCIロード世界選手権大会コースにおけるZwifterたちの合計走行距離は、約320万kmを突破しています。

UCIのDavid Lappartient会長は次のようにコメントします。 「私たちはZwiftと一緒に、eスポーツが台頭する様子を見守ってきました。サイクリングというスポーツの統括団体として、UCIは技術的なイノベーションと変革を進んで受け入れるのはもちろん、全てのサイクリング愛好家のニーズに敏感でなくてはいけません。Zwiftは年齢や能力を問わず誰もが楽しめるプラットフォームです。UCIが若い世代にサイクリングの魅力をアピールしようと努める中、eスポーツ大会の開催は非常に素晴らしい機会だと言えます。この新しいサステナブルな種目を通じ、UCIとZwiftはタッグを組んで若者が一段と健康でいられるよう支援することができるのです。」

Zwift EsportsのCEOであるCraig Edmondsonも次のように続けます。「サイクリングの新しい種目の開拓で何よりも素晴らしいのは、まだ白紙状態で制約がないことです。パリティ (平等)という概念はZwiftにとってきわめて重要です。ZwiftはUCIと力を合わせ、男女平等な競争の場を提供できるよう努めていきます。男女平等な競争の場とは、レースの数とメディアによるレースの報道量が同じで、何よりも賞金が同額であることを意味します。つまり、私たちがフェアプレイと平等の基準を築いていくのです。」

Zwiftは2019年1月にeスポーツ初のプロサイクリストが主役となるリーグKISS Super Leagueを立ち上げ、eスポーツ界への進出を遂げました。これに続き、Zwiftはeスポーツのプラットフォーム開発に注力するため、シリーズB投資ラウンドで1億2,000万ドルを調達。HighlandEurope、Causeway、True Capital、Novatorらが幹事を務めました。

Zwiftの共同創設者でCEOのEric Minは次のように語ります。「私たちは年初にeスポーツのプラットフォームを開発するという野望を掲げました。ですが、Zwiftの展望はそれだけにとどまりません。私たちはサイクリングにおける新種目の確立を目指しているのです。Zwiftがスポーツ界で最高水準の競争の場を提供するという目標に向かってさらに前進する中、今回のUCIとのパートナーシップは非常に大きな飛躍だと言えます。サイクリングにおける革新的な新種目の確立は、長期にわたるエキサイティングな取り組みとなるでしょう。私たちはまだ出発点に立ったに過ぎません」

eスポーツへの参入をZwiftが強く推し進める理由に、サステナビリティと参加しやすさが挙げられます。

Zwift Esportsが従来のイベント開催で必要だった運営コストを節減することで、各ブランドは費用対効果の高い方法でeスポーツに参加できます。それはまた、チームとライダーにとってファン層を築くかつてない好機なのです。

Canyonのストラテジックパートナーシップ部門シニアマネージャーとCanyon ZCCのチームマネージャーを務めるRhys Howell氏は次のようにコメントします。「参加しやすさこそ、私たちがCanyon ZCCという初のeスポーツプロチームを結成しようと決断した主な理由の1つです。

Zwiftでのレースはまだ始まったばかりですが、従来のサイクリングチームを運営するコストと比較すると、Canyon ZCCの結成は言うまでもなく絶好のチャンスでした。新チーム設立で、私たちはまずは今後の大会で優位に立つ足場を固めました。それだけでなく、新しいファン層にアピールできることも非常に嬉しく思います。」

UCIとZwiftは共に、サイクリングのフェアプレイとガバナンスに取り組んでいます。今回のパートナーシップにより、双方はUCIが策定するサイクリングeスポーツの新しいルールブックを来年より順守する予定です。
2020年に初開催されるUCI Cycling Esports World Championshipsのイベント形式、開催場所、および予選の詳細は、今後数ヵ月以内に発表予定です。

Zwift公式Facebookページ
http://www.facebook.com/GoZwiftJP

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load