弱虫ペダル幕張クロス、渡辺航先生がキレキレの走りを披露

11月2、3日、サイクルモードインターナショナルとの同時開催される弱虫ペダル・幕張クロス2019が開催、弱虫ペダルの著者渡辺航先生が出走したほか、トップカテゴリーのレースでは弱虫ペダルシクロクロスチームが1、2フィニッシュをするなどの盛り上がりを見せた。3日にはUCI(国際自転車連盟)カテゴリー2のトップ選手によるレースも開催される!

渡辺航先生が転倒するほどの難コース⁉

大会の冠名でもあるアニメ「弱虫ペダル」の作者である渡辺航先生が朝一番のC4Bクラスに出走し、その本気の走りを披露した。このカテゴリーの優勝は元日本TTチャンピオンの西薗良太選手。それだけガチなレースでの熱い走りに会場も盛り上がった。

渡辺先生は11月3日の「弱虫ペダルシクロクロスライド」にも参加する予定で、多くの熱狂的なファンが訪れる予定だ。

多くの選手が苦手とするドロップオフを責め、転倒する渡辺先生。その本気の走りにファンも熱狂した。ウエットコンディションになると難しくなる

ファンからのサインに応える渡辺先生。3日にも11;15からの弱虫ペダルサンデイライドにも出走予定だ

トップカテゴリーでは弱虫ペダルチームが1、2フィニッシュ

初日のハイライトはカテゴリー1。弱虫ペダルシクロクロスチームの前田公平選手、そして織田聖選手が1、2フィニッシュを飾った。さらに3位は19歳の若手、堀川滉太選手となった。レースでは、前田公平、織田聖が余裕のランデブーを披露、下位選手をラップするほどの圧倒的な走りを見せつけた。

「直前に39度の熱を出しました」という前田公平選手だが、アップダウンの土手を走ることで知られるこのコースではほかの選手が担がないと上れないところでも抜群のテクニックでクリアしていった。

一斉にスタートするC1の選手たち

先行する織田聖選手(前)と前田公平選手。」各選手を苦しめる激坂も弱虫ペダルシクロクロスチームの2人は苦もせず上っていく

1位前田公平選手、2位織田聖選手、3位堀川滉太選手

編集部山口もプカテゴリー1に参加するもで大苦戦

ひさびさにシクロクロスレースに参戦した、編集部山口。バイクはフランス、S1NEO・CX02ディスクブレーキモデルで走った。ところが、脚とテクニックがおいつかない。

苦手とするドロップオフ、そして忍者返しの上りに苦戦した。ただ、コースは芝生の高速コース、ドロップオフに忍者返しの激坂を変化に富んでおり、楽しめるコースになっている。

トップ選手が勢いで上れる忍者返しの激坂、上れたのはたった1回。難しい! いかにトップ選手たちのテクニックがあるかを身をもって体験した

3日はUCIレースが開催

11月3日にはUCIカテゴリーレースが開催!

3日にはトップカテゴリーのUCI(国際自転車連盟)のクラス2のレースとして開催。さらAJOCC(一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会)の運営するJCXシリーズの第2戦となっており国内のトップライダーが参戦する。

女子エリート13:45スタート

男子エリート15:15スタート

こちらをぜひ観戦しに行こう!

大会データ

日時:2019年11月2-3日

会場:幕張海浜公園Gブロック

住所:千葉県千葉市美浜区ひび野

弱虫ペダル幕張クロス詳細情報はこちら
http://starlightcross.com/

SHARE

PROFILE

山口博久

BiCYCLE CLUB編集部

山口博久

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している

山口博久の記事一覧

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している

山口博久の記事一覧

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load