BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【いろは坂】栃木県|日向涼子のやっぱり坂が好き-ロードバイクヒルクライムナビ-

モデルでヒルクライマーの日向涼子さんが、全国各地の坂道に挑戦。今回訪れたのは、「栃木県・いろは坂」。気になる立ち寄りグルメスポットとともに案内する。

栃木県・いろは坂

「色は匂へど散りぬるを我が世誰ぞ常ならむ……」 日光東照宮、華厳の滝、中禅寺湖など国内屈指の観光地として知られる日光には、あの有名な坂道があります。そう、いろは坂です。日光市街地から中禅寺湖までをつなぐ坂道は上り専用の「第二いろは坂」と下り専用の「第一いろは坂」があります。そして、合わせたカーブの数は48個! 「いろはにほへと」の文字板を見ながら、ダイナミックなつづら折りを堪能できます。

第二いろは坂の登坂距離は約7kmで平均勾配5.7%と、イメージしていたよりも随分と勾配は緩め。実際に走ってみても、勾配の変化が少なく各コーナーの勾配も急じゃないので走りやすい! 何より、2車線とも上り車線なので、車も距離を空けて追い抜いてくれます。ちなみに、下り坂も2車線とも下りなので対向車がないのは安心できます。その点でも、じつは初心者向きかもしれません。ただし、上り始めたら引き返すことができませんので(笑)、スタート前はちょっと勇気がいるかもしれません。
標高1270m地点にある中禅寺湖畔にはおしゃれなカフェなどグルメスポットもたくさん。ご褒美を目指して、上り始めたら何がなんでも上り続けましょう!

東京都内から特急も発車している東武鉄道の日光線。その終着駅が日光市の中心にある東武日光駅だ。隣にはJR日光線の駅もある。いろは坂までは、市街地を抜け緩やかに標高をあげていく。

いろは坂の上り口までは駅から約10km。ここからは上り専用道路が始まる。

中盤までは森のなかを緩やかな勾配の坂道が続いている。

完全2車線道路のため、クルマが多くてもさほどストレスがない。平日はご覧のとおりでクルマの数はかなり少ない。

上り区間の終盤にある「明智平展望台」から見ることができる下り専用の「第一いろは坂」のつづら折り。

上り区間は20カーブ!

いろは坂を上りはじめて5km地点にある眺望ポイント「黒髪平」。上り専用道路のため、一度見逃してしまうと戻れないので注意しよう。

明智平展望台までが登坂区間で、トンネルを通過して中禅寺湖畔の大鳥居をくぐればゴール!

「日本の道 百選」のいろは坂。記念碑は黒髪平の駐車場に建っている。かつては国道120号線の難関山岳区間だったが、現在では全国でも稀な上下が完全分離された観光道路になっている。

栃木県・東武日光駅~中禅寺湖(いろは坂区間)のヒルクライムデータ

距離

19.1km(7.2km)

標高差

753m(403m)

平均勾配

3.8%(5.7%)

スタート地点

547m(870m)

ゴール地点

1271m(1273m)

コース概要

栃木県のおすすめヒルクライムコース情報はコチラから。
栃木県のおすすめヒルクライムコース

いろは坂のおすすめスポット

日光駅前に誕生したオシャレなカフェ

日光駅前に2018年5月にオープンしたばかりの古民家カフェ&バー。古民家をリノベーションし、1階はカフェスペース、2階はゲストハウスを展開してます。駅前通りを見わたせるぜいたくなロケーションで、ゆったりとくつろげます。たっぷりの野菜やサーモンなどをオリジナルの黒糖パンでサンドしたサンドイッチは、見ためもオシャレ!

カフェ&バー tora(寅)

栃木県日光市相生町5-1

中禅寺湖畔に臨むぜいたくなカフェ

ウッドデッキのあるログハウスが目印のカフェは中禅寺湖に臨む絶好のロケーションにあります。雑貨の手作り体験工房も併設している鹿の子(かのこ)の店内は、手作り小物がところせましと展示。ヒルクライムを終えた後に立ち寄って、塩味のパウンドケーキ「ケイクサレ」や、オリジナルカレーをいただきました! サイクリストも歓迎してくれます!

工房*Cafe 鹿の子

栃木県日光市中祠2478
TEL.0288-55-1288

今回のロードバイク&コーディネート

上りが好きになる軽量オールラウンダー

今回のいろは坂をともに上ったバイクは、オールラウンドモデルの「ガリウム・プロ」です。軽さと剛性を追求したシャープな登坂力が魅力で、ホリゾンタル設計のフレームの美しさが印象的。フレーム上下で役割を明確化する「HDS」システムや、剛性を確保しながらアップライトポジションへの調整が可能な「3Dヘッドチューブシステム」など独自性が光ります。ウエアはイタリアンウエアブランドのスポーツフル。コンタドール、サガン、ニーバリなど、長年世界のトップレーサーたちが愛用してきました。その機能性に疑いの余地はないのですが、ややレーシーなブランドイメージを持っていました。ところが、プロチームジャージ以外は、シンプルでスタイリッシュなデザインのモデルも多くラインナップしているブランドです。

【ロードバイク】
アルゴン18・ガリウムプロ

43万円(フレームセット/税抜)2018モデル

【ウエア】
スポーツフル

GIARA Wジャージ 1万3000円(税抜)/ GIARA Wショーツ 1万500円(税抜)
GIARA 15ソックス 2700円(税抜)/ GIROグローブ 3600円(税抜)

後戻りはできません(笑)

 

栃木県のおすすめヒルクライムコース情報はコチラから。
栃木県のおすすめヒルクライムコース

「日向涼子のやっぱり坂が好き」の記事はコチラから。
「日向涼子のやっぱり坂が好き」一覧

 

※スポット情報、バイクやウエアの価格などは2018年7月(掲載時)の情報です。

SHARE

PROFILE

日向涼子

BiCYCLE CLUB / モデル/サイクリスト

日向涼子

自転車イベントのゲストや食に関する講師などマルチに活躍中。フランスとイタリアの欧州グランフォンド完走、東京ヒルクライムOMIステージ優勝など、男性も顔負けの実力アリ。シュルーモデル事務所所属。

日向涼子の記事一覧

自転車イベントのゲストや食に関する講師などマルチに活躍中。フランスとイタリアの欧州グランフォンド完走、東京ヒルクライムOMIステージ優勝など、男性も顔負けの実力アリ。シュルーモデル事務所所属。

日向涼子の記事一覧

No more pages to load