BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

世界最強のスプリンターはヤコブセン! イタリアでバーチャルトーナメントレース開催

5月23日(土)、24日(日)に世界的有名ライダー16人を集め、トーナメント形式で形式で最強のライダーを決めるバーチャルレース「THE CHALLENGE OF STARS(ザチャレンジオブスターズ)」をジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポーツが開催。

初日は最強のスプリンター/ルーラーを決めるレースが8人で行われ、オランダチャンピオンのファビオ・ヤコブセン(Deceuninck – Quick Step/オランダ)がフィリッポ・ガンナ(Team INEOS/イタリア)を決勝戦で破り、最強のスプリンターとなった。さらに2日めの5月24日にはクリストファー・フルーム(Team INEOS/イギリス)やヴィンチェンツォ・ニバリ (Trek-Segafredo/イタリア)など8人が最強のクライマーを決める予定だ。

スプリンターのヤコブセンが
ルーラーのガンナを決勝戦で破る

レースはイタリアトスカーナの田園地帯を想定した1.2 kmコースで、平均勾配0.97%、最大2.53%のフラットなコースで行われた。ファビオ・ヤコブセン(Deceuninck – Quick Step/オランダ)がイタリアのITTチャンピオンであるフィリッポガンナ(Team Ineos)を決勝戦で破り、最強のライダーとなった。

スプリンターズチャレンジマッチは8人で行われ、パスカル・アッカーマン(BORA-ハングローエ)がナセル・ブアニ(Team Arkéa Samsic)を倒した。ほか、ファビオ・ヤコブセンがマッズ・ピーダスン(Trek-Segafredo)、 カレブ・ユアンに変わって出走したジャスパー・デブイスト(Lotto Soudal)がマチュー・ファンデルプールに変わって出走のティム・メルリエ(Alpecin-Fenix)に勝ち、ガンナがマッテオ・トレンティン(CCC Team)に勝った。

準決勝では、ヤコブセンがパスカル・アッカーマンを破り、ガンナがベルギーのジャスパーデブイストを破り、最終的にヤコブセンがガンナとの決勝に勝った。

いつもよりも長いスプリントだった(ファビオヤコブセン

「 1200mは普段の集団スプリントよりも長く、私の脚が今とても痛いです! 私は画面を確認し、対戦相手の近くにいて、最後の500メートルにすべてをかけました。私は最近、特に悪天候のときは間違いなく数時間室内でトレーニングをしています。このような新しい形式のレースをできるのは楽しいです。今、ジロ・デ・イタリアがないのは残念ですが、それぞれの課題に少し緊張していたことを認めざるを得ません。」

メカトラは惜しかった(フィリッポ・ガンナ)

「調子はよかったが、メカニカルトラブルだったんで決勝は残念でした。でもヤコブセンにはうまかったよ。短いスプリントのこのレース形式は私の脚質によく合っています。たとえ1200mでもハードなのは確かです。外でのレースとは明らかに違いますね。通常のレースなら、自分の周りで何が起こっているのかがよくわかりますが、ここでは常に画面を確認する必要があります。まあ、レース後にツラいのは同じだけですけど」

出走メンバー

  • パスカル・アッカーマン (BORA-Hansgrohe/ドイツ)
  • マッズ・ピーダスン (Trek-Segafredo/デンマーク)
  • ナセル・ブアニ (Team Arkéa Samsic/フランス)
  • ティム・メルリエ (Alpecin-Fenix/ベルギー)
  • ファビオ・ヤコブセン(Deceuninck – Quick Step/オランダ)
  • ジャスパー・デブイスト(Lotto Soudal/ベルギー)
  • マッテオ・トレンティン (CCC Team/イタリア)
  • フィリッポ・ガンナ(Team INEOS/イタリア)

コース

スプリンター/ルーラーは距離1.2㎞、平均勾配0.97%、最大勾配2.53%のコース

5月24日はフルームやニバリが出場するライマー対決

5月24日開催ヒルクライムレースには、フルームやニバリなどが参戦。
イベントの公式ソーシャルメディア・チャネル(FacebookやInstagramのやTwitter)などで公開される。トーナメントの2人の優勝者(1人のクライマーと1スプリンター)を予測するためのエキサイティングなチャンスが大会2日前に用意されるという。また、海外ではVRT Sporzaがホストとなり放映を予定している。

出走メンバー

  • ラファウ・マイカ(BORA-Hansgrohe/ポーランド)
  • ヴィンチェンツォ・ニバリ (Trek-Segafredo/イタリア)
  • ジュリオ・チッコーネ(Trek-Segafredo/イタリア)
  • ワレン・バルギル (Team Arkéa Samsic/フランス)
  • ヤコブ・フルサン (Astana Pro Team/デンマーク)
  • トーマス・デヘント(Lotto Soudal/ベルギー)
  • シモン・ゲシュケ (CCC Team/ドイツ)
  • クリストファー・フルーム(Team INEOS/イギリス)

コース

ヒルクライムは、距離2.9㎞、平均勾配8.69%、最大勾配12.75%のコース

 

主催者:RCS
https://www.rcssport.it/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load