BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ZIPPから走りを軽くする驚異のフックレスリムホイール「303 FIRECREST」登場!

「ZIPP(ジップ)」から、新製品が登場。空気抵抗のを減らし、フックレスリムによる転がり抵抗の低減、さらにZR1 DBハブという3つのテクノロジーにより走りを軽くする「303 FIRECREST」がラインナップに加わった。

この303 Firecrest Tubeless Discはパリ~ルーベなど、春のクラシックの制覇を追い求めるZIPPが、TSE™テクノロジー(Total System Efficiency)を用いて開発した最初のホイールセットだという。

空気抵抗、転がり抵抗、ライダーの疲労低減
そして軽さを手に入れた「303 FIRECREST」

新しい303 Firecrest Tubeless Discは、現実の世界…つまりはスピードを低下させる様々な要因が複雑に関係するリアルな走行環境を、効率良く走行するために設計された。

自転車で早く走るための効率とは、風の抵抗、転がり抵抗、ライダーの疲労、重量の減少を意味する。ZIPPではCFD解析と風洞、そして新たなアプローチとして、段差の設けられたトレッドミルを走行して振動と抵抗を計測するRollingRoad™テストを経て生み出された新しいリムは、前モデルに比べて様々な抵抗を減少させている。

フックレスリムのメリットは転がり抵抗の低減

フックレス形状になったリムは、内幅を25mmまで拡大。28mmタイヤで最速になるように設計されたこのリムプラットフォームは、少ない空気圧でもタイヤの変形が少なくなることで転がり抵抗を減少させるとともに、振動を吸収してライダーの疲労を軽減する。
40mmに設計されたリムは、リムエッジ~タイヤ間の溝が浅くなったことでエアフローを最適化し、45mmハイトの前作よりも空力性能を向上。さらにビードフックが無くなったことも併せて、大幅に重量を削減している。

さらにフックありのリム(左)と、フックレスリム(右)のタイヤ変形量の比較をすると、どちらも同じ28mmのチューブレスタイヤに55psiの空気を入れ、45kgの荷重をかけた際に何mmタイヤが潰れるのかを計測。結果的にフックレスリムは、10%以上タイヤの潰れが少なかった。

パリ~ルーベのようなパヴェでより有利に

ZIPPによると空気圧を上げることは必ずしも抵抗を少なくするものではないという。特に未舗装路を走行する場合、高いタイヤ空気圧は段差や石を乗り越える際にバイクごと跳ねてしまい、前進するためのエネルギーが逃げてしまうからだ。荒れたパヴェを想定しての走行シミュレーションで、同じ速度で走行するために必要なパワーを計測したところ。90PSIで約192w、60PSIで約167w、40PSIまで下げると150wで走行可能。(28mmチューブレスタイヤ/体重85kg)ということがわかったという。

転がり抵抗テスト

荒れたパヴェを想定しての走行シミュレーション。同じ速度で走行するために必要なパワーを計測。90PSIで約192w、60PSIで約167w、40PSIまで下げると150wで走行可能。(28mmチューブレスタイヤ/体重85kg)なことがわかる。

フックレスリムで空気抵抗も低減

フックレスリムを採用したことで、タイヤを取り付けた際に、リムとタイヤの境目にある溝(黄色の枠線)が、従来のフックありのリムに比べて浅くなる。タイヤとリムの一体感が増し、ここで発生していたドラッグが少なくなることで空気抵抗が減少する。さらに重量を大幅に抑えながらこれまでと変わらない耐久性を維持している。

フックレス採用でリム重量がさらに軽くなった

フックレスを採用したころでビードを引っ掛けるフックが無く、構造が簡略化したことで、リムの重量がさらに軽くなり、ホイール前後で比べると前作に比べ290gも軽くなったのだ!

303 Firecrest Tubeless Disc 1,645g ➞ 1,355g (-290g)

ラチエット33歯採用の新型ZR1 DBハブ

ハブには33歯のラチェットリングと6爪のフリーボディにより、耐久性と応答性、さらにシール性能を向上させたZR1 DBハブを採用。

ドイツで開発された新しいハブセット2021年モデルのFirecrestに搭載してりる。これはNSWシリーズと共通のエンドキャップを採用し、従来の77/177ハブに比べ、ラチェットをより多段化して反応性が向上。シール性能も向上して耐久性にも優れている。

ZR1ハブでは、ハブ側33段×爪6個を搭載。同時に3箇所の爪が噛むので、33×2で1周あたり66箇所の噛み合わせを実現。

303 FIRECREST TUBELESS DISC-BRAKE

価格:フロント/114,000円、リア/120,000円

SPEC

ホイールサイズ:700c
リム材質:カーボン
適合タイヤ:チューブレスレディ
ブレーキタイプ:ディスク(センターロック)
ホイールセット重量:1355g
リム内幅:25mm
リム断面形状:左右対称
リム仕上げ:UD Fiber, ロゴデカール
ニップル材質:アルミ
スポーク:Sapim CX-SPRINT
スポーク本数:24
スポークパターン:2クロス
ボディタイプ:SRAM XDR, SRAM/Shimano Road
アクスルタイプ:TA12x100, TA12x142
ベアリング:カートリッジ式 ステンレススチール
ラチェットタイプ:6爪 Leaf Spring
対応フリー:SRAM 10/11sp 12x142mm/XDR 12x142mm(カンパニョーロ用フリーは別売り予定)

問:インターマックス
http://www.intermax.co.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load